栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

<   2016年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

秋山選手 残念だったね

郷土栗駒が生んだオリンピック選手。
秋山輝吉選手のリオオリンピック。そりゃもう期待していましたが・・・

e0349817_20332733.jpg


地元ではのぼりも立てて応援していましたよ。

e0349817_20341563.jpg


でも残念ながら予選22位。
私たちも残念だったけど、秋山君本人が悔しかっただろうね。
本人のコメントにも不本意だったことがにじみ出ているね。
まずは故郷に帰ってきて休養してほしいな。
故郷では君はオリンピックに出場した英雄です。

そんな故郷の栗駒の里は今日がお盆の最終日、

e0349817_20342256.jpg


三迫川、岩ヶ崎大橋のすぐ下です。
送り盆の行事、灯ろう流しが行われるのですが・・・

e0349817_20343341.jpg


特設の桟橋から、ご先祖や近年亡くなられた方の鎮魂のため、
灯ろうが流されるんですよ。

e0349817_20343804.jpg


本来は送り火代わりの花火大会が有ったのですが、
昨年から花火大会が無くなり、寂しい限りです。
今夜は大勢の方が訪れるといいですね。
と思ってるそばから雨が降ってきました。
日照り続きの中、恵みの雨でしたが今夜だけは待っていてほしいね。

秋山君、悔しさを三迫川に流しに来てください。
故郷は何も言わずに受け入れてくれますよ。




by kurikoma-photo | 2016-08-15 21:03 | イベント | Comments(0)

12日、Tシャツを楽しんだ後は半造のリアス式海岸の風景を楽しみました。
e0349817_21142351.jpg
三陸の海は美しいね~。

e0349817_21143289.jpg


青く透き通った海水は昆布などの波に打たれる様子も良くわかるね。

e0349817_21145792.jpg


唐桑半島の先端方向を眺めて。
外洋を観てもきれいな青色。

e0349817_21144812.jpg


逆側を観ても

e0349817_21150595.jpg

きれいな海だね。
波がくだけて白い泡に。

e0349817_21152024.jpg


薄っすらと見える陸前高田広田半島方向を望んで。
美しい海が続いていました。
海もいいですね。


by kurikoma-photo | 2016-08-14 14:33 | 三陸の海と里 | Comments(0)

気仙沼Tシャツ海岸

昨日は気仙沼の唐桑半島で行われている「気仙沼Tシャツ海岸」を
見に行ってきました。

e0349817_13581256.jpg


唐桑半島の巨釜半造の半造の方の岬で行われています。
震災で被災された方々の5年たったさまざまな思いがプリントされた
Tシャツが吊り下げられて(展示されて)います。
8月14日(日)まで開催されています。

e0349817_13582215.jpg

岬に通じる小さな広場にたくさんのTシャツが

e0349817_13583978.jpg

海からの潮の香りがする風になびいていましたよ。

e0349817_13584879.jpg

遠くには陸前高田市の広田半島も見える美しい三陸の海ですよ。

e0349817_13590706.jpg

おばあちゃんとお孫さんの絵。

e0349817_13591667.jpg


両親に手をひかれ昨年のTシャツ海岸を見に来た子供。


e0349817_13592414.jpg

おっ、これは私が気仙沼に来たときはいつもおじゃまします
中華そばマルキさんのTシャツじゃないかな。
津波で以前のお店は流されてしまいましたが、復興させ、
今では気仙沼の人気店になってますね。

e0349817_13593485.jpg


私が気に入ったTシャツです。
おそらく子供が書いた絵だと思います。
緑のふるさと復活を思っているのでしょうか

e0349817_14273534.jpg


書かれている文字は、
「気仙沼も、ほやぼーやも、サンマも、カツオも、私も元気!」

e0349817_15055087.jpg


「まて」

e0349817_13594510.jpg


このTシャツを見て涙が出てきました。
笑顔で水遊びができる海が戻ってくるといいね。
それぞれどんな思いを込められてTシャツを作ったのかは判りません。
私の安易なコメントはなるべく避けました。
人それぞれの震災の出来事があり、
これからの未来があります。

e0349817_13585751.jpg


それにしてもリアス式海岸の景色とマッチしていますね。

e0349817_13595652.jpg


気持ちが洗われる光景でした。
「がんばる!」をいただいてきました。




by kurikoma-photo | 2016-08-13 15:21 | 三陸の海と里 | Comments(2)

