人気ブログランキング |

栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ:栗駒山( 118 )

栗駒山の駒姿

全国では最高気温が30℃越えた所が何か所もあり、
5月と思えない陽気になって来ましたが、栗原は26℃で
カラッとしたさわやかなお天気でした。

e0349817_20431208.jpg


きれいな青空が広がる栗駒の里です。
田植えの終わった田園地帯と栗駒山。いいですね。
栗駒の中野地区の風景です。
栗駒山の駒姿もハッキリしてきましたね。

e0349817_20271317.jpg


向かって左側の残雪に駒姿が有ります。
栗原の人以外にはあまり知られていないのが残念です。

e0349817_20272362.jpg


馬の顔から首胴体が良く見えますよね。
栗原の駒ケ岳ですから栗駒山です。

e0349817_20273803.jpg


さわやかな故郷の田園風景です。


by kurikoma-photo | 2019-05-23 20:38 | 栗駒山 | Comments(1)

森林浴を兼ねて金名水へ

山も里も新緑の美しい季節になりましたね。
栗駒山にも登ったけど、なんか物足りないな~?
と、思っていましたが、そうだ緑だ、新緑を充分楽しんでいない。
と言うことで、プチ森林浴を楽しめる
「金名水」まで行ってみました。

e0349817_20522161.jpg


県道栗駒公園線で山麓の耕英地区に最初の畑に出るちょっと手前に
金名水に向かう道が有ります。
しばらく行くと広い駐車場が有り車を停めて、金名水への道へ。
金名水まで片道わずか250mですが、森林浴を楽しめます。

e0349817_20523053.jpg


ブナをはじめとした森の中に入って行きます。

e0349817_20523921.jpg


こんなコブのある木も有ったりして。
ブナ林は楽しいね。

e0349817_20525060.jpg


金名水への分岐点、看板は壊れ地面に置かれたままですが。
真っ直ぐ行くと行者滝まで降りる道が有ります。
昔から、里から栗駒山へ至る古道なんですね。
でも今は、2008年の岩手宮城内陸地震以降通行止めになっています。

e0349817_20530199.jpg


と言うことで、Vの字ターンで金名水に向かいます。

e0349817_20531480.jpg


さあ金名水です。どんな日照りの時にも枯れたことが無いという湧水です。
昔の登山者ののどを潤してくれた水なんでしょうね。

e0349817_20532463.jpg


私もひと口。
「おいしい~」
金名水も緑の草におおわれ、自然の水なんだなと感じます。

e0349817_20533724.jpg


来た道を戻ります。
いいですね黄緑色の森の中。
今年は森の中を歩くことを重点にしてみようかと思いました。




by kurikoma-photo | 2019-05-20 21:16 | 栗駒山 | Comments(2)

栗駒山今季初登山

夏山開きを19日(日)にひかえ、昨日は一足お先に栗駒山に登って来ました。
朝に栗駒山は良く晴れています、という情報を聞き、
母の通院が終わった後11時ごろから登山開始です。
こんな時地元に住んでいると便利ですね。
山開きに登ろうかなと思っていたので、ある程度準備済でした。

e0349817_21364892.jpg


いわかがみ平から中央コースを登ります。
登り始めはまだたっぷりと残雪が有るので、
コースを間違えないように注意です。

e0349817_21365796.jpg


最初の急登を登り切ると、いつもの登山道です。

e0349817_21370768.jpg


でも安心はつかの間。
所々雪が残っているので注意です。
禿(かむろ)岳、須金岳、虎毛山など近くの山々を見ながら
登るのは楽しいね。

e0349817_21371559.jpg


ミネザクラのつぼみもまだ膨らんだ程度。
やっぱり花が無いと寂しいね。

e0349817_21372504.jpg


中間点にある大きな看板も片方の足の土台が浮いてしまっていました。
どんな雪の積もり方をしたんだろうね。

e0349817_21373620.jpg


山頂を見ると、まだたっぷりの雪が有ります。
雪原を10人ほどの人たちが登っているのが見えました。
後で判りましたが山開きに向けて雪渓にコースの目印を
設置していたみなさんでした。お疲れさまです。

e0349817_21374905.jpg


東栗駒山方面から登ってくる人は見当たりません。
新湯沢の残雪も結構ありますね。

e0349817_21380034.jpg


所々に咲いているショウジョウバカマに癒されます。

e0349817_21381879.jpg


この白い花は何かな?

