「ほっ」と。キャンペーン

栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

<   2016年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

土里夢さんの森の音楽会

昨日行ってきました、栗原市一迫の、
美味しいシャーベット屋「土里夢」(どりーむ)さんで開催されました
第1回 森の音楽会を楽しんできました。

e0349817_21533435.jpg


午前・午後の部が有りまして、午前は80人の来客、午後は50人の来客
という主催者発表が有りました。
私と岩手の友人たちは午後の部へ。
寒かった~やっぱり東北です、この時期の野外は寒かったです。

e0349817_21535052.jpg


最初のステージは
仙台のビオラ・クラッシックギター、ハーモニカの叙情歌バンド「フォレスターズ」さんと、
涌谷の歌の先生、熊谷浩子さんのソプラノの歌声。
「里の秋」などは、あまりにもこの地にふさわしく涙が出そうでした。

e0349817_21541090.jpg


熊谷さんと、ハーモニカとトーク(漫談)担当のおじさんです。
ハーモニカの音色が哀愁が有りましたよ。

e0349817_21542493.jpg


左のおじさん、ビオラの音色は田舎の風景に似合いましたね~。
右のクラッシックギターのおじさんは76歳とか
かっこいいね。フォレスターズさん。
抒情歌に癒されました。

e0349817_21545301.jpg

次のステージは、栗原市のフォークバンド「夕顔」さんです。
地元のバンドながら、地元での公演は少ない(ですよね)夕顔さん。
待ってました、です。
かぐや姫のカバーとオリジナルの曲で聴かせてくれました。
e0349817_21544227.jpg

ちょっとギターの音量が大きかったのですが、
いいですね~、なごり雪なんて私の中学時代の歌です。
聴かせてもらいました。
e0349817_21553144.jpg

夕顔さんのステージも終わり、さて帰ろうかとおもっていたら・・・
地元の今や名物となった「スコップ三味線団」のみなさんの演奏会が始まりましたよ。
e0349817_21560006.jpg

ちえっこよされと、吉幾三のテンポの速い曲に合わせスコップ三味線を奏でます。
e0349817_21562140.jpg

このご夫婦が土里夢のオーナーご夫妻。
東京出身で、定年前のずっと前に栗原に家を建てての東京・栗原の二住生活。
その後覚悟して栗原に完全移住。1年4か月前から始めたシャーベット屋さんが
大ヒット。地域のみなさんも巻き込んでの起業でした。
渡辺さんご夫妻の一生懸命さに地元のみなさんの協力する姿が
なんともうらやましいですね。
森の音楽会、楽しませてもらいました。







by kurikoma-photo | 2016-10-31 23:20 | イベント | Comments(0)

栗駒山初雪

今朝はそこそこ寒い朝でした栗駒地方。
天気は良いのですが風が冷たかったな~。
土里夢さんの森の音楽会に行く前に、友人たちを連れて
文字の深山牧場に行ってみました。
紅葉が見てみたいということでね。
あれっ、栗駒山が白くなってるんじゃないの

e0349817_23261444.jpg


山の上の方が薄っすらと雪に覆われていました。
(私が見た限りでの初雪です)
牧場の紅葉もきれいでしたよ。

e0349817_23262320.jpg


今日も登っている人がいるんだろうなと思いつつ、
雪をまぶした山を眺めます。
山はもう冬に入っていました。



by kurikoma-photo | 2016-10-30 23:37 | 栗駒山 | Comments(2)

陽だまりで

今日は天気はいいけど風が強かった栗駒地方です。
今週は山はおあずけ、明日は一迫のシャーベット屋さん
「土里夢」さんで、森の音楽会があるので
友人を案内しながら楽しんできます。

e0349817_21344330.jpg


そんなわけで今日は家でおとなしく書斎にこたつをセットしたり、
来週の土・日に開催されます栗駒芸術文化協会の文化祭に出展する
写真のプリントなどをしていました。

e0349817_22003965.jpg


父ちゃんが忙しく動いている間、愛息子さんぽは、ひなたぼっこです。
暖かくて気持ち良さそうですね。

e0349817_22005287.jpg


まあ猫の手を借りるほどではないから、のんびりしていてくれ。
冬も近づいてきましたが平和な我が家です。



by kurikoma-photo | 2016-10-29 22:23 | わが家の情景 | Comments(0)

