栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

二迫川の夏風景

今日はは休暇を取って定期の通院日。
しっかし暑かったね~!
栗駒でも36℃超えでしたからね。
快適な病院を出て外を歩くのがつらかった(笑)。

さて日曜日に夏の暑い時に思い出す思い出の川に行ってきました。

e0349817_16061113.jpg


栗駒の隣、鶯沢八沢地区。
二迫(にのはさま)川にかかるもぐり橋です。

母の実家のある八沢地区です。

e0349817_16065804.jpg


コンクリートでできたもぐり橋。
子どもの頃、夏休みに母の実家に遊びに来て、
従兄たちと良く遊んだ川です。

e0349817_16062501.jpg


泳いだり魚を捕まえたり。
一日中川で遊んでいたな~
今もたくさんの魚の姿が有ります。

e0349817_16071028.jpg


ごろごろ転がる岩と底のすき間に手を突っ込んで
魚を手づかみでつかまえるんです。
今もその感触は忘れていませんよ。

e0349817_16073060.jpg


大土ヶ森が良く見えます。
今は川で遊ぶ子供もいないんだろうね。

もったいないことです。




# by kurikoma-photo | 2015-07-14 19:40 | 栗駒の里 | Comments(4)

日曜日、今日も暑かったよ栗駒地方

最高気温32.7℃!
そんな中、地元自治会のグランドゴルフ大会が行われました。


e0349817_20441344.jpg
70軒余りの行政区ですが
この暑さでも役員含め総勢40名が参加
そりゃもう気心知れたいつもの地元のメンバー
集まってくればそりゃにぎやか!

e0349817_21393828.jpg
みなさんの母校、旧鳥谷小学校のグランドが会場です。
9時に競技開始。
陽射しは暑いが日陰に入ると涼しいという
湿度が低くて助かります。
e0349817_20443793.jpg
参加者は80歳を超える人も数人含む、ほとんど年配のみなさん。

54歳の私は最年少018.gif
e0349817_20445141.jpg

同級生のお母さんも元気々々!
暑さに負けず楽しんでプレー。
8ホールを2回まわりスコアを競います


地域では希少になってきました赤ちゃんも応援に駆けつけたりして
地域みんなの孫のような存在です。

地域みんなの楽しい行事です。


e0349817_20454317.jpg
熱中症で倒れる人も無く、無事に大会は終了。
入賞者には商品贈呈。
私はどうだったかって?

e0349817_20455749.jpg
見事優勝!
先輩方に優勝を譲るように手加減すればいいじゃないか・・・
なんて意見もあるとは思いますが、

もうほとんど僅差の勝利。
ホールインワンがあったのが大きかったというだけで
70代のみなさんとほとんど差はありませんでした。

なにはともあれ楽しい午前中でした。
みなさんお疲れさまでした。
また秋にお会いしましょう










# by kurikoma-photo | 2015-07-12 22:18 | Comments(2)

山々のシルエット

今日は暑かったね栗駒地方。
なんと31.6℃の最高気温。
空も晴れ渡りもう真夏のお天気でしたよ。


しかし今日は残念ながらの通常出勤日。
しかも外での仕事。死にそうでした058.gif008.gif


しかし仕事を終えての帰り道夕焼けがきれいでしたよ。

e0349817_22111484.jpg



栗駒山をはじめとした山々が
夕日のシルエットとしてきれいでした。
手前には田園が広がっていますが
写真にすると見えませんね

e0349817_22112157.jpg
文字地区の右の台形状の山は「櫃ヶ森」
左の三角の山は「中ノ森」
e0349817_22113149.jpg
故郷の山が夕焼けのシルエットになっていると
昼とは違ったノスタルジックな雰囲気です。

