栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ:趣味( 31 )

私が所属する写真倶楽部の写真展。
これまでは毎年12月に開催してきたのですが、
事情により昨年末には開催できず、年度を越して
4月に開催されることになりました。
e0349817_22475666.jpg
栗原文化会館で4月10日(水)~14日(日)です。
志向が多彩な(悪く言うとバラバラな)会員みんなの
個性豊かな写真展をぜひ見に来てください。
今回も河北写真展の入賞作品との共催です。

でっ、今年は隣接する小展示室で、
何と!私の個展が開催されます。
会員の回り番こで、今回は私が幸運を得ました。
e0349817_23000738.jpg
「東北の里山を訪ねて」と題して、
写真歴10年の間に撮り溜めた、中東北の里山(山里かな)の風景を
25枚ほど展示します。
ほとんど私のブログでも紹介してきた風景ですが、
私の写真の原点をぜひご覧になっていただければと思います。

今のところ私は、12(金)・13(土)・14(日)と、会場に
終日居る予定です。

準備はまだまだこれからです、がんばらなくっちゃ!




by kurikoma-photo | 2019-03-15 23:33 | 趣味 | Comments(0)

栗原市写真展、開催中

2月23日(土)~3月3日(日)まで栗原市写真展が栗原文化会館で開催中です。

e0349817_22045602.jpg


私もすでに土日に行きましたが報告が遅れました。
栗原市内の写真好きの作品110点余りが展示されています。
栗原市内で撮影された写真です。

e0349817_22050460.jpg


土日は大勢の来場者で賑わいましたよ。
ご来場ありがとうございます。


もう残り4日間ですからお見せしてもいいでしょう。
私の出品した2点です。

e0349817_22053451.jpg


昨年の「くりこま山車まつり」で撮った写真です。
古い商店の建物の前を通る、ライトアップされた山車の様子です。
あれこれ盛り込み過ぎじゃないの(山車、子供たちのお囃子、古い建物、
二階の部屋に吊るされた蚊帳、肩車をしている親子などなど)
と言う声も聴かれましたが、
やらせでは有りません、ありのままを撮っただけですよと説明。

e0349817_22054353.jpg


昨年の今頃に撮った写真です。
柿の木に集うたくさんのスズメたちです。
偶然車で通りかかった道端の風景です。
ピントが甘く、写真としての出来は良くないのですが、
話題として取り上げてもらえればなと思い出展しました。
見てくださった方からは「何の花が咲いているのかと思ったら
スズメなんだね。すごい数だな」「こんなにたくさんのスズメ見たことない」
などなど・・・。思惑通りでした。

e0349817_22055518.jpg


隣りの別室では、「寺崎英子のまなざし展」も開催されています。
栗原市鶯沢の細倉鉱山が閉山と人々の姿を撮り続けた、
寺崎さんの写真展です。

e0349817_22060388.jpg


細倉に住んでいた方には懐かしい風景、光景だと思います。
寺崎さんの前では自然な姿で写真を撮らせる住民の皆さん。
写真家として私もこんな存在でありたいですね。

e0349817_22122619.jpg

最終日の3日(日)は午後1時で終了になります。
私も撤収に12時頃には会場に行きたいと思っています。





by kurikoma-photo | 2019-02-27 22:48 | 趣味 | Comments(0)

今夜は私が所属する写真倶楽部の定例会です。
議題は2月23日(土)~3月3日(日)に栗原文化会館で開催される
ふるさと再発見、第12回栗原写真展の打ち合わせです。

e0349817_23305317.jpg


このポスターの写真は倶楽部仲間のS氏の作品です。
栗原市内の写真好きの皆さんの100点を超える作品が集まりますよ。
ふるさと再発見ですから栗原市の風景が集まります。
私も2点出品しました。昨年はあまり撮影できなかったから、
いまひとつの出来ですが、ご覧ください。

e0349817_23310040.jpg


ご案内のポストカードの文面です。

今年は特別企画展として、細倉鉱山の閉山の様子を
鉱山に住んでいた人々の姿を写真を通して語り伝えた、
寺崎英子氏の写真展が、隣接する特設会場で行われます。
普通のおばちゃんですが、すごいアマチュア写真家なんですね。
閉山で細倉を去って行く人々の姿に思わず涙が出そうになります。

ぜひみなさんおいで下さい。




by kurikoma-photo | 2019-02-20 23:52 | 趣味 | Comments(0)