朝のマガンたち

今週月曜日の朝の風景です。
お天気が良くてね。
e0349817_12442056.jpg
たくさんのマガンが田んぼに食事に来ていました。
上空にも多くのマガンたち。
どこにしようか悩んで旋回中です。
e0349817_12443068.jpg
俺たちもここにすっか。
と、舞い降りてきました。
これからの季節、通勤時間の楽しみな風景です。


by kurikoma-photo | 2016-10-28 08:03 | 栗駒の里 | Comments(0)

今夜は私が所属します、「栗駒写真倶楽部駒美会」の定例会議です。
12月にクラブの5回目になる写真展を控え
案内状やポスター用の候補写真を会員から集めました。

e0349817_23255508.jpg


案内状の枚数や、11月に行われる地元芸術文化協会の
文化祭の打ち合わせなど話しているうちに
各自持ち寄った写真やタブレットを見ながら、打ち合わせそっちのけで
写真談義で有りますemoticon-0184-tmi.gif。 いつもの定例会の風景ですよ。
まあ、当会の悪い所でもあり良い所でもあります。
みなさん写真好きですからね。
第5回駒美会写真展は12月16日(金)~21日(水)という変則的スケジュール
ながらも開催します。
今年も河北写真展入賞作品の共催です。
みなさんおいで下さいね。



by kurikoma-photo | 2016-10-26 23:42 | 趣味 | Comments(2)

遠野の秋

22日土曜日、鞍掛山に登った後は、まだ時間がたっぷりあるので
私の好きな遠野に向かいました。
早起きすると時間がたっぷりとれるからうれしいね。
遠野の道の駅に着いたときは12時。
昼食をとって出発。

e0349817_21415545.jpg


綾織の田園地帯から山の奥へ。里の黄葉も始まっていますね。

e0349817_21421993.jpg


すぐそばには幾本も幹を広げた大木の下、名所「乳神様」もあります。
遠野らしい風景ですね~。
ここから山を越えて附馬牛地区へ。

e0349817_21423107.jpg


田んぼには、はせがけされた稲が並びます。
背景のカラマツが紅葉していてくれたら、さらにいい絵になったでしょうね。

e0349817_21424173.jpg


茅葺屋根と土壁の作業小屋。まだまだ現役です。
なつかしい風景です。

e0349817_21425289.jpg


渓流美の名所「重湍渓」(じゅうたんけい)ここも紅葉が始まっていました。

e0349817_21430629.jpg


もみじと河原の白い岩ががきれいだね~。
近所のおじさんらしき人も、レンタサイクルの観光客のお姉さんも
立ち止まって見入っていましたよ。
さてここからはさらに山の上へ。

e0349817_21431709.jpg


荒川高原へ行き広大な牧場と早池峰山を観に行きました。
紅葉の山の向こうに早池峰山。

e0349817_21432467.jpg


大きな枯れ木と早池峰山。

e0349817_21433445.jpg


ごつごつした岩だらけの山です。
今年も登れなかったな~。来年こそは登ってみよう。

e0349817_21435143.jpg


広大な荒川牧場。今が紅葉の盛りでした。

e0349817_21440662.jpg


馬の産地でもある遠野の牧場には馬もたくさんいます。
北海道の牧場みたいだ。

e0349817_21441792.jpg


いろんな毛色の馬たち。
いかにも牧場と言った風景ですね。
遠くに見える山は遠野三山の一つ石上山(1038m)かな。
あそこもいつか登ってみたいなあ。
何度来ても魅力の尽きない遠野です。



by kurikoma-photo | 2016-10-25 07:38 | 旅の風景 | Comments(0)

紅葉美しい鞍掛山

一昨日22日(土)は岩手山の手前に、ちょこんと座っています、
鞍掛山に登ってきました。
小岩井農場のすぐ近く、滝沢市にあります。
e0349817_22084378.jpg


