栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

<   2016年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

想い出の山 燧ケ岳

想い出の山シリーズ第二弾です。
2007年の7月に白神岳に登り、翌8月7日には、
こちらもかねてより憧れだった東北の最高峰「燧ケ岳」(2356m)
に登りました。
もちろん尾瀬にも行きましたよ。
尾瀬にニッコウキスゲが咲く頃と秋の紅葉の時期は一番混む時期なので
それを外して、8月にしました。
福島県桧枝岐村側の御池登山口に前の日の夕方到着
車中泊して翌朝6時に出発。
森の中をしばらく登ると・・・

e0349817_21412671.jpg


目の覚めるような美しい湿原が現れます。
登山の途中で、こんな広くて美しい湿原みたこと無かったので感激。
登山道には何か所も湿原があるんですね。
登りのつらさなんか吹っ飛びますよ。

e0349817_21414845.jpg


池塘もたくさんあってね。

e0349817_21420425.jpg


歩いてきた湿原を何度も振り返ったりして。

e0349817_21421610.jpg


田代というのが湿原の事だと知りました。

e0349817_21422690.jpg


モウセンゴケがたくさん咲いていました。
他にも花は咲いていたのですが、当時は花をめでる優雅さも無く・・・。

e0349817_21423681.jpg


池塘の周りがモウセンゴケで真っ赤になっているのを見て驚くのがせいぜい。
もったいなかったな~と今になって思います。

e0349817_21424649.jpg


燧ケ岳は双耳峰。最初のピークに登って、さてもうひと踏ん張り。

e0349817_21425645.jpg


山頂から見下ろす尾瀬沼大きいね。
翌日に訪れるのが楽しみでした。

e0349817_21430517.jpg


そしては反対側を見ると広大な湿原尾瀬ヶ原が広がっています。
尾瀬ヶ原を介して向こうには至仏山(2228m)が見えます。
念願の東北最高峰に登ってテンション上がりました。
この日はまっすぐ尾瀬ヶ原に降りて至仏山手前まで往復し湿原を楽しむ予定。
おお~い、いまから行くから待ってろよ~!

次回、尾瀬ヶ原篇につづく・・・


この時もカメラはCanonのコンパクトデジカメ IXYでした。



by kurikoma-photo | 2016-07-14 22:34 | 登山 | Comments(0)

昨日今日と暑い日が続きました栗駒地方。
今日は最低気温が15℃で最高気温が28℃という温度差が大きい一日でした。
いつもは毛布一枚で寝る私、朝は寒くて目を覚ましましたよ。
今朝の栗駒山です。

e0349817_21022446.jpg
この辺は栗駒尾松の稲屋敷と清水田(しずた)の境目あたりかな。
早朝の田園風景と栗駒山、さらに文字三山いい風景ですね。
今日も梅雨の晴れ間のいいお天気です。
e0349817_21024439.jpg
栗駒山の残雪も残り少ないですね。
残雪の左端が御室(おむろ)と呼ばれるお花畑のある所ですよ。
紅葉が始まるまで、春の花が残雪の後退とともに次々と咲いて行く楽しい場所です。
e0349817_21030918.jpg
栗駒山の恵みの田んぼです。
ずいぶん大きくなりましたね、8月になったら稲穂も出てくるとは思いますが
今年は梅雨が長引く予想。
冷夏にならなければいいなと心配しています。

仕事になると大変ですが夏は暑くなってこそ夏ですよね。
お手柔らかな夏になってくれることを望みます。





by kurikoma-photo | 2016-07-12 21:20 | 栗駒山 | Comments(0)

胆沢ダムで考える

今日は急に真夏がやってきまして,
栗駒の里は28℃と温度的にはそれほどではありませんでしたが
陽射しがあると体感温度も違いますね、暑かったあ~!