山の日は,わが家にて


今日は新しい休日の山の日で、私のお盆休みも今日から15日までの5連休です。
ご先祖様が帰ってくるお盆を前に、今日は庭のツツジの剪定に励みました。

e0349817_17071785.jpg

今日も最高気温が29.6℃暑かったからね~
剪定も7時ごろから始めたのですが、終わったのが10時半ごろ。
もう全身汗だくですよ。

e0349817_17072439.jpg


わが家のカット形状は「萩の月風」
スキ刈りの技術は無く電動カッターで刈りこむだけなんですけど、
なにせ数が多いものだから。
花が終わって来年の花芽が出る前に刈れば、暑い想いをすることも無く
いいんだけど、なかなかヒマもなくて・・・。

e0349817_17073078.jpg


出来栄えのチェックは愛息子さんぽ。
「父ちゃん暑いから早く終わりたくて手を抜いたね、
ところどころ虎刈りになってるよ。」
チェックは厳しい025.gif

e0349817_17074701.jpg



オニユリもそろそろ終わり気味。

e0349817_17075919.jpg


代わりに秋の花のコスモスはずいぶん咲いてきました。

e0349817_17092310.jpg

さんぽはというと、夕方になり日陰になった玄関でゴロゴロ。
私が近づくとお腹をなでてくれと仰向けになってさいそくです。
まだまだ甘えん坊の息子です。






by kurikoma-photo | 2016-08-11 18:27 | わが家の情景 | Comments(0)

8月7日の日曜日は、私にとって初めての栗駒山ガイドでした。
ガイドする皆さんのも登山は初めてのみなさん。
うまく案内できるかなと二日前から夜も眠れず。
ご案内した皆さんは子供の頃の遠足気分で先日は眠れなかったとか、
似てるようで全く違うワクワク感で当日を迎えました。
e0349817_21140394.jpg


9時に登山口のいわかがみ平で待ち合わせ。
空は快晴です。
平地ならば暑くて外にはいられないところですが、
山の上は気持ち良い風が吹いています。
コースは東栗駒山コースを登り、下りは中央コースです。
時間通り皆さん到着。
さあいよいよ出発です。

e0349817_21142087.jpg


東栗駒山コースを選んだのは、変化に富んだコースだったからですが・・・
プチ沢登りを楽しむ予定だった新湯沢ですが、
沢には水は流れていませんでした。
こんなこと私も初めてです。
冬の積雪の少なさと最近の好天続きのせいでしょうかね~。
沢はおぶって渡ることも考えていましたが拍子抜け。

e0349817_21143039.jpg


沢を過ぎ灌木の林を過ぎれば展望の良いコースになります。
参加者のみなさんお待ちかね、栗駒山の雄姿が眺められます。
これをお見せしたくてこのコースをご案内しました。

e0349817_21143954.jpg


東栗駒山山頂で集合写真。
私よりちょっと年下の女性4人と、そのお一人のご主人とご家族。
家族みんなで登るなんて仲の良いご家族ですね。
でもこの若者たちがいたので今回は大いに助かりました。
途中登るのが苦しくなった方の荷物を持ってくれたり、
若者らしい会話で和ませていただきました。ありがとうございました。

e0349817_21145297.jpg

「秋のお彼岸頃になると東栗駒山から見る紅葉は日本一の紅葉になるんですよ」。
と私が去年撮った証拠写真も見ていただきつつ、
登山道の両脇の草紅葉も、黄色く色づいた葉っぱが太陽にキラキラ輝いて
そりゃもうきれいなんだからと自慢話しを・・・。
また秋にも登りたいとみなさん。



e0349817_21151012.jpg


今たくさん咲いているのはこの花、
ハクサンシャジンです。(帰ってから調べました)
キキョウ科らしい紫色の花がほとんどでしたが、これは白い花でした。


e0349817_21152057.jpg


エゾオヤマリンドウも咲き始めていましたね。
山はもう秋の始まりです。

山頂でお昼を食べていたら急に雲が増えてきました。
山頂を速いスピードで超えて行く雲も初登山のみなさんには新鮮な風景。
喜んでいただいた様子です。
もっと頂上からの風景を紹介したかったのですが、
真夏の時期は里にも山にもモヤがかかって遠望はききませんでしたね。
急に雲がかかってきたのであわてて下山。


e0349817_21154147.jpg


頂上直下には夏の花、キンコウカの群落も有りました。

e0349817_21155550.jpg


世界谷地にも咲く黄色い小さな花。
可愛いですね。


e0349817_21161403.jpg


下山途中。
「さっきまであそこ(頂上)にいたんだよね~、信じられない~」。
と、要所々々で立ち止まりながら、写真を撮りまくりのみなさん。

どんな風景にも新鮮な感動を表現してくれたみなさん。
私も忘れがちだった栗駒山の良さを見直させてくれました。
拙いガイドでしたが、栗駒山の良さを感じていただけましたか。
実際に自分で見る風景は私の写真の100倍も感動します。
ぜひまた登ってみてくださいね。








by kurikoma-photo | 2016-08-10 22:46 | 栗駒山 | Comments(0)