この写真の右側中央に頭だけを見せている山です。

e0349817_22090679.jpg


朝4時に家を出発。
登山口の駐車場には私を含めて3台の車のみ。
紅葉の時期、混むかなと思って早く来たのですが・・・
登山口を出発したのは6時40分。
いい雰囲気の登山口です。

e0349817_22092052.jpg


西側のコースを登ってゆきます。

e0349817_22094947.jpg


紅葉が始まった森の中の適度なこう配の道を行きます。
気持ちいいね。

e0349817_22101953.jpg

そして40分ほどで最初の展望台に着きました。
小岩井牧場を見下ろせます。
いい眺めだね~。


e0349817_22103822.jpg
さらに進み、小さな沢を超えると東側(キャンプ場)コースとの合流点です。
そこからまたぐいぐい登って・・・
およそ1時間20分ほど(写真撮り撮りね)で

e0349817_22105732.jpg


山頂到着。(897m)
岩手山がどお~んと目の前に現れました。
おお~でかい!

e0349817_22111610.jpg


その迫力に圧倒されます。
先日初雪が降ったようですが、残ってはいませんでした。

e0349817_00410016.jpg


岩手山中腹の木々が真っ赤に色付いていてきれいだったよ。
おっ、その背後に見える双耳峰は七時雨山(1063m)かな。
しばらくぶりだなあ~。

e0349817_00413593.jpg


東に目をやると、きれいな三角形の姫神山(1123m)が
凛と立っていました。
相変わらずの美人さんです。

e0349817_00412087.jpg


霞たなびく盛岡の街越しには早池峰山(1917m)。
雲がかかっていて残念。
秋田駒ケ岳もちょこっと見えたりして、
周辺の名だたる山々を眺めるだけでもう夢中でしたよ。
一時間弱たっぷり風景を楽しませてもらいました。

e0349817_00414706.jpg


下山時だんだんと登山者の姿も増え、
皆さん紅葉の森に見入っている様子。
本当にきれいな森でした。

e0349817_00415808.jpg


下山はキャンプ場コースを。
急斜面のジグザグの道を下ります。
このコースはあまり展望もなく、ちょっとつまらないなあ。
登り下りを同じ西側コースにしたほうがいいかも。
10時近く駐車場に着くと50台を超える車が停まっており、
後からも続々と車が来ます。
やはりお手軽で人気の山ですね。







by kurikoma-photo | 2016-10-24 10:07 | 登山 | Comments(2)

今日は定期の通院と地元役員会の会議があり仕事は休みをもらいました。
病院は採血までを開院間もなく済ませ、診察は午後からにお願いし、
いろいろと用事をこなします。
せっかくの休日ですから有効に使わなくては・・・。

e0349817_19174101.jpg


昼時は駒の湯温泉さんにこの秋の写真を届けようと行ってきました。
と同時に紅葉の降り具合を確認にね。
市道側の冷沢橋の木々はだいぶ色づいてきてましたよ。
さて駒の湯さんは・・・

e0349817_19175052.jpg


駒の湯の砂防ダム付近もいい色になってきましたね。
午後になって強風が吹きはじめ、時折雨も降る栗駒山麓です。

e0349817_19175876.jpg


駒の湯温泉さん周辺も木々の色が変わってきていました。
今日は平日、お客さんも少なく、ゆったりとした時間が温泉には有りました。
ぜひ温泉に浸かって、温泉名物のそばを食べに来てください。




by kurikoma-photo | 2016-10-20 19:34 | 栗駒山 | Comments(0)

大土ヶ森散歩 後篇

大土ヶ森の山頂から見た風景は・・・

e0349817_22541370.jpg


雲一つない空にそびえる栗駒山ですよ。

e0349817_22542483.jpg


それも深山牧場越しの栗駒山です。
紅葉の着物をまとった栗駒山きれいですね。
先端は旧いこいの村あたりまで降りてきましたよ。

e0349817_22543405.jpg


こんな風景は大土ヶ森からしか見られません。

e0349817_22544649.jpg


西に目をやると右側中央が大地森。
その上に葉虚空蔵山。赤いね~。
そして左奥にはちらりと秣岳(まぐさだけ)の草紅葉が見えますね。

e0349817_23092195.jpg


東側に目をやると櫃ヶ森のかりあげ姿が見えましたよ(笑)。

e0349817_22545654.jpg


さらに下には文字の里が。
位置から見て山口地区でしょうか。
北側だけではなく南側も見たのですが霞が強くてよく見えませんでした。

e0349817_23093281.jpg


細倉の街と向こうには藤沢沈殿池です。
鉱山跡の煙突が見えますね。
良くも悪くも鉱山の遺産です。
景色も充分楽しみました、昼食会が待っているので、さあ下山です。
展望広場を後にします。