私もおとなしく家にいるわけもなく、おそらく今が見頃の
一関の「みちのくあじさい園」あたりに行こうかなと思っていたのですが
いま一つその気にならず、
(やっぱり人気観光地の人ごみが苦手な栗太郎です)
岩手県奥州市の胆沢ダムに行ってきました。

e0349817_20403298.jpg


胆沢ダム。平成24年に完成したばかりの新しいロックフィルダムです。
ダムと同時にわざわざ造られた展望台から眺めて見ました。
天気が良ければ向かって左に焼石岳が見えるようです。
二枚の写真を合成したのですがダムの全容の五分の一しか写せませんよ。

貯水量では日本で33番目に大きいダムです。
岩手県では北上市の田瀬ダム(日本で30番目に大きいダム。遠野の猿ヶ石川の流域)
に次いで二番目の大きいダムで、
宮城県で一番大きい七ヶ宿ダムの1.3倍も有ります。

e0349817_20411103.jpg


まあね、展望台からも全容は見えませんから。
奥の方はまだまだ続きます。
かつてここには石淵ダムが有ったのですが、はるかに9倍も大きい
胆沢ダムがすっぽり石淵ダムを飲み込んでしまいましたよ。
9倍の大きさが水沢・胆沢地区に必要だったんでしょうか。

e0349817_20405154.jpg


焼石岳への登山口の一つ、中沼登山口への分岐点。
花が咲き誇る今月中に登ってみたいんですが、お天気はどうかな~。

e0349817_20432792.jpg

周囲の自然にはなじまない大きなダムの堤体。
その下のダムからの水が流れる川、胆沢川ではこんな光景も。
e0349817_20441993.jpg

今年行われる国体で、カヌー・スラロームの競技が行われる渓流が有ります。
今日も練習する人の姿が見られました。
出来たばかりのダムですから、今はまだ水もきれいでしょうね。
e0349817_20442816.jpg

大きなダムにはダムを横断する橋も二か所に有りました。
中央のにある山は猿岩です。

旧石淵ダムの頃はシンボル的な山でした。
山腹を貫く素掘りの隧道があって、車一台がやっと通れるトンネルでした。
そこを抜けるとダムにそそぐ清流があってね、
そのそばには天然のキャンプができる河原があって、
夏になると家族で川で泳いだり、キャンプをしたりす河原の広場が有ったんですよ。
管理されたキャンプ場ではない自分の技量で楽しめるキャンプ場が有ったんです。
釣り好きの人はそこから沢をさかのぼってイワナ釣りをしたり。
知る人ぞ知る自然の楽園が有ったんですよ。
e0349817_20443664.jpg

トンネルも水の下になって猿岩も悲しそうだな~。
ダム造りの言い訳に展望台を造り、一関市の祭畤(まつるべ)から
このダムに通る道を造りました。
その代わりに多くの森と動植物と自然に親しもうとする人々の心を犠牲にしたんですね。
本当にこんなに大きいダムが必要だったんでしょうか、国交省と小沢さん。







by kurikoma-photo | 2016-07-10 22:04 | 日々の出来事 | Comments(0)

今日は土曜日でしたが通常出勤日でしたわが社。
しかし、歯医者さんの通院のため午後から早退させてもらいました。
今日も朝から雨、午後になって雨が止んだと思ったらまた降ってくる
梅雨時のお天気です。

e0349817_20445158.jpg


歯医者さんも済ませ、5kmのジョギングも済ませ。
晩酌も済ませた6時半。
栗駒の里のわが家にやっと青空も見せてくれました。
酔っ払い加減でカメラを持って近所の散歩です。

e0349817_20445901.jpg


今年はどこに家のカボチャも元気がいいですね。
カボチャは面積を取るので、休耕中の畑などで多く植えられています。

e0349817_20450714.jpg


緑の中にカボチャの緑。
カボチャは強いね~。どんな状況でもカボチャの花は咲くんだね。
だけど長雨には弱い野菜もあります、喜んでばかりもいられないのが農家のみなさんです

e0349817_20451932.jpg


近所の庭の桔梗の花。わが家より早いな~。

e0349817_20452674.jpg


わが家の桔梗は咲き始めたばかり。結構大きいんですよ。
いいのいいの、自分のペースで咲いてくれればそれでいいんですよ。

e0349817_20453755.jpg


こんなカラフルな花も有りました。

e0349817_20454750.jpg


今日のベストショット。
複雑な花の名前は忘れましたが、
野原に美しく咲く花があればそれでいいじゃありませんか。

e0349817_20455833.jpg


落ちは、我が家の庭のバラの花越しにたたずむ
愛息子さんぽの後ろ姿です。
風情があると思うのは親バカだからでしょうね。




by kurikoma-photo | 2016-07-09 21:15 | わが家の情景 | Comments(0)

