栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

昨日の事ですが、会社を2時間ほど早く早退し、8月に行われる母校
岩ヶ崎高校の総会の打ち合わせが、栗駒の田舎の料亭「文字屋」さんで行われました。
私も常任幹事であり、さらに今年は卒業40年目の当番幹事学年でもあります。

e0349817_23210701.jpg


今年の同窓会総会は
日時:8月4日(土) 午後3時~
場所:ベルディ栗駒
会費:2,000円
です。

e0349817_23211324.jpg


総会に向けての会計報告や、近年の会費不足(会費を納入する同窓生の不足)
について打開策の検討等行いました。

e0349817_23212758.jpg


同窓会長、校長先生をはじめ熱い議論が交わされました。
まずは常任幹事の若い日人の増員を計ってみては、
その常任幹事が横に展開し増やして行くという展開をやってみようと
即実行してみましょう。

e0349817_23213588.jpg


熱い議論の後は、お待ちかねの懇親会です。
文字屋さんの豪快で美味しい料理で乾杯です。

e0349817_23214205.jpg


分厚いカツオの刺身や、どっつどっつ切った今が旬のホヤ
文字屋さんのいつものメニューが美味しいね。
豚の角煮も、でっかい肉で美味しい。

e0349817_23215026.jpg


名物、キンキ(きちじ)のから揚げ。
これがまた美味しいんだ。
頭からしっぽまで全部食べられます。
でも、これが出てくる前に、みなさんのお腹はいっぱい。
お持ち帰り用タッパに入れてお持ち帰りです。

今年の岩高総会ぜひ盛大に行いたいですね。
同窓生のみなさん、東京でも、大阪でも、仙台でも、日本中どこにでも住んでいる
岩高同窓生の皆さん、ぜひ参加しましょう。



# by kurikoma-photo | 2018-06-09 20:50 | 日々の出来事 | Comments(0)

栗駒山今季初登頂 その2


昨日登ってきました栗駒山。その1では東栗駒山の様子を
お伝えしましたが、その2は栗駒山山頂編です。

e0349817_20425857.jpg


東栗駒山コースの最後の難所、頂上直下の急登です。
しかもこの時期は雪渓が残っています。
雪渓で写真撮りに興じる登山者と遠くに焼石岳。

e0349817_20432583.jpg


長い雪渓も中央コースと合流して間もなく終わり、
いつもの登山道へ。

e0349817_20434098.jpg

そしてやっと着きました山頂。
まだ9時ちょっと過ぎで登山者もまばらでした。
でもいいお天気だ、これから乗ってくる人も増えるでしょう。

e0349817_20435547.jpg


山頂に登ったらまず気になるのが周囲の山々です。
鳥海山が霞んでいましたが何とか見えました。

e0349817_20441404.jpg


画像処理して少し見えるようにしてみました。
まだまだ雪がたくさん残っていますね。美しい山です。

e0349817_20442677.jpg


山頂にはミネザクラが満開でしたよ。
焼石岳をバックに撮ってみました。

e0349817_20444462.jpg


見事な桜の花です。
居合わせた登山者のおじさんの話では、
「これはタカネザクラというミネザクラの一種で、山桜の仲間なんだよ」
というお話でした。ふ~ん、なるほど。

e0349817_20445696.jpg


今年最後の桜のお花見をしてきました。
おやつも食べゆっくりしてから中央コースを下山します。

e0349817_20451708.jpg


中央コースの雪渓は40~50mほどで、
あとは歩きやすいコースでしたよ。

e0349817_20453007.jpg


下山途中に山頂を振りかえって。
秋の紅葉も素晴らしいけど緑の斜面も美しい。

e0349817_20454331.jpg


まだまだ雪渓の残る御室から虚空蔵山方面を望んで。
雪と緑がきれいだ。この時期しか見られない風景です。
下山道もコブシやムラサキヤシオを眺めながら、
楽しく降りてきました。