e0349817_23095348.jpg


山頂の看板、盛り込みすぎの感もありますが、
面白いですね。

e0349817_23100906.jpg


580mの山頂も紅葉が始まっていました。

e0349817_23105512.jpg


下りは中央コースを走るような速さで降りると、
涼しげな渓流に出会います。

e0349817_23111001.jpg


リンドウの花が「お疲れさん」と迎えてくれているようで
ホッとしました。

e0349817_23112282.jpg


登山口に到着。
相変わらず停車しているのは私の車ばかり。
散歩気分で登れる良い山なのですが、もったいないね。
登り1時間5分、下り40分。(私の場合ね)
楽しませてもらいました。


by kurikoma-photo | 2016-10-18 23:44 | 登山 | Comments(0)

大土ヶ森散歩 前編

16日の日曜日、12時から東京栗駒会のみなさんと昼食会の予定。
午前中は家の片づけでもしようかと思っていたら、
朝から雲一つない秋晴れのお天気じゃありませんか!
ここはお天気のいい日に行ってみようと思っていた地元の山
文字富士の別名を持ちます、大土ヶ森(580m)に登って・・・
じゃないね、散歩に行ってきました。
最低11時までに下りてこられる所です。
e0349817_21423519.jpg


栗駒の隣、鶯沢の八沢地区。
二迫川の向こうに見える大土ヶ森は、まだ紅葉には早いけどきれいな風景です。

e0349817_21425479.jpg


登山口までは、文字側から放森を通って行きます。
途中の道は一部砂利道ですが危なくはありませんよ。
登山口の駐車場は広いけど私一人です。
8時ちょうどに登り始めます。

e0349817_21430551.jpg


最初は草ぼうぼうでしたが途中からは歩きやすい道です。
山頂付近以外は杉や松の木が多く、暗いイメージは低山ですからしょうがない。

e0349817_21431526.jpg


10分ぐらいで中央コースと渓流コースの分岐点に。
私は左手の渓流コースへ。
途中、去年の9.11豪雨の影響か、土手が崩れて登山道が定かでない
所も所々有り、進路の証のピンクテープが無く、沢の渡渉点が判らないところも
ありましたので初めて登る方は踏み跡中心に登りましょう。
気を使って登っていると・・・

e0349817_21432654.jpg


名所の子産婦岩(こんぶいわ)です。
丸い岩をまるまる根っこが覆っています。

e0349817_21433631.jpg


途中から中央コースと合流して、さあ頂上まであと400m
しかし、ここからが本当の登山です(これまでは散策ですな)。
写真の右側の急斜面が登山道ですよ。
この急斜面をジグザグに歩いて行きます。

e0349817_21434694.jpg


途中にある大兎岩(おおどいわ)。
とてもウサギには見えないんだけど。
ここまでは熊落し坂と呼ばれていますが、ここより上は・・・

e0349817_21435651.jpg


鼻こすり坂と言い、頂上手前の最後の難所です。
ロープが張っているのでそれにすがって登ってください。
ずっとこの急坂です。
誰でしょう、鼻じゃなくて腹こすり坂じゃないのと言った人は(笑)。

e0349817_21440659.jpg


で、ようやく稜線に着きました。
花山少年自然の家からもここに来るコースが有ります。

e0349817_21441634.jpg


一分も歩かず頂上です。頂上は展望が悪いので写真を撮ったらすぐその先の
展望広場へ。
ここまでの所要時間1時間5分です(55歳のおじさんですが)

e0349817_21442690.jpg


展望広場は背は低いけど笹や灌木が一面に広がっていました。
広場ぐらいはきれいに刈っていてほしかったな。
何のためにベンチやイスを造ったんでしょうね。
かつてはブランコまであったけど、今はロープが垂れ下がっているだけです。
いろいろ事情はあるのでしょうが相変わらず中途半端な観光事業ですね
市長さん。
ここまで登ってきたのはこんな風景のためではありませんでした。
ここから栗駒山を見るためです。
つづく・・・









by kurikoma-photo | 2016-10-17 22:35 | 登山 | Comments(0)