想い出の山 白神岳

私がブログを始めたのが2008年9月からです。
岩手・宮城内陸地震の当時の写真を振り返えって眺めていると、
ついつい昔撮った写真を眺めて見たくなるんですね。
ブログネタが無くなった時、想い出シリーズとして少しづつ公開します。

第一弾は秋田県の「白神岳」です。

e0349817_22060581.jpg
2007年7月、ちょうど今頃の時期です。
登山道から見る青い日本海と深浦町の海岸線がきれいで印象的でした。
五能線走ってるんだろうな~なんて思いながら登ります。
2007年の春に私の初めての一眼レフカメラを買ったのですが、
まだ使い方も判らないので、この時のカメラはキャノンの
コンパクトデジカメIXY(イクシー)でした。
e0349817_22061412.jpg
望んでいた白神岳に登れてうれしかったですよ。
世界遺産の白神岳は、私にとっては神秘の山であり長年の憧れでしたから。
稜線の草原と咲き誇る花々がきれいでしたよ。
e0349817_22062551.jpg
イブキトラノオとニッコウキスゲが競い合うように咲いていました。
懐かしい風景です。
e0349817_22063429.jpg
山頂にある避難小屋です。
小屋を支えるつっかえ棒がすごいなと感心した覚えがあります。
日本海側にあり冬は雪も風もすごいんだろうな~と思いましたね。
e0349817_22064510.jpg
男鹿半島方面に目をやると、雲の間からうっすらとそれが見えるようなお天気
梅雨時ですからしょうがない。
それにしても周りを見渡しても山・山・山
ブナをはじめとした広大な森がここにあるんだ、
白神山地の大きさに感激したものです。

この登山の2年前に亡くなった、私と同じく山好きだった下の弟。
病床で、「病気から全快したら白神山地に二人で行こうな」と約束していましたが
望みはかないませんでした。
遺影をたずさえていっしょに登りました。









by kurikoma-photo | 2016-07-08 23:03 | 登山 | Comments(0)

7月7日、七夕の夜ではありますが小雨が降っています栗駒の里。
今日は最高気温も21℃にしかならず肌寒かったね~。
しかし時は確実に夏に向かってる・・・はずです。
夏はお祭りの季節
といえば・・・

e0349817_21361818.jpg


「くりこま山車まつり」
じゃあ、ありませんか!(決して、「くりこまやま、くるままつり」ではありません)
「くりこまだしまつり」です。
今年は7月30日が宵祭り、31日が本祭りです。
宵祭りが人出が多くて、旧栗駒町の現在の人口11,000人の倍の
20,000人超の人が一夜に訪れます。
徐々に詳細をお伝えしましょう。







by kurikoma-photo | 2016-07-07 21:50 | イベント | Comments(0)

栗駒山と夕焼け

今日は29℃超えの栗駒地方でしたが、夕方になって冷えてきました。
そんな帰り道、栗駒山と夕焼けがきれいでした。

e0349817_21345542.jpg


築館の警察署の裏の田んぼの中を通る道から栗駒山方面を。
帰り道この夕日を見つけ、早くどこか車を停められるところ、
と思って4号線から外れて撮影。
あいにくCanonのコンパクトデジカメG16しかなく気を付けて撮影。

e0349817_21350226.jpg


あえて山を真っ暗にして雲のグラデーションを強調しました。

e0349817_21350825.jpg


場所を変えて広角めで。
雲が大切な役割をしてるんですね。
なかなかこんな夕焼けには巡り会えません。
こんなチャンスに備えて一眼レフ常備してないとダメかなあ。




by kurikoma-photo | 2016-07-04 21:50 | 栗駒の里 | Comments(0)

