栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

東北風土マラソン2017、楽しさは一度では語りつくせない。
今宵もお付き合いを。

e0349817_20384800.jpg

風土マラソンと言えば、会場内で東北の美味しい物が食べられるということで・・・
食べました、お土産買いました。
最初に食べたのは、登米市豊里町名物「けの汁」です!
根菜類や豆がたくさん入っています。旨いです。
米沢牛や仙台牛タンなどの肉類も沢山出店があり好評でしたが、
私の体には好評ではないのでがまんして、次を探します。

e0349817_20385910.jpg


登米のセリ鍋うどん・はっとセリが体に良さそうだね~。
ということでいただきました。
やはり地元ですから、はっとをチョイス。

e0349817_20401726.jpg


根っこ付きのセリがたくさん乗って、かき揚げや、おいしいつくねも乗っかっていました。
これはうんまい~。セリの香りと歯ごたえが良いですね。登米でも作っているようです。

e0349817_20403299.jpg


栗原の地場産品のお店、シャーベット屋さん「土里夢」さんも出店。
去年までの4月末の開催なら良かったのに、今年は1ヶ月早まりまだ吹く風は冷たい。
そんな中シャーベットは苦戦のようでした。
しかしお母さんはじめみなさんの人柄で新名物イチゴそのものを凍らせスライスした「いち氷」
は完売したそうな。
シャーベット屋さん初めて2年。商売にも馴れてみなさんすごいね。

e0349817_20412791.jpg


ご主人の今年の一押し。えごま油です。
私も1本飼ってきました。
家に帰ってネットでその効用を調べたら、いろんな効用があるようでびっくり。
ダイエットや脳梗塞やら美肌まで。
私、みずから、その効果を試してみましょう。
土里夢さん社内で絞ったもので濃厚そうですね。

e0349817_20440492.jpg


他にも石越の初音のホルモンや、遠野のホップ入りのギョウザなどを、今日のお彼岸の宴
のおつまみに購入した私です。
長沼の風車もきれいですね。走る人、走らない人、食べる人、それぞれのスタンスを持って
風土マラソンを楽しむ形が確立されてきています。

e0349817_20441302.jpg


会場から対岸を見ると必死に走るランナーのみなさん。
去年までは私が対岸に居て、「やっと半分かよ、ゴールは遠いな~」
なんて思っていました。
栗駒山がきれいだね~。

e0349817_20443276.jpg


ゴールの500m手前、会場を見下ろす高台。
ランナーのみなさん「やっとゴールが見えた」なんて叫びながら、最後の力を振り絞ります。
去年までの私もそうでした。
ゴールの風景は本当にきれいでした。

e0349817_20444486.jpg


今年のコスプレのみなさんは、全体的におとなしかった感じです。
でも面白かったのは、このショッカーのみなさん。
記念撮影にカメラマンが「ハイチーズ」と言ったら
「キー」の掛け声がはにかみながら小声だったのが可愛かった。
見物客からは大うけでしたね。

e0349817_21345300.jpg


そして風土マラソンを象徴するのがこの女性三人。
1周走り終えてさらにもう一周がフルマラソン。
三人ともフルマラソンなんですね。
疲れているでしょうに三人とも満面の笑顔で応援する人に手を振ります。
楽しんでいますね~。

やっぱり来年は走りたいな~。







# by kurikoma-photo | 2017-03-20 21:54 | スポーツ | Comments(0)

今日はね、いつもの年より1か月早まりました、東北風土マラソンに出場するブログ仲間と
出店する知り合いの店を応援するべく登米市長沼まで行ってきました。

e0349817_19133221.jpg


きれいだね~長沼
何万人の人出でしょうね。さくらの時期ならもっと映えたのに。

e0349817_19134034.jpg


スタート前のステージには今年もサンプラザ中野君と、今年は同僚のパッパラー川合君が来てくれましたよ
名曲ランナーは気合が入りますね。

e0349817_19135121.jpg


ランナーと青空応援団のエールに押されフルマラソンの部、ハーフマラソンの部が順次スタート。

e0349817_19140032.jpg


かつて私のライバルだった秋さんことタイガーマスクが今回初マラソンに挑戦。
5時間切りでゴールしたそうな!
同年代ながら完全に遠く先行されてしまいました。
秋さんすごいよ。

e0349817_19141854.jpg


風土マラソン恒例のコスチュームランナー。
ヤマタノオロチさんと正宗仕様の熊のプーさんです。
お二人ともハーフマラソンを完走。
すごいよね。

e0349817_19142919.jpg


ロンドンのキャサリンさんもハーフ完走。

e0349817_19145322.jpg


舟の向こうにランナーの行列。
いろんな風景を写真に撮っても心に残る空虚感。
やっぱり自分が走らなければつまらないな~。
来年は絶対復帰します!