一週間お疲れさまでした。

カメラ:Canon Power Shot G16


# by kurikoma-photo | 2015-07-11 22:29 | 栗駒の里 | Comments(2)

女川町野々浜の海

山の話の後は海の話を。
昨日は仕事で女川町の野々浜方面に行ってきました。
コバルトラインの途中から女川湾方面に下り、
その先の小さな半島を超えれば、女川原子力発電所、
という所です。
そこにある小さな神社へ・・・

e0349817_22061694.jpg
標高10mはないかな。
神社にも津波は押し寄せ杉の木はほとんど枯れていました。
祠も流されたのでしょう、新しい建物になっています。
野々浜の港を守ってきた五十鈴神社です。
e0349817_22062634.jpg

境内から見下ろす野々浜の里。
多くの家が立ち並んでいたのでしょうね。
e0349817_22064348.jpg

浜の方では3件同時に工事が行われていました。
やっと方向性を持った工事が行われるようになったと感じます。
e0349817_22065553.jpg
漁船のの入れる港を作るため手前の重機から先にのびる
堤防を造るため、ダンプカーが何度も大きな石を海に投入していました。

e0349817_22070736.jpg
この程度じゃ三陸の海は汚れません。
澄んだ海の水。
e0349817_22071826.jpg
何んの養殖いかだでしょう?
ホヤか、牡蛎か、ホタテか?

e0349817_22072636.jpg
海はもう従来の美しさに戻っています。



# by kurikoma-photo | 2015-07-10 22:38 | 三陸の海と里 | Comments(0)

日曜日に登った栗駒山湯浜コース。
山を登る楽しさは充分伝わったでしょうか?


湯浜コースの大半を占めるブナをはじめとした広葉樹の森は
いろんな発見が有ります。
下山は呼吸的に余裕があるので、ゆっくり周りの木々に目を配ります。
登山道に立はだかるブナの木


e0349817_21052342.jpg
途中のコブから何本にも枝が判れています。
どんな理由があったんでしょうかね。
大雪のためじゃないよな~
e0349817_21053931.jpg

ブナではないですがこの木もすごい。
幹の中心がほとんど空洞になっています
e0349817_21055595.jpg


根元の根っこ付近も土が流れたのかすき間がたくさん。

e0349817_21060515.jpg



それでも幹を伸ばし緑の葉を茂らせています。
過酷な自然に生きる木々の生命力に感激。

e0349817_21061992.jpg


でも一方では、
倒木となったブナの木もたくさん有りました。
登山道にその幹と枝をよこたわらせ静かに眠ったように
その生涯を終えていました。
ぽっかり空いた空間から射し込む陽射しがまぶしかった。
この空間から新しい木が成長してゆくんだだろうね。

e0349817_21063599.jpg

やっと湯浜温泉に到着。
三浦旅館のご主人に下山の報告と露天風呂への入浴料(500円)
を置きに立ち寄ります。
木道の花が見頃でした。今年も残雪が多いですね。
湯浜コースの状況を報告。

お客さんとの話題に使ってもらえばと思います。

e0349817_21072423.jpg


一旦駐車場に行き重いリュックをおろし、
着替えとタオルを持って湯浜温泉さんの露天風呂へ。
いい湯加減ですね~。(一応混浴です)
緑の森の中、渓流を見ながら入浴できるなんて
これ以上の疲れを癒す空間はないですね。
少しして、私よりも早く登り始め頂上まで行ってきた男性も入浴。
お互い満足してきた風景談義が楽しかったですよ。

e0349817_21073487.jpg


温泉で登山の疲れも汗も流して帰路へ。
駐車場に向かう途中の渓流、母沢を渡る風が心地よかった。


e0349817_21074838.jpg

渓流脇の斜面には可憐な花も咲き(名前が判らない?)
湯浜温泉に行くだけでもたくさんの自然が見えます。
e0349817_21080105.jpg

さて次はどのコースを登ろうか・・・栗駒山


# by kurikoma-photo | 2015-07-08 22:22 | 栗駒山 | Comments(0)