栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

<   2016年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今日から梅雨入りしました東北地方。
そんなことにはめげず、
昨日お伝えしました東栗駒山の続編です。

e0349817_21413560.jpg


ミヤマキンバイが咲く、ちょっと急だけど距離が短い最後の登りを
がんばって、稜線にたどり着くと・・・

e0349817_21414499.jpg


素晴らしい光景が待っていました。
ミヤマキンバイ、ちゃんと咲いていますよね。
岩場に咲く花と栗駒山山頂を眺めて。
こんな写真が撮りたかったんです。

e0349817_21420621.jpg


この日の私のゴール、東栗駒山山頂(1434m)です.

e0349817_21421977.jpg


頂上の稜線上はほとんど高低差の無い天上の小道です。
登りで汗をかいた火照った体をさましてくれる、
さわやかな風が吹いていましたよ。
ミヤマキンバイが道の両脇に咲いています。
ここで私も休憩です。
リュックを下ろして、一休み~
がてら、500mmの望遠レンズを撮り出しあちこち眺めて見ました。

e0349817_21422970.jpg


栗駒山山頂は入れ替わり登山客が訪れていましたよ。
さすが500mm、クッキリ見えますね。

e0349817_21423850.jpg


頂上からの稜線の風景、岩手県の須川コースからの登山者でしょうね。
良く見えました。

e0349817_21424802.jpg


そしてこれは山形の名峰「月山」です。
さすがです、栗駒山とは比べ物にならないほどの雪が残っていますね。
広いすそ野を持つ山ですね。いつか登ってみたいな~。

e0349817_21471272.jpg


岩場に置かれた花束のようにミヤマキンバイが咲いていました。
みんな強いですね。

e0349817_21425780.jpg


同じ写真から花の部分だけトリミング。
花は白とび加減ですが、これだけはっきり写っているのはレンズのおかげです。

e0349817_21433023.jpg


いや~もうたっぷり楽しませてもらいました。
やっぱり山はいいですね。

このまま登って来た道を降りて行きました。







by kurikoma-photo | 2016-06-13 22:27 | Comments(0)

昨日はお天気も良く絶好の登山日和じゃありませんか。
こんないいタイミングの休日を見逃す栗太郎ではございません。
かねてより写真仲間のもんもん文字君から、
(リンクしています「栗駒山と登山」の筆者です)
初夏の東栗駒山に群生するミヤマキンバイは見事ですよ。
と聞いていましたので満を持して行ってきました。

e0349817_20212267.jpg


朝7時半の登山口いわかがみ平です。
もう最高の晴天!
この時点で暑かったので日焼け止めを塗り半袖のいでたちで登ります。
左に見えるレストハウスの左に行けば中央コース
右に行けば東栗駒山コースです。

e0349817_20213437.jpg


登山道は溶岩の上に粘土質の土が覆いかぶさった
滑りやすい土質。
アルミはしごが何か所に設置されているので注意して行きましょう。
昨日はほとんど乾いていたので滑ることも無く大丈夫でした。

e0349817_20214742.jpg


でもね、登山道にはいろんな花が咲いていて楽しいですよ。
わたしの好きなコイワカガミの花です。
かわいいですね。

e0349817_20215723.jpg


おっ、ヒナザクラか、と思ったら。
これはミツバオウレンの群生だ~。
奥羽山脈ではおなじみでしたね。

e0349817_20220782.jpg


アップになるようトリミングしました
この花ももかわいいですね。

e0349817_20221974.jpg


このコースの名物、新湯沢のプチ沢登。
と思ったらまだ雪渓が残っていました。
踏み抜かないように雪が厚い所を選んで登ります。

e0349817_20222500.jpg


懐かしい沢の顔も見せていましたよ。
本当に注意して登りましょうね。
この辺からまた低木の登山道を登ります。
そして展望が開けるとこんな素晴らしい風景が広がります。

