「ほっ」と。キャンペーン

栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

昨日の春の様子をお伝えしたならば、
冬はこれで終わりでいいのかと自問自答の心境におちいり・・・
なんてこむずかしいことには達しませんで、ただ今年の冬が終わってしまうことが
寂しくて、栗原でも雪深い花山の温湯(ぬるゆ)温泉に行ってきました。

e0349817_20401728.jpg


温湯御番所の先の温湯温泉旧佐藤旅館さんの風景が(赤い屋根です)
懐かしいけど、岩手宮城内陸地震以来9年いまだ復興できない姿が悲しい。

でも雪景色がいいな~。

e0349817_20402879.jpg


一迫川の渓流。雪をのっけた渓流の岩がいいね。

e0349817_20405766.jpg


温泉に行く道で、道路に流れるれる小さな沢がありました。
この寒さで凍らずに道路の雪も溶かしてるんだね~
と思って水に手をやると、冷たくないんですよ!
おそらく10℃弱はあるんじゃないかな。温泉の一部が流れているんだろうね。

e0349817_20455350.jpg


小さな沢の両脇には緑の草も生えていました。
温かくなければこの時期生えないよね。

e0349817_20404347.jpg


国道398号線の温湯大橋の赤が際立って見えました。
今は冬季通行止めです。
佐藤旅館の露天風呂に入ってあの赤い橋を見るのが好きでした。
こんな冬に入ったことが無くて残念です。





# by kurikoma-photo | 2017-02-12 21:43 | 栗原市の風景 | Comments(4)

栗駒の里にも春のきざし

本当は、今日は一関市大東町大原の水かけ祭りに行く予定でしたが
家の予定が入ってしまい、昼過ぎまで拘束され水かけ祭りは断念です。
はあ~、残念。かるがもさん、ご一緒できずすみません。
でも午後2時には用事からも解放され、週末の日課ランニングへ。

e0349817_16385393.jpg


いつもの三迫川河川敷公園で走っていると
おんや、川沿いの雑木林で輝いてるものが有るな。
ランニング後カメラを持って行ってみたら・・・

e0349817_16390216.jpg


おお~、ネコヤナギが芽吹いてましたよ。

e0349817_16391731.jpg


なんてきれいな銀色の毛だろうね~。
輝かしい春の始まりだね。

e0349817_16392552.jpg


青空に映えて輝いていました。

e0349817_16394640.jpg


ではこちらはどうかなと、私だけの日当たりのいい斜面に行ったら。
水仙の芽がもう出ていましたよ。まあ花が咲くまでずいぶんかかりますけどね。

e0349817_16395672.jpg


でもうれしいな~。

e0349817_16400981.jpg


オオイヌノフグリはずっと先に花を咲かせていたようだが、
今日の寒さで花をすぼめていますね。

e0349817_16402048.jpg


椿の花芽も大きくなってきました。

e0349817_16405988.jpg


その根元にはバッケのつぼみの姿も見えて。
もういいか、まだ早いかと思案しているようでした。
ずいぶん春の使者が見られるようになってきた栗駒の里です。







# by kurikoma-photo | 2017-02-11 19:43 | 栗駒の里 | Comments(2)

今夜は山陰地方で超大雪警報が出されているが
栗駒の里では今朝5センチほど積もった雪が
寒さで融けずに畑にさらっと残っている程度。
月明かりで明るかったので撮ってみました。

e0349817_21290232.jpg


わが家の庭先から眺めて。
せめて雪が20センチも積もっていてくれたら、美しい月明かりの雪景色が見られたのに。
今年の冬は本当の雪景色が見られなかったな~。
これで終わりなんだろうか。
これでも地球温暖化は嘘だと言う、自分に都合の悪い科学的証拠に
は耳を貸さない大統領とやらがいるんだから信じられないね。
目先の利益しか考えない経営体質は日本ではもう見直されているのに。
どこに行くのでしょうあの大国は。

そんなことより今年の栗駒の里の雪景色が心配です。


# by kurikoma-photo | 2017-02-10 21:39 | 栗駒の里 | Comments(0)

さんぽと花かつお

先日、私が好物のメカブに花かつおを乗せて食べていたら、
愛息子のさんぽが、「父ちゃんぼくにもちょうだい!」
と言うもんだから、ちょっとあげたらそれ以来気に入っちゃって・・・

e0349817_22380214.jpg


毎晩夕飯のたびに無言でおねだりするようになってしまいました。
花かつおを使わない日も、私の横にちょこんと座り、
テーブルと私の顔を交互に見てね~。
そのしぐさに父ちゃんも弱くて、わざわざ持ってきてついあげてしまうんですよ。
甘い父ちゃんです。

e0349817_22381619.jpg


一日二つまみまでと決めてあげます。
婆ちゃんにはねだってこないらしい。

e0349817_22382645.jpg


これは食べないか?とワカサギのから揚げをあげたが、全然興味なし。
花かつおだけでとどめておこう。
食べ終えるとストーブの前でスヤスヤと。
食べ物にうるさくない可愛い息子です。




# by kurikoma-photo | 2017-02-08 22:50 | わが家の情景 | Comments(2)

天気は曇りでしたが暖かい日でした。
今日はメル友の遊さんから勧められた映画を一関に見に行きました。
一高前のシネプラザ、久しぶりです。

e0349817_18522148.jpg


高校の通学路ですが、この辺はスナック街でもあり、
一関の会社に勤めていた頃、私も良く通ったもので有ります。
そんなおっさん話は置いときまして・・・
今日見てきたきたのは

e0349817_18523021.jpg


「この世界の片隅に」
戦前戦中、広島に生まれ呉にお嫁さんに行った、のんびり屋で
絵をを書くことが好きな少女「すず」の物語でした。
呉に嫁に行って戦時中の物資難の中、嫁ぎ先の家族にも温かく見守られながら
けなげに工夫を凝らしながら家を守ろうとするすず。
そんな平穏な生活を翻弄する戦争。
本当に世界のほんの片隅に住んでいる平凡な家族にも戦争は多くの悲しみを与えた。
実家の家族愛、嫁ぎ先の家族愛、幼馴染とお互いを想う心、そして夫婦愛は
すずを未来へと導くものでした。
すずの声の声優は「のん」ちゃんです(旧・能年玲奈ちゃん)
すずにぴったりでした。半分地のままでやれたかなと思いますが(笑)
若い彼女にとってすごく難しい役だったと思います。
いろんなこと考えさせられました。もうおじさんは涙涙でした。
広島と呉の情景描写も本当によかったね~。
こんな見事な風景、アニメで初めて見ました。
今もあるなら写真を撮りに行きたいな~。







# by kurikoma-photo | 2017-02-05 19:46 | 日々の出来事 | Comments(0)