e0349817_21383515.jpg


なんて思っているうちに、私も頂上直下の雪渓へ。

e0349817_22132193.jpg


スノーボードで滑って行く人もいるほど残雪はたっぷりあります。

e0349817_21384515.jpg


焼石岳を眺めつつ、休み休み登ります。
滑りそうで怖いなあ。年々臆病になって来る自分が判りますね。

e0349817_21385923.jpg


やっと2時間かかって山頂です。体力不足だなあ。
頂上には二人組が昼食中でした。静かでした。


e0349817_21390937.jpg

鳥海山も早池峰山も見えず残念。
e0349817_21391868.jpg

須川コースは昭和湖付近で有毒ガス発生のため、
自然観察路コースに迂回して山頂へ・・・。
e0349817_21392909.jpg

下山は残雪を眺めながら。
御室、大地森方面はたっぷり雪が残っていますね。
里から駒姿がまだ見えないはずだ。

今年の1回目の栗駒山登山でした。
6月を過ぎてから登ると花がいろいろあって楽しいかな。





by kurikoma-photo | 2019-05-17 22:45 | 栗駒山

栗駒山山麓の水芭蕉も、だいぶ咲きそろって
見頃になってきたよ。と言う駒の湯温泉さんからの情報が有り。
今日行ってきました。

e0349817_17551093.jpg


山脈(やまなみ)ハウス駐車場南側の湿原です。
3月に二回ほど観に行きましたが、雪は無いけど寒かったせいか
まばらにしか咲いていませんでしたが
やっとたくさん咲きましたね。

e0349817_17551810.jpg


今が可愛い時ですね。見頃です。

e0349817_17552730.jpg


26日の本格営業を前に、昨日の20日からプレオープンした
駒の湯温泉さんにも行ってきました。

e0349817_17553682.jpg


駒の湯慰霊碑の周辺にショウジョウバカマが咲き始め、
紫色の花があちこちに咲いています。
生息地には足を踏み入れないよう、道路から撮影。

e0349817_17554836.jpg


山登りした気分になりますね。可憐です。

e0349817_17555862.jpg


カタクリももうすぐ咲きそうです。
カタクリも群生するんですよ。

e0349817_17560851.jpg


駒の湯温泉さんへ。
先日の写真展に、オープン前の忙しい時期にもかかわらず
来場いただいたお礼に・・・。
私の他にも常連のお客さんがいらして、和やかな会話が
うれしいですね。
名物の蕎麦を注文します。

e0349817_17561640.jpg


ざるそばに、おっ、天ぷらがサービスについてきました。

e0349817_17562653.jpg


バッケ(ふきのとう)の天ぷらです。
きれいな黄緑色と、
サクサクの食感とほろ苦い味が春ですね~。

e0349817_17563633.jpg


自家製の蕎麦も、きりっと冷たくて美味しい~!
温泉もいいけど、蕎麦目当ての人もいます。
ごちそうさまでした。

駒の湯温泉さんに飾らせてもらっている私の栗駒山の写真の
入れ替えについて打ち合わせしてきました。

今年はたくさん登ってたくさん撮らないとね。





by kurikoma-photo | 2019-04-21 20:13 | 栗駒山 | Comments(0)

今日は暖かかったですね。
栗原では19℃にもなったそうな。
婆ちゃんの通院も済んで、ちょっと栗駒山山麓まで行ってみました。

e0349817_20253174.jpg


山脈ハウス横の水芭蕉は・・・
う~ん、まだ本格的には咲いていないな。

e0349817_20254108.jpg


木道のたりは、ほんの少しだけ咲いていました。
県道の東側に行ってみましょう。

e0349817_20255128.jpg


こちらもまだまだだね。

e0349817_20261222.jpg


でも山の春がやって来ました。

e0349817_20260205.jpg

水芭蕉、一年ぶりの再開です。
まぶしい白さでした。





by kurikoma-photo | 2019-03-20 21:17 | 栗駒山 | Comments(0)