e0349817_20224222.jpg


向こうは栗駒山の山頂です。
そしてここから今回の目的のミヤマキンバイの花がたくさんありますよ。
ほら,あちこちに黄色い花が見えるでしょ!
といっても小さい花なので見えにくいですよね。

e0349817_20225375.jpg


こんな感じで特に登山道の両脇にたくさん咲いています。
ミヤマキンバイはバラ科の花なんですね、砂礫の地を好むそうです。
三陸海岸で同じバラ科で砂地を好むハマナスを思い出しますね。
ハマナスも咲いている時期だろうな。

e0349817_20230058.jpg


東栗駒山とミヤマキンバイの集団です。
そりゃもうきれいでしたよ。
登らないとその素晴らしさは判りません。
(意地悪な言い方ですがそうとしか言いようがないのです。ごめんなさいね)
私の写真ではなかなかね~。

e0349817_20230777.jpg


東栗駒山の頂上に向かう途中の岩場です。
ここにもミヤマキンバイが咲いていますが、よ~く見てくださいね。

この日も登山者の9割は中央コースを登っているようでした。
登山コースからしたら、このコースの方が変化に富んでいて楽しく、
なだらかなコースで登りやすいし、特に紅葉の時期は一望に紅葉が楽しめる
最高のロケーションのコースなんだけどな~。


さて次回は東栗駒山山頂周辺のミヤマキンバイの花を紹介します。
もんもん文字君に「紹介しすぎですよ」と言われるかもしれませんが(笑)。








by kurikoma-photo | 2016-06-12 21:46 | 栗駒山 | Comments(2)

今日は天気が良かったね~,でも暑かった。
栗駒の里でも30℃弱でしたが、体感温度はそれ以上でしたね。
さて私はそんな好天を逃すはずもなく、栗駒山の
東栗駒山に朝早くから登ってきました。
そりゃもうこの時期の東栗駒山を楽しんできましたよ。
ですがその報告はちょっと後にしまして・・・
お待ちかね、世界谷地の花の開花情報です!

e0349817_21111353.jpg


11時半頃、おじゃましました。
駐車場は一番上の所が満車に近いくらいの状況です。
登山道はすっかり夏の風景。
パパ、ママ、子供二人の家族連れが楽しそうに湿原に向かいます。

e0349817_21112211.jpg


世界谷地到着。
ニッコウキスゲは七分咲きくらいの開花状況です。
今年は茎の数が少ないようでちょっとさみしいな。

e0349817_21113135.jpg


でも夏の訪れを告げるニッコウキスゲは可憐ですよ。

e0349817_21113963.jpg


木道といっしょに撮ると味があるね。

e0349817_21114758.jpg


花の蜜を吸いに来る虫も、いとおしく感じます。

e0349817_21115533.jpg


ワタスゲは種を飛ばし始めていました。
来年はたくさん咲かせてくれよ。

e0349817_21120416.jpg


ウラジロヨウラクの花は、この湿原では大きくならないようです。

e0349817_21121373.jpg

今が世界谷地の花の最盛期なのかもしれませんね。
どうぞ来て見て行ってください。





by kurikoma-photo | 2016-06-11 22:29 | 栗駒山 | Comments(0)

虹の朝

今日は雨が降るということで、
二週間ほど雨が降っていなかったので畑にはいい恵みの雨になるなと思っていたら
実際に降ったのは正味数十分、しかもしとしと。
う~ん、土には滲みていないね。
明日はまた暑くなるようですが、
こんな風景が見えたらいいな~

e0349817_22192099.jpg


先週見かけた朝の虹です。
向こうに見えるのは大土ヶ森(336m)です。
虹は半分だけですが、クッキリ七色。
出勤途中でこんな虹を見たら何かいいことありそうだと思いますよね。

e0349817_22194547.jpg


稲も大きくなってきました。
苗代に山が映ることも無くなって来たかな。
どんどん夏に向かって行く栗駒の里です。

13日の月曜日は今度こそしっかり雨が降りそうです。
同時に梅雨入りの発表もあるかもね。






by kurikoma-photo | 2016-06-09 22:39 | 栗駒の里 | Comments(0)