プリンターが壊れた

2週間ほど前の話になるが、長年私の趣味の写真を支えて来てくれた
エプソンプリンター、PX5Vが壊れてしまった。
A3ノビサイズまでプリントでき、思うような色が出て
重宝していたのに・・・

e0349817_22503864.jpg


写真展に出す作品もこれで全てプリント
していました。
黒のインクノズルからインクもれがするようになり、
大がかりな修理が必要になりそうだ。
ならば新しいのに変えて見ようかと現在選定中。
エプソンの後継機種にするかキャノンのA2対応もいいかなあ~。
冬のボーナスをあてにするしかないな。


by kurikoma-photo | 2018-11-15 23:01 | 趣味 | Comments(0)



今年は栗駒山が国定公園に指定されて50年になるんですね。
それを記念した行事の一環として、栗駒山と里の風景の写真展が開催されています。

e0349817_21191528.jpg

栗原市志波姫、JR栗駒高原駅隣りのイオン内の、元半田屋さんの店舗跡です。
栗原市からの依頼で、私が所属する栗駒山の地元の写真倶楽部「駒美会」に
写真展の依頼が有り出展しました。

e0349817_21200605.jpg


私がこの春のオーストラリアのシドニー旅行で、さんざんお世話になった
現地赴任中のTさんの写真も飾られましたね。

e0349817_22252100.jpg

会員所蔵の栗駒山の写真の数々。
肝心の栗駒山の登山道からの写真が少なくて、事前打ち合わせが甘かったかな?
と言う感もありますが、

e0349817_22253418.jpg


最近人気のあります、栗駒山麓にある千年クロベの写真もありますよ。
8月11日の山の日には仙台のDate FMさん主催の
千年クロベのツアーが有るとか。行ってみたいなあ。

e0349817_22255380.jpg

私の作品も3枚展示しています。
右から、深山牧場から眺めた栗駒山。
里の山桜と代かきを終えた田んぼと栗駒山。
左端はこの写真では良く見えないけど、大地森登山道で出会った
ニホンカモシカの親子です。
この写真を見てくれたんでしょうね、こんなうれしいメッセージが有りました。

e0349817_23052487.jpg

見に来てくれた子供さんのメッセージです。
うれしいです、どんなコンクールに入賞するよりもうれしいです。
メッセージありがとう。
また、くりこまやまにのぼりにきてくださいね。
しかには、なかなかあえないけどね。
8月24日まで開催されています。







by kurikoma-photo | 2018-08-06 23:12 | 趣味 | Comments(2)

私が所属しています写真倶楽部「駒美会」の仲間
栗原市若柳の金野邦明氏が、定例会の時、
今度地元で写真展を開催するのでぜひ見に来てほしいと告知していましたが
所要で休暇を取った24日、見に行ってきました。

e0349817_20292642.jpg


会場が中町商店街及び川北交流広場(七十七銀行のはす向かいです)とあるが、
どういうことだ?
と思いつつ行ってみてビックリ。

e0349817_20294905.jpg


なんてこった、確かに川北交流広場で写真を展示している。
しかもB0サイズはある大きな写真だ。

e0349817_20295833.jpg


金野氏の写真はフィルムでモノクロ写真が主流
若柳の住民のみなさんを撮っているんですね。
よさこいの皆さん、ブラスバンドの皆さんなどなど、
みんないい表情ですね。
金野氏独自の世界です。

e0349817_20302262.jpg


近づいてみると、紙ではなくテントの生地のようなものに
プリントしてありました。
なるほど、これなら雨に濡れても大丈夫だね。
単管パイプのがっしりした骨組みに固定してあります。
生地も丈夫だから8月16日までの展示にも耐えられそうだね。

e0349817_20304046.jpg


ちょっと裏側から。
同じ写真倶楽部のT氏の協力の賜物ですね。

e0349817_20310081.jpg


すぐそばの中町商店街の道です。
街灯にも住民と思しき人の顔写真が展示されています。

e0349817_20311604.jpg


住民のみなさんの話題にもなるでしょうね。
これから夏祭りや花火大会があり、帰省した人も楽しめますね。

e0349817_20313402.jpg


いや~驚かされました素晴らしい写真展です。
ぜひみなさんもご覧になってください。


by kurikoma-photo | 2018-07-25 20:00 | 趣味 | Comments(0)

いつもコメントをいただきますオリオンさんから、
カメラのレンズに取り付けるPLフィルターはどう使っていますか?
という質問が有りました.
今回、清流の矢作川に行ったので
私の場合の使用例をお伝えします。

e0349817_21441685.jpg


清流矢作川、水面がキラキラ輝いてきれいですね。
これはこれでいいのですが、

e0349817_21442421.jpg


PLフィルターの効果を最大限に使うとこの通り、
水面のキラキラは無くなり川の底まで見えます。
もう一枚見てみましょうね。

e0349817_21195008.jpg


少しゆるい流れの所には青空も写り込んでいますね。
でもこの水の透明度や魚の姿を撮りたい、と思ったら、
PLフィルターを使います。

e0349817_21200081.jpg

どうでしょう、先の写真の方がいいと思う人もいると思います。
あとは個人の目的と好みの違いですね。
実はこの4枚の写真とも、レンズにPLフィルターをつけて撮った写真です。
PLフィルターはレンズに取り付けた後に、
フィルターを少しづつ回転させ、PL効果を自分好みの光の具合に調節できます。
e0349817_21050353.jpg