栗駒山でテンに会う

今日も15℃を超え、春らしいポカポカ陽気になりました栗駒の里です。
栗駒山の雪もずいぶん融けて来たらしいよとの
床屋さんでの情報を聞き、山に行ってみました。

e0349817_12455691.jpg


耕英十字路付近の様子です。
4月の風景かと思うほど沿道には雪が少ないですね。

e0349817_12460542.jpg


山脈ハウスの軒先の雪もこれしかない。
もう営業出来そうじゃないの。
駐車場に車を停めて、山脈ハウスの前の
いつも水芭蕉が咲く小さな湿原に行ってみます。

e0349817_12461327.jpg


ずいぶん雪が融けてきたね。
ぽつぽつと水芭蕉の芽は出てきているようだが、花はまだだね。

e0349817_12462486.jpg


朝晩は寒いからね、まだ咲かなくてもいいよ。
なんて眺めていたら。
奥の森の方から、こちらに向かって走って来る者がいるではありませんか。

e0349817_12463279.jpg


おおっ、テン君ではありませんか。
さっきから森の奥ではスノーモービルが大きなエンジン音で走っている
から驚いたんだろうね。迷惑な音だよなあ。

e0349817_12464022.jpg


冬毛(白)から夏毛(黄色)に変わる途中なのかな。
まだら模様もまたかわいいね。
私の方を向いてくれました。

e0349817_12483671.jpg


湿原と県道を横切って東側の森の中へと消えて行きました。
思わぬ森の生き物に会えて来てよかったな。
また水芭蕉が咲いたころ来てみよう。





by kurikoma-photo | 2019-03-10 13:21 | 栗駒山 | Comments(0)


今日は通院のため休みをもらいましたが、
病院を出た後もいいお天気だったので、ちょっと行ってみるか、
と、栗駒山の世界谷地に行ってみました。
2月の世界谷地は初めて行きます。
今日の投稿は長くなりますが、文章短めにするので
写真を楽しんで下さい。

e0349817_21063272.jpg


栗駒山中腹の耕英地区。平年並みかちょっと少ない程度。
山には雪が有りますね。

e0349817_21064503.jpg


この時期の世界谷地登り口は駐車場の1Kmほど手前の
除雪の終了地点です。

e0349817_21073832.jpg


ここに車を停め、スノーシューに履き替えます。
この時期車には常備しています。仕事で重宝することもあります。

e0349817_21075132.jpg


1km歩いて、本来の登山口へ。
1m以上の雪に埋もれていますね。
スノーシューでもけっこう足が沈むので、ここまで来るだけで
汗が出てきましたよ。いい運動です。

e0349817_21080545.jpg


登山道最初の急登の雪景色。
たっぷりの雪が夏とは全く違う景色ですね。

e0349817_21081890.jpg


急登の先の平坦な道です。初夏には緑の、秋には紅葉のトンネルになる
登山道です。
雪におおわれると幅の広い道も狭くなってしまいますね。

e0349817_21082928.jpg


でもね、木の根もとでは、雪が融けてしずくが落ちている
風景も見られました。春が近づいているのを感じますね~。

e0349817_21084507.jpg


世界谷地第一湿原を、木々の間から眺めます。
今日は行けないからね。

e0349817_21085466.jpg


第一湿原は左の降りて行く道へ、
今日は第二湿原に行くので右の道へ。
判りづらいので注意です。
この辺はまだ若い広葉樹の森がきれいですね。

e0349817_21090916.jpg


第二湿原への道は夏は一目瞭然の広い登山道が有るのですが、
冬はピンクテープや赤ペンキの目印を頼りに歩かないと
簡単に道に迷ってしまうので要注意ですね。

e0349817_21092398.jpg


ようやく第二湿原への入り口です。

e0349817_21093531.jpg


湿原の案内看板も雪の中。

e0349817_21094590.jpg


やっと第二湿原に着きました。
一面雪野原です。木道は少しだけこんもり高くなっていますが、
まず判らないので、自由に歩きます。
雪がたくさん積もっている時だけの特権です。

e0349817_21095979.jpg


10年前の岩手・宮城内陸地震から、やっと去年の春から入れるようになった
世界谷地第二湿原、そこからの冬の風景です。

e0349817_21101956.jpg


栗駒山山頂は雲で見えませんでしたが、
大地森など周囲の山々も一望できる風景はここが良いですね。

e0349817_21103352.jpg


湿原にはカッコいい枯れ木がありました。
近寄って撮れるのもこの時期しかありません。

e0349817_21104439.jpg


大地森と枯れ木。
もう少し離れたところから捕って、大地森をクッキリととらえたら良かったかな。
夏とは、まるっきり違う風景を見て冬の風景も
魅力あるなと改めて感じさせられました。

e0349817_21105385.jpg


第二湿原に通じる木道には、小さな沢を超える橋があります。
端っこは雪庇になっていたりするので要注意。
往復1時間半の行程でしたが、楽しかった~!
天気の良い日に行ってみてください。







by kurikoma-photo | 2019-02-22 22:11 | 栗駒山 | Comments(0)