駒の湯温泉は営業中

6月に入ったらもうすぐ梅雨が来ると覚悟はしていますが
今週辺りからはっきりしないお天気の栗駒の里です。
先日、世界谷地におじゃました帰りに
駒の湯温泉さんに寄ってみました。

e0349817_21535961.jpg


2008年の岩手・宮城内陸地震で土石流に飲み込まれた駒の湯温泉さん
歴史ある温泉も旅館も岩と土の下に埋もれてしまいました。
あれから7年後の昨年、小さくはありますが湯船を造り、

e0349817_21540931.jpg


温泉を再開しました。
かつての常連客のみなさんが訪れて和やかな雰囲気ではありますが
やはりお客さんの絶対数が少ないです。
ただ写真の手前に見られるように休憩室を建設中、
間もなく完成します。
完成すればゆっくり休めますので、どうぞいらしてくださいね。

e0349817_21542401.jpg


この日は特別に駒の湯温泉さんの源泉に案内してもらいました。
山腹の岩の間から湧き出しているんですね。
硫黄成分が豊富で、これが体に良さそうです。
これからの暑い時期、栗駒山に登った帰りに汗を流し、
疲れを取るにはいいですね~。

e0349817_21543707.jpg


内陸地震の発生した6月14日も間もなくやってきます。
慰霊碑近くは、いつも何かしらの花が咲く美しい場所です。
この地で亡くなられた7名の方のご冥福を祈って咲いているようです。
7名のみなさんは全て発見されています。
この慰霊碑から新しい駒の湯温泉さんの行く末を
見守っていただいているような気がします。
どうぞ、新生駒の湯温泉さんのお湯に入りに来てください。






by kurikoma-photo | 2016-06-07 22:29 | 栗駒山 | Comments(2)

以前速報でお伝えしましたが、私が所属します写真クラブ駒美会が
栗駒山山麓の湿原「世界谷地」で写真撮影会を行います。

e0349817_22232414.jpg


6月19日(日) 午前9時~11時
場所 世界谷地 現地
途中で入ってくるのも出て行くのも自由です
参加料  無料
雨天中止
問い合わせ先 会長 今野信夫
090-2796-0318

このポスターは私が作ったのですが、後になって
「咲き乱れるニッコウキスゲをいっしょに撮ってみませんか」
なんてキャッチコピーでも入れとけば良かったな~と後悔中。
相変わらずのセンスの無さです。

初心者の方もお気軽にご参加ください。
カメラの使い方、シーンに合わせた撮り方など教えます。

ベテランの方は獲った写真を見せあい、写真談義を楽しみましょう。



by kurikoma-photo | 2016-06-06 22:50 | 趣味 | Comments(0)

昨日行ってきました栗駒山の世界谷地、
ニッコウキスゲをはじめとした花の開花情報第二弾です。

e0349817_22140948.jpg
登山道の朴ノ木。
ずいぶん大きく緑も濃くなってきました。
花は終わったようです。
e0349817_22142083.jpg
登山道の下を見ると、夏の使者ギンリョウソウも顔を出しています。
急登から平坦な道に変わる右カーブを曲がって,すぐの道の右端
(世界谷地に向かってね)に有ります。
e0349817_22143889.jpg
さて世界谷地の状況は・・・
サラサドウダン、レンゲツツジは最盛期を迎えていました。
e0349817_22155385.jpg
レンゲツツジの濃いオレンジ色が際立っていましたよ。
さて、ニッコウキスゲですが。
本当に咲き始めといった程度のまばらな咲き方です。
e0349817_22145045.jpg
この一週間、肌寒い日が続きましたから
開花をためらったのでしょうかね~。
今年もよろしくね。
e0349817_22151416.jpg
咲いている花は可憐です。
先週お伝えした見頃予報は6月15日前後に変更です。
今後のお天気にもよりますけどね。
e0349817_22161560.jpg
ワタスゲもだんだんと大きくなり
モフモフ感が増してきました。