昨日のブログ写真のような光景が、私の好きな風景です。
東北でも北上山地にしか見られない清流を
これからも撮り残してゆきたいですね。







by kurikoma-photo | 2018-07-06 22:12 | 趣味 | Comments(2)

マクロレンズ購入

かねてより欲しかったニコンの純正マクロレンズ。買いました。
登山に行って出会った花々の接近写真がうまく撮れなくて・・・
買ってしまいましたよ

e0349817_22300855.jpg
ニコンのAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED です。
山に登って、きれいな花に出会いながら、
その美しさ、かわいらしさをアップでお伝えできなくていました。
e0349817_22294062.jpg
早く使い方を覚えて皆さんに、栗駒山や栗原の花々や生物を
とらえてみたいです。





by kurikoma-photo | 2018-06-29 22:41 | 趣味 | Comments(0)

昨日、行ってきた写真展です。

e0349817_20505564.jpg


栗原市鶯沢の細倉マインパークにあります
資料展示室の2Fで開催されています、
「寺崎英子のまなざし展」です。

e0349817_20510804.jpg


かつて鉱山の街として繁栄した鶯沢町細倉で
閉山の発表があった時から鉱山で働いた皆さんが細倉を離れて行くまでを
とらえた写真です。

e0349817_20512861.jpg


寺崎さんが細倉のみなさんに愛されていたからこそ
撮れた写真ですね。

e0349817_20522793.jpg

木製のボードに張り付けただけのシンプルな展示が良いですね。
気軽に眺められます。
e0349817_20520429.jpg

細倉鉱山の社宅に暮らすみなさんの様子です。
私の叔父さん家族も住んでいました。なつかしいな~。
e0349817_20532227.jpg
秋田犬と子猫の写真が、長屋の風景を表しています。
どんな人も同じ長屋に住めば、みんな仲間なんですね。
e0349817_20525527.jpg
そんな中、閉山の発表が有りました昭和40年代から平成の始まりにかけて
細倉から離れて行くみなさんの姿が撮られています。
e0349817_20540630.jpg
引っ越しのトラックと、別れのあいさつをする人。
グッときますね。
私の高校時代、陸上部の女子マネージャーをしていた同級生のTさんも
2年生の時、静岡に引っ越して行ったなあ~(涙).
e0349817_20542028.jpg
猫が二匹、長屋の引っ越してしまった部屋をのぞいています。
「いつもおやつをくれたおばちゃん、いなくなっちゃったね~」
そんな風景が、どんどん広がっていました。
e0349817_20545089.jpg
日本の有数の写真家「木村伊兵衛」さんを思い起こさせる写真だと
私は思います。
8月31日まで展示しています。
ぜひご覧いただきたい写真展です。


by kurikoma-photo | 2018-06-25 21:37 | 趣味 | Comments(0)

柳津駅の写真展

私がいつも楽しみに拝見していますブログ「星と写真の部屋」。
アマチュア写真家の作者が、ただ今気仙沼線の柳津駅で,
「わがふるさと気仙沼線」という写真展を開催中ということで見に行ってきました。

e0349817_22271894.jpg


現在の気仙沼線の終着駅、登米市津山町の柳津駅です。
桜の開花はまだでしたが、故郷の懐かしい駅と言った感じで、
いい雰囲気でした。
ここから北は震災のため線路が無くなりBRTが走っています。

e0349817_22273240.jpg


小さな駅舎に業務のじゃまにならないようにと、控えめに展示された
気仙沼線の写真の数々。
花や星空など故郷の風景の中を走る気仙沼線の姿。
故郷と気仙沼線への深い愛情を感じます。

e0349817_22274506.jpg


額縁は使わずに、大きな台紙の上に直接写真を並べ張り付けたもの。
小さな駅舎に似合う展示方法かもしれませんね。
乗降客や地元の人も気軽に観られる雰囲気があります。
この写真展は8月までのロングランで、
現在は第一期、気仙沼線の四季。
4月16日からは震災で被災した気仙沼線の姿を展示するそうです。

e0349817_22280039.jpg


柳津駅から南には列車が走っています。

e0349817_22281803.jpg


北に向かう線路は取り外され、
BRT専用の道路が建設中でした。
もう戻ってこないのでしょうね気仙沼線。
いっそう感慨深い写真展に思えました。






by kurikoma-photo | 2018-04-07 23:09 | 趣味 | Comments(2)