# by kurikoma-photo | 2017-03-19 19:45 | スポーツ | Comments(0)

いよいよ迫ってきました。
今度の日曜日は東北風土マラソンです。
登米市迫町長沼を周回するコースで行われます。
去年までは4月下旬の春真っ盛りに行われたのですが、今年はこの時期。
寒さが心配ですね~。

去年までわたしも2年続けてハーフマラソンの部に出場しました・・・が
去年の惨敗を引きずり、
とてもまだハーフは走れたもんじゃないと今年は不参加。
ブログ仲間のみなさんが多数出場されるので、その応援と
東北の地場産品のお店が多数出展され、
今年は食べ回ってみようかと思いまして。

知り合いの栗原市一迫のシャーベット屋さん。
「土里夢」さんも出店するそうで楽しみにしています。
e0349817_22423509.jpg
毎年楽しみなのはランナーのみなさんの仮装です。
今年のテーマは「物語と伝説」とか。
いや~、もう楽しみでしょうがない。
もちろん大会の様子はたくさん写真に撮ってきます。お楽しみに!


# by kurikoma-photo | 2017-03-16 22:49 | スポーツ | Comments(0)

わが家の庭の春

今日は久しぶりの雨。
朝から降り続く本格的雨は宮城県では半年ぶりだとか。
雪もちょっとしか降らなかったからね。
久しぶりにしっとりした空気です。

e0349817_21423213.jpg


お天気の良かった12日日曜日のわが家の庭です。
知らぬ間にクロッカスの花も咲いていました。
手前には水仙も順調に育っています。

e0349817_21424082.jpg


わが家の庭にはバッケも目を出すんですよ。
今週末には婆ちゃんに摘み取られ、天ぷらになって食卓に登場することでしょう

e0349817_21425154.jpg


わが家の庭では最初の春の花です。
後を追ってクロッカスの紫や白も咲いてきます。
その後に水仙でしょうか。
わが家の庭もだんだんとにぎやかになってきます。



# by kurikoma-photo | 2017-03-14 21:51 | わが家の情景 | Comments(0)

栗駒山の春景色


今日は栗駒山中腹の駒の湯温泉さんにお届けものが有り、行ってきました。
駒の湯温泉さんは冬季休業中でしたが、春の開業を目指して準備中。
開業が楽しみですね。

e0349817_19284471.jpg


その駒の湯温泉さんからずっと上、旧いこいの村跡地まで行ってきました。
旧いこいの村までは除雪がしてあります。
9時半におじゃましましたが駐車場にはすでに30台の車が停まっています。
もう満車で路上にも数台停まっていました。せっかく大きな駐車場なので、
もっと広く除雪をしてくれたらいいのに。

e0349817_19290557.jpg


栗駒山を望むと雪ばかり。
ここから頂上まで登ってスキーやスノボーで降りてくるんだね。

e0349817_19291883.jpg


私が着いた頃に山スキーで登り始めた人。
スキー好きなんですね。

e0349817_19294289.jpg


旧いこいの村から見渡す下界。
この見晴らしがあったから「いこいの村」を訪れる人がいたんだ。
ハイルザームからは展望が無い、山に来た感慨がない。
だからお客さんが来ない。そういうわけなんだな。

e0349817_19295307.jpg


文字の深山牧場。雪がお多いね。
この雪を使ってスノーモービルとかバックカントリースキーとかの、
雪と親しむ楽園を造ったらどうでしょうね。

e0349817_19302798.jpg


栗駒の里も見下ろせます。
30台の車。こんなに多くの春山スキーを楽しむ人がいるのに、
ここに休憩所の一つも建てたらどうなんだい栗原市さん。
たった30台じゃ少ないというかも知れないけど、
バックカントリースキーの名所と知られたら、もっともっと多くの人が集まるよ。
どんどん栗駒山の良い所をアピールしようよ、活かそうよ。

e0349817_19303837.jpg


道路の両脇には葉っぱは無いけどきれいな林の風景。

e0349817_19304873.jpg


耕英十字路のちょっと上。
山脈ハウス(やまなみはうす)下の水芭蕉の名所もまだちょっと早いようです。
4月になったらまた来ましょうね。








# by kurikoma-photo | 2017-03-12 20:12 | 栗駒山 | Comments(2)