また一週間後に来てみます。



by kurikoma-photo | 2016-06-05 19:08 | Comments(0)

栗原市広報の6月号に今年で2回目になる
栗原ハーフマラソンの参加者募集の記事が載っていました。

e0349817_22323010.jpg


日時:11月13日(日)9時開会です。
申し込みは6月1日から始まったので
すでに私はインターネットで申し込みました。
今回は去年と同じ10kmです。
私にはこれくらいが合っています。
申し込み締め切りは8月31日です。
最近は栗駒の里でも朝夕にランナーを多く見かけるようになりました。
栗原市民ランナーのみなさん、みんなでいっよに走りましょう!



by kurikoma-photo | 2016-06-03 20:48 | スポーツ | Comments(0)

今朝起床し、身仕度など度との得ておりましたら、
窓の外を何かがノッシノッシと動いてるではありませんか。
なにかなと思ったら~

e0349817_12281196.jpg


ニホンカモシカではありませんか。
わが家に現れるのは2年ぶりくらいかな。結構来るんですよ。
急いでカメラを取りに行っている間に
裏庭から物置の後ろに移動し、珍しそうにこっちを見ています。
角が小さい所を見るとメスかもね。

e0349817_12282895.jpg


私を怖がる様子もなくまたゆっくり我が家の畑に移動してゆきます。
畑の端に生えている桑の葉を食べたりしてくつろいだ様子。

e0349817_12284098.jpg


我が家で植えたばかりの野菜には目もくれず、
おじゃましました~。と藪の中へと静かに去って行きました。
おとなしいニホンカモシカでした。
また来てよと言いたいほどだね。

e0349817_12285140.jpg


寝ているわが家の愛息子さんぽにカモシカ君が来たよと言ったら、
眠そうに手で顔を隠し、
「いつも会ってるよ、友だちだよ」
と言っているような気がした。



by kurikoma-photo | 2016-06-02 21:13 | わが家の情景 | Comments(0)

29日の日曜日は栗駒の里でもきれいな花の風景を眺めてきました。
いつもお世話になっている栗駒岩ヶ崎の歯医者さんの診療室から
2007年に廃線になった栗原田園鉄道の線路が見えます。
線路にはたくさんの花が咲いてるんですよ。
ドキドキ緊張しながらの歯の治療も、窓の外の花を見ると
少し心が和らぎます。(小心者なもので)
外からもっとよく見てみましょうね。

e0349817_12354921.jpg


おお~!
線路を埋め尽くすほどの花が咲いているではありませんか。
こんなに咲いてたんだ、きれいだな~。
ずっと遠くには文字富士と呼ばれる大土ヶ森も見えます。

e0349817_12360352.jpg


マーガレットが多いけど、ほかにもたくさんの種類の花が咲いてますよ。

e0349817_12361024.jpg


名前は知らないけど、かわいい花だね。

e0349817_12361944.jpg


芝桜でもないし・・・
密集して咲くとみごとだな。

e0349817_12362834.jpg


線路とマーガレット。
廃線となった線路は寂しさが漂うけど、花があると雰囲気が違って見えるね。
一人で暮らしている田舎のお爺さんの家に
孫娘が遊びに来たように見えます。

e0349817_12363686.jpg


歯医者さんの歯科衛生士さんお二人も一部花の手入れを手伝っているようで、
「もう少しすると〇〇の花も咲きますよ」と教えてくれました。
(花の名前は忘れてしまいました、すみません)
しばらく楽しませていただきますね。

e0349817_12364463.jpg


同じ場所を夕暮れに撮ったものです。
いい雰囲気ですね。
使われていない線路を花で埋め尽くすのもいいだろうな~。
手入れが大変そうだけどね。






by kurikoma-photo | 2016-06-01 21:17 | 栗駒の里 | Comments(0)