今日は人生初の登山ガイドをしました。
栗駒山の東栗駒山コース
友人とそのご家族の7名でしたが、なにせ素人ガイド、
体力的つらさは無かったのですが、やはり気は使いますね。
一方で初心者のみなさんの初登山への楽しさと辛さと、
いろんな面を学ばせてもらいました。
その詳細は長くなりますので次回紹介します。

今日は登山の疲れを癒すべく帰りに寄った駒の湯温泉さんです。

e0349817_22493145.jpg


とりあえずは温泉で汗を流させてもらいましょう。
ぬるめでかけ流しの温泉がこの時期にちょうどいいですね。
去年温泉を復活させた駒の湯温泉さん。今年は休憩所を新設。
そこに飾る栗駒山の写真についての打ち合わせもさせてもらいました。
間もなく休憩所もオープンします。
ぜひ温泉に入りに来てください。

e0349817_22493890.jpg


今日、いっしょに登っていただいた皆さん、
帰り道の中央コースでかわいいと好評だったこの花の名前ですが
ウメバチソウでしたね。
また一つ花の名前を覚えました。








by kurikoma-photo | 2016-08-07 23:12 | 栗駒山 | Comments(0)

母校の同窓会開催

今日も暑い一日でしたが、8月の第一土曜日の恒例となりました、
母校、岩ヶ崎高校の同窓会が今年もベルディ栗駒さんで行われました。
総会の部はすんなり終了しメインの懇親会に。

e0349817_22135458.jpg


葛岡同窓会長の挨拶。
一年間お疲れさまでした。また1年よろしくお願いします。

e0349817_22140351.jpg


昭和62年卒の当番幹事代表の挨拶。
ここまで準備から運営までお疲れさまでした。

e0349817_22141144.jpg


高橋前校長の乾杯の音頭で懇親会突入。

e0349817_22141956.jpg


在校生の合唱部のみなさんのコーラスのアトラクション。
おっ、男子が二名いるぞ。
ポピュラー2曲と岩ヶ崎高校、鶯沢工業高校の校歌を披露。
校歌では出席者もいっしょに手拍子と合唱。

e0349817_22143008.jpg


やっぱり校歌を歌うと盛り上がりますね。
歌い終わり70名を超える出席者が一斉に拍手。
一番手前のおじさんは私の同級生、四ノ宮君です。

e0349817_22143874.jpg


昨年野球部が県大会でベストエイトに進出したことを記念し、
過去48年前にベストフォーまで進出した、
昭和42・43年卒の野球部OBのみなさんが特別招待されました。
この後、ハイルザームに行ってOB会をするとか。
楽しみですね。

e0349817_22144814.jpg


長老のみなさんも相変わらずお元気です。
にぎやかに談笑中。何よりですね。
私も、東京市部の佐々木支部長、長沼幹事長はじめ、
多くの方と話をさせていただきました。
ブログ見てるよと数名の方に声をかけていただいたのがうれしかったです。

e0349817_22145859.jpg


会場入り口には、今日から始まったリオデジャネイロ・オリンピックに
出場する同窓生、秋山選手のポスターも置かれていました。
もちろんこのことも大きな話題になっていましたよ。
ぜひメダルを獲ってほしいな~とみんなの声。

そんなこんなで宴も終了。
二次会のお誘いもありましたが、
明日は友人たちと栗駒山に登ることになっているので、残念でしたが
真っ直ぐ家に帰りました。

楽しい同窓会でした。
今回出席できなかった同窓生のみなさん、ぜひ来年は参加しましょう。








by kurikoma-photo | 2016-08-06 22:49 | 日々の出来事 | Comments(0)

暑い一日の夕暮れ

今日も暑かった栗駒地方。最高気温は33.6℃になりました。
昨日今日と炎天下の中で外仕事。
大汗はかくは、日に焼けるわでまいりましたよ。
でも帰宅途中、栗駒の里に入るころには夕焼けと涼しい風が吹いてきます。