晩秋の栗駒山へ

今日もいいお天気でした栗駒地方。
里は20℃近くにもなり、長そでのポロシャツでは暑い
時もありましたよ。
午前中は家の冬支度をして午後から紅葉の見頃を訪ねて
栗駒山方面に出かけてみました。

e0349817_19565188.jpg


見頃は行者滝周辺が良かったですね。
見事な紅葉・黄葉。

e0349817_19571032.jpg


久しぶりに行者滝も見ました。
滝そのものはいいのですが人工物が無ければいいんだけど。

e0349817_19572131.jpg


さらに登って県道から柳沢地区に入って見ます。
紅葉のトンネルを通ります。

e0349817_19574656.jpg

広葉樹の森がきれいです。
e0349817_19573299.jpg

紅葉越しに雪の積もった栗駒山山頂方面。
いい風景ですね。
世界谷地からも見てみましょうね。
e0349817_19580098.jpg

世界谷地駐車場には10台ほどの車が停まっていました。
ここはだいぶ葉っぱも落ち登山道が葉っぱで埋もれています。
サクッ、サクッと落ち葉を踏みながらの登山は楽しいね。
e0349817_19580971.jpg

広葉樹の森はこんな感じです。
e0349817_19581921.jpg

たまに葉っぱが残っていると、目立ちますね。
と登山道の風景を楽しみつつ世界谷地第二湿原へ。
e0349817_19583324.jpg
広がる湿原と左手に大地森、中央奥に栗駒山山頂です。
第二湿原ならではの開放されたような風景です。
e0349817_19584389.jpg
山頂部の雪です。
山頂に登った人の話では、ひざぐらいまでの積雪が有ったとか。
登ってる人がいるんですね~。
e0349817_19585296.jpg
山頂部を拡大して見ると、ボケてはいますが
確かに登山者がいますね。
山好きなんですね~。
e0349817_19590159.jpg
枯れ草色ばかりの湿原の中に赤い木の実が目立ちます。
e0349817_19591194.jpg
トンボもまだいましたよ。
e0349817_19592597.jpg
下山途中で見た栗駒の里方向。
いいお天気ですね。
e0349817_19593787.jpg
帰り道、駒の湯温泉さんへ久しぶりに寄ってみました。
ここも紅葉は終わりに近づいていました。
お天気の良い日曜日、温泉に入りに来るお客さんが
途切れないようでした。
e0349817_19595568.jpg
私は小腹がすいたので、温かい「きのこそば」をいただきました。
自家製麺のそばは美味しかったですよ。
紅葉と山の自然を眺めて、一週間の疲れを癒してきました。





by kurikoma-photo | 2018-11-04 20:43 | 栗駒山 | Comments(2)

栗駒山、初冠雪


今朝の栗駒山です。
今期の初冠雪を確認しました。
(私の目での確認ですが)
一昨日あたりから降っていたようですね。

e0349817_07443230.jpg


一段と寒く感じます。

e0349817_07443982.jpg


登山口のいわかがみ平付近まで白くなっているようだ。
明日から11月ですね。



by kurikoma-photo | 2018-10-31 07:49 | 栗駒山 | Comments(4)

栗駒山紅葉情報 その3

昨日、栗駒山に登って来ました。
紅葉の時期の登山は今年の最後になるだろうと思いつつ・・・。
e0349817_05150252.jpg
朝6時過ぎには登り始めます。
紅葉はすでにいわかがみ平まで降りて来ています。
e0349817_05151105.jpg
登り始めの登山道はきれいな紅葉が見られました。
e0349817_05152249.jpg
東栗駒山コースの新湯沢の沢登り。
e0349817_05153169.jpg
紅葉の葉も少なくなってきたようです。
e0349817_05154224.jpg
風が強く雲が通り過ぎて行くばかり。
東栗駒山の山頂への道です。
e0349817_05155356.jpg
東栗駒山山頂付近で唯一撮影できた一枚です。
もう常緑樹と笹の緑だけが目立っていますね。
e0349817_05160428.jpg
栗駒山山頂に向かう草紅葉はきれいでしたね。
e0349817_05161450.jpg
いくぶん雲が取れ草原が光を浴びて輝きます。
e0349817_05162312.jpg
やっと中央コースと東栗駒山コースの合流点へ。
朝8時でこの人出。すごいね。
e0349817_05163451.jpg
山頂からの展望は無し。
中央コースを降り始めて、ようやく雲も晴れてきました。
台風による強風で紅葉の木々の葉も飛ばされたかな。
e0349817_05164869.jpg
神の絨毯とも呼ばれる紅葉の名所もこの通り。
ですが、これはこれで私は好きな色合いです。
e0349817_05170182.jpg
振り返ると草紅葉。
e0349817_05171345.jpg
赤い実が輝いています。
e0349817_05173810.jpg
登山口のレストハウスから・・・
いわかがみ平まで紅葉は降りてきました。
これからは山麓の紅葉が楽しみです。










by kurikoma-photo | 2018-10-09 23:06 | 栗駒山 | Comments(4)