e0349817_20460801.jpg


いわかがみ平の駐車場は第一と第二駐車場は満車でしたよ。
雪遊びに来る親子連れもたくさんいましたけどね。

今月で岩手・宮城内陸地震から10年になります。
まだまだ復興は終わっていません。
誰もが楽しめる山になってほしいですね。










# by kurikoma-photo | 2018-06-03 21:36 | 栗駒山 | Comments(7)

栗駒山今季初登頂 その1


お天気も良く気温も高くなる予報だった今日、
今年初の栗駒山に登ってきました。

e0349817_21511270.jpg


いわかがみ平の駐車場を、朝6時30分出発。
日も長いしゆっくり登り始める人も多いのでしょう、
駐車場はガラガラです。

e0349817_21512530.jpg


今日は東栗駒山に咲くミヤマキンバイに会うのをメインに来たので、
東栗駒山コースに入ります。
登山道に入るなりすぐに、コブシの花が満開でお出迎え。
見事です。

e0349817_21513626.jpg


そして、ムラサキヤシオツツジも
目の覚めるような紫の花を咲かせていました。

e0349817_21515277.jpg


青空に映えるね。

e0349817_21520148.jpg


足元にもイワカガミの花が。早いね~。
花を楽しみつつ新湯沢の渡渉地点へ、ふだんはプチ沢登りを楽しめるのですが、

e0349817_21521534.jpg


今年はまだ雪渓が残っていました。

e0349817_21522619.jpg


しかも、ぎっちり固い雪渓です。
踏み抜きの心配も無く渡れました。
でもいつまで続くかわからないので注意しましょう。

e0349817_21523874.jpg


新湯沢を渡れば間もなくミヤマキンバイの群生地に・・・。
可愛い黄色い花です。

e0349817_21525981.jpg


まだ咲き始めなのでしょうか、花が小さいような感じでしたが、
この時期の気色はこの花だけ、いいですね。

e0349817_21531144.jpg


東栗駒山山頂付近の群落です。

e0349817_21532905.jpg


稜線の両側にも花が続きます。
まずは目的達成です。

e0349817_21534004.jpg


裏掛けコースとの分岐点を過ぎて、なだらかな登山道には・・・

e0349817_21535405.jpg


小さな白い花がたくさん咲いていました。

e0349817_21540514.jpg


まだ花は開ききっていないのですが、
ヒナザクラ(でいいんですよねチップさん)です。

e0349817_21542051.jpg


この後山頂直下まで雪渓の登攀が待っています。
急斜面でもあるので、滑落しないように注意です。

後篇につづく・・・








# by kurikoma-photo | 2018-06-02 22:27 | 栗駒山 | Comments(0)

一関、金山の棚田へ

私の写真の原点である山里に、今年は力を入れてみようと、
先日の天気の良かった日に、一関市舞川にある金山の棚田に行ってみました。

e0349817_21253712.jpg


みちのくあじさい園の近くにあります。
看板を見逃さないように行きます。

e0349817_21254978.jpg


駐車所に車を停めてちょっと歩くと、
沢の斜面に無数の田んぼが有りましたよ。
田植えが済んだばかりで、あぜ道も草が刈られ
きれいな風景です。

e0349817_21260526.jpg

どれも小さな田んぼばかりで、
田植えも大変だったでしょうね。
e0349817_21261911.jpg

江戸時代末期頃から続く棚田だとか。
代々守られてきたんですね。
e0349817_21262807.jpg

お天気良過ぎで影が濃くなりすぎましたが、
また来てみたい風景です。



# by kurikoma-photo | 2018-05-30 21:46 | 東北の山村 | Comments(0)

世界谷地第一湿原へ

10年ぶりに再開した世界谷地第二湿原を楽しんだ後は、
第一湿原に行ってみました。

e0349817_21220875.jpg
湿原の入り口からサラサドウダンの花がお出迎えしてくれました。
e0349817_21222489.jpg
ワタスゲがずいぶん咲いていました。
去年のようにたくさん咲いてくれるといいですね。
e0349817_21223604.jpg
この時期に咲く花はオレンジ色のレンゲツツジです。
e0349817_21224754.jpg
今週末までが見頃かな?
オレンジ色はめだちますね。
e0349817_21230193.jpg
ワタスゲがあと2週間ぐらいが見頃でしょうか。
e0349817_21231490.jpg
肝心のニッコウキスゲは6月9・10日頃が見頃かな。
本当に小さなつぼみができ始めたところです。
e0349817_21292360.jpg
エゾハルゼミの声を聴きつつ
満足して下山しました。



# by kurikoma-photo | 2018-05-29 21:48 | 栗駒山 | Comments(0)