e0349817_21160694.jpg


ちょっと明るくなりすぎましたが、夕暮れの栗駒山を眺めて。
鶯沢袋地区から。

e0349817_21161301.jpg


稲にも花が咲き穂が出始めてきました。
順調な米どころの風景です。

e0349817_21162115.jpg


家に帰るやいなや、母が・・・
今日、さんぽが捕まえてきたというキジバトをご披露。(すでに死んでいます)
スズメはよくあるが、キジバトは始めて。

e0349817_21163003.jpg


「そうだよ父ちゃん、ぼくがとってきたんだよ」と自慢げなさんぽ。
トマト畑でじっと静かに待ち、トマトを食べに来る鳥をねらっているようだ。

e0349817_21163836.jpg


「まあ僕にとっては、朝飯前の仕事だけどね」
と余裕すら感じるポーズ。
婆ちゃんに聞くと夕飯前に涼しくなってから捕って来たとか。
暑い日中は家の中の涼しい所を探して昼寝三昧らしい。
暑さに負けず元気な愛息子に一安心です。




by kurikoma-photo | 2016-08-05 21:35 | わが家の情景 | Comments(0)

今夜はくりこま山車まつりの宵祭りで見かけた人々を紹介します。
e0349817_22482616.jpg
会場に入るなり栗駒神輿さんが記念撮影中。
神輿乱舞が始まる2時間前からお酒も入っている人もいて気合を入れていますね。
e0349817_22483691.jpg
てなわけで私も、気合を入れましょうね。
この時期珍しく三陸の牡蠣を焼いている屋台が有ったのでいただきましょう。
焼いてるお姉さんの笑顔もかわいかったのでね。
e0349817_22491314.jpg
ハイボールで美味しくいただきました。
さてこれで私もお祭りモードだ。
e0349817_22495036.jpg
「おいみんな、ちゃんと山車引っ張ってよ」
と言ってるような気合の入ったお嬢ちゃん。
e0349817_22492563.jpg
お囃子組のお姉さんも、笛と太鼓で景気付け。
e0349817_22504160.jpg
こちらのお嬢さんもずっと笛と太鼓を鳴らし続けていました。
好きなんだね~。
e0349817_22501310.jpg
神輿がやってきました。
e0349817_22502682.jpg
おいおいお嬢さん、威勢がいいんだけど神輿が肩に乗ってませんけど。
e0349817_22505221.jpg
こちらではお囃子隊の若手男性陣が、商工会長の菅原さんから
太鼓の早打ちの指導を受けていました。
お囃子の見せ場だからね伝承してほしいね。

残念ながら翌日の本祭りは用事で見に行けませんでしたが、
今年も充分楽しませてもらいました。


by kurikoma-photo | 2016-08-03 23:15 | イベント | Comments(0)

7月30・31日と栗駒岩ヶ崎の城下町では
「くりこま山車まつり」が開催されました。
一番賑わう宵祭りは毎年見逃しません。
e0349817_21562679.jpg


夕方4時半。諸々の用事をこなし駆けつけます。
岩ヶ崎馬場通りは、夕闇が近づきつつ祭りへの期待感が高まってくる時期です。

e0349817_21563970.jpg


私もひとまず展示されている山車を眺めて歩きました。
六日町の今年の山車は勧進帳です。
ていねいに造られた山車はさすがだなと思いましたが、
長年、山車まつりをリードしてきた六日町、今年は少しおとなしかったですね。

e0349817_21565248.jpg


六区は上小路でしたでしょうか。
大河ドラマ「真田丸」の風景でした。

e0349817_21570071.jpg


さて今回の祭りで感心したのは四日町の山車です。
山車格納庫からはみ出すほどの大きな山車。

e0349817_21571342.jpg


夜間巡行で練り歩いてもこの鬼の迫力はすごかった。
青森のねぶたを感じさせますね~。

e0349817_21572777.jpg


祭りの前から、頭に角のカチューシャをのっけた人が多いなと思ったら
四日町のみなさんだったんですね。
去年の狐の嫁入りの山車にちなんだ狐のお面につづき、今年鬼の角でした。
山車まつりのニューウエーブですね。
来年も楽しみです。

e0349817_21574785.jpg


田町のみなさんには祭り本来の楽しさをみせてもらいました。
みんなで人力で引っ張る山車。

e0349817_21584950.jpg


山車を引くこと自体が楽しい、それが山車まつりだと思っています。

e0349817_21590775.jpg


山車は「花坂爺」
小判をくわえたポチがかわいいね~。

e0349817_21592258.jpg


上野地区は築館の杉薬師のいわれを山車にしました。

e0349817_21593425.jpg


こしらは七区の「かもとり ごんべえ」
ごんべいはどこにいるかって?

e0349817_21594747.jpg


一番先頭でかもをつかまえていましたよ。
意外な人形の、おもしろい写真です。

今年も趣向を凝らした山車を楽しませてもらいました。
また来年を期待しています。







by kurikoma-photo | 2016-08-02 22:38 | 栗駒の里 | Comments(0)