今日は午後から青空も出てきて28℃超えとなりました栗駒地方。
蒸し暑かったですね。
こんな日は冷たい物が欲しくなりますが。
土里夢(どりーむ)さんのシャーベットをお勧めします。

e0349817_20085738.jpg


6月19日の日にも姪っ子ナナ親子やマーちゃんを連れて来て、
ずんだシャーベットの濃厚な美味しさにみんなで驚きましたが、
さて今日は何を食べようかな。
と考えながら、栗原市一迫の丘の上の工房兼お店に到着。


e0349817_20092226.jpg


こじんまりしたかわいいお店です。
東京から移住してきたご夫婦二人で経営しています。

e0349817_20093533.jpg


いつも笑顔で迎えてくれるお母さんと話しをするのも楽しみの一つです。
実は土里夢さんは6月末にテレビ朝日の人気番組「人生の楽園」
(西田敏行さんと菊池桃子さんがナレーターのやつです)
の収録が1週間行われたそうで、
「朝から晩までカメラに追われるのって本当に大変だったのよ、
女優さんの気持ちがわかったわ」なんて収録秘話も話してくれました。

e0349817_20094446.jpg


シャーベットはいろんな種類があります。
イチゴ、モモ、ビワ、うめ、ブルーベリー、柿、ずんだ、
甘酒なんていうのも有りますよ。
地元で採れるものを使って作っているそうです。
今年から仙台三越のお中元のカタログにも載って、
のんびりするために田舎に来たのに大忙しになっちゃって・・・
と笑ってました。

e0349817_20095785.jpg


私はまだ食べていなかったブルーベリーを注文。(300円)
お店で食べるときはコーンにのせていただきます。
持ち帰りや発送用にカップに入ったものもありますよ。
このブルーベリーのシャーベットの濃厚なこと。
ブルーベリーそのものを食べているような感じで、ねっとりしっとり。
美味かった~!

e0349817_20102082.jpg


玄関先には八鹿踊りの陶器の人形が置かれていたり。

e0349817_20102983.jpg


壁には栗駒山の写真の第一人者、佐藤貢さんの栗駒山の写真が・・・。
栗原に縁もゆかりも無かったご夫妻が、栗原の自然や文化に
馴染もうとされる姿が良くわかります。
お二人がなぜ栗原に住むことになったのか、
シャーベットを造り始めた理由などは、7月下旬に放送される予定の
「人生の楽園」宮城県では東日本放送の土曜日午後6時放送ですね。
ぜひご覧くださいね。

お店の場所は、一迫と栗駒の境目のところで道は判りにくいので住所を紹介します。
「土里夢」 宮城県栗原市一迫片子沢上権平20-2




by kurikoma-photo | 2016-07-03 21:15 | お薦めの美味しいもの | Comments(2)


世界谷地の花情報って、もう花の季節は終わったんじゃないの。
って、ニッコウキスゲが終わったら、この湿原には花が無いんじゃないの
と思う方が多いんでしょうねえ~。
とんでもないここからまだまだ花の季節は続きますよ。

e0349817_20103816.jpg
登山道途中の木イチゴでしょうかね。
美味しそうです。
e0349817_20105134.jpg
世界谷地手前の朽ちた木に寄生するあじさいに似た花
みんな強いね。
どんな境遇に逢っても生きていられる強さを教えてもらいました。
e0349817_20110226.jpg
世界谷地、二週間前のニッコウキスゲはもうありません。
じゃないんですね。
e0349817_20111508.jpg
ニッコウキスゲに代わり
湿原を覆うこの黄色は・・・
e0349817_20112516.jpg
キンコウカです。
e0349817_20113698.jpg
黄色い小さな花が一本の茎の下から上につぎつぎ咲いていくキンコウカ。
e0349817_20122723.jpg
サワランも二週間前の湿原よりもたくさん咲いています。
e0349817_20124005.jpg
湿原の片隅にはトキソウが咲いていました
二週間前は本当に咲いたばかりのトキソウでしたが、今日は・・・
e0349817_20181112.jpg
クッキリと咲いていました
かわいい花です。
世界谷地の花は今も見頃ですよ。







by kurikoma-photo | 2016-07-02 20:58 | 栗駒山 | Comments(2)