栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

<   2016年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

小出の里から

15日に行ってきました陸前高田の山里への旅
いよいよ目的地です。
矢作川の上流部、小出(おいで)の里です。
山里だったらどこにでもあるでしょ、
だいたい私の住んでるところも山里じゃないの
と言われそうですが、
ここにはこれがあるんです。
e0349817_12351611.jpg
矢作川上流の小出川です。
川底がすっかり見えるほどの清流が!
清流フェチの私にはあこがれの流れがあるんです。
栗駒の里を流れる三迫川が普通の窓ガラスならば
小出川、矢作川はクリスタルガラスなんですよ。
e0349817_12352725.jpg
小出の里では代かきも田植えも行われているのに、この澄んだ流れ。
里にはニジマスの養殖場もあります。
e0349817_12353704.jpg
里の真ん中にある湧水、「清水の湧口」(しみずのわっくつ)
ほんとにすき透っていて流れさえ見えないほど。
e0349817_12354857.jpg
この清水で畑で採れた赤カブを洗いに来た近所のおばちゃん。
この場所の、ぐるっと周囲から水が湧き出しています。
この湧水を中心に民家が立ち並んでいます。
豊富な水があるから人々が集まってきたんですね。
e0349817_12362833.jpg
水の中にはバイカモの茎と葉が青々と輝いていました。
もうしばらくすると水の中で白い花を咲かせます。
清流じゃないと育たないバイカモです。
e0349817_12360028.jpg
清流の脇に咲く淡い緑色の花。
花はアジサイに似ているんだけど
e0349817_12360980.jpg
清流に似合うきれいな花ですね。
と花に見とれていたら・・・
e0349817_12364100.jpg
首輪をつけた近所の飼い猫と思われるニャンコがやってきて
湧水の中を泳ぐニジマスの姿を追いかけていました。
姿は見えるけど水の中に入るわけにもいかず・・・
e0349817_12365142.jpg
結局あきらめて湧水の水をぴちゃぴちゃと飲み始めましたよ。
やっぱり猫も美味しいと判るんでしょうね。
「これを飲みに家から出てきたんだから」
と言っていたに違いない。
湧水のそばにある東屋で、しばし涼しい風に吹かれ
猫と清流を眺めていました。

e0349817_12370121.jpg
小出の里では今菜の花が満開でした。
ちょっと右上に白く見える屋根の建物が、廃校になった
旧小出小学校です。
ここに来る途中の牧場から見た陸前高田の最高峰
原台山の登山口でもあるんですよ。
もうすぐ山開きもあるはずです。









by kurikoma-photo | 2016-05-19 21:50 | 旅の風景 | Comments(0)

室根山の牧場へ

15日(日)のメインの旅の工程です。
陸前高田市矢作地区をめざします。

e0349817_07413484.jpg


一関市室根山の西側山麓の、のどかな田園地帯を経て
ぐるっと北側山麓に回り込んでゆくと

e0349817_07420105.jpg


一面緑の草原の、室根高原牧場。
ここは一関市大東になります。
陸前高田に行くときはこのコースがお気に入りです。

e0349817_07414650.jpg


青い空とタンポポが咲く牧場。
この風景を見ただけで、もう癒されますね。

e0349817_07421751.jpg


振り返ると室根山の山頂がすぐ近くに。
今日はまだ牛の姿が見えなかったのが残念です。

e0349817_07423042.jpg


遠くを見渡すと、右側に陸前高田の最高峰、原台山がすぐ近くに。
左には遠くかすんで早池峰山だ!

e0349817_07424362.jpg


アップしてみるとその雄大さが良くわかります。

おっと、忘れちゃいけないのは・・・

e0349817_07425075.jpg


我が栗駒山。
いつもとは違う角度からの風景ながら、いいですね故郷の山は。

しばらくこの天上の風景を眺めながら休憩してました。






by kurikoma-photo | 2016-05-18 20:29 | お薦めの風景 | Comments(0)

昨日の日曜日、いいお天気でしたね。
暑くもなく寒くもないさわやかな五月晴れ。
もちろんこんな日は出かけないといけないでしょ!

というわけで私の好きな陸前高田の清流と山里を観に行って来たのですが、
その帰りに寄った気仙沼の徳仙丈山のツツジの情報を
まず報告します。見頃が過ぎてしまいますからね。

e0349817_20490725.jpg
新緑とツツジの赤が美しい登山道。
気仙沼市のホームページで花が開き始めましたと聞いていましたが、
本当にまだ咲き始めたばかりで0.1分咲きと言った感じです。
でもお客さんはずいぶん来ていましたよ。
e0349817_20491385.jpg
第1展望台から見るツツジが原。
写真手前に咲いている花がある程度で、あとはつぼみでしたが、
魅了されるほどの赤です。
これが満開になったらどんなに素晴らしいでしょう。
e0349817_20492110.jpg
あえてつぼみだけを近くで撮ってみました。
いつ咲いてもおかしくないほど膨らんでいます。
e0349817_20493092.jpg
第2展望台からツツジ越しに気仙沼湾を望みます。
ちょっと霞んでいますが大島の亀山と、唐桑半島の早馬山が
兄弟のように並んで立っている姿がいいですね。

そして~
e0349817_20543228.jpg
ツツジ街道はこんな感じです。
満開の時のツツジの迫力は圧巻ですよ。
この辺りまでは今週中ごろから週末にかけてが
見頃になるんじゃないかと思います。
本吉側との合流点から山頂にかけては、
さらに1週間遅れで見頃になるかとおもいます。
明後日からずっと天気が良さそうなので、早まるかもしれませんが。





by kurikoma-photo | 2016-05-16 21:29 | お薦めの風景 | Comments(2)

地元小学校の運動会

今日は朝から天気が良かった!
そんな中、地元の小学校の運動会が開催されました。
地元の役員をしているので招待されましたが、
毎年楽しみにしているんですよ。

e0349817_21443020.jpg


新緑の中の運動会、お天気が良くてよかったね。

e0349817_21443827.jpg


姪っ子が小学生だった頃から
ずっと続けて出席させてもらってますから10年以上になりますね。
あの小さかった子がしっかりしたね~
なんて親戚のおじさん目線になっています。

e0349817_21445059.jpg


選手宣誓。
たしか45年前の私たちの頃は無かったな~。
しかし注目すべきは宣誓する児童ではなかった・・・。
壇上に立つ校長先生に注目。
「校長先生は紅組・白組、両方を応援しなくちゃいけない!
という訳で今日はこのシャツを着てきました・・・」

e0349817_21450060.jpg


上着を脱ぎ捨てると
なんと赤白のカラフルなシャツを披露。
児童たちはもちろん応援の父兄や爺ちゃん婆ちゃんからも大きな歓声が上がっていました
親近感あふれる石川校長先生です。

e0349817_21451543.jpg


自分の力の限りをつくし、
応援に来てくれたお父さんお母さんに見てもらおうと全力で走る子供たち。
1位でも5位でも関係ないですよ
がんばった記憶を大切にしましょう。

e0349817_21453564.jpg


ツツジの赤と新緑の黄緑色の下での運動会。
さわやかな初夏の風が吹いていました。






by kurikoma-photo | 2016-05-14 22:38 | 栗駒の里 | Comments(0)

田んぼに映る栗駒山

今朝起きるといい天気。青空と朝日がまぶしい。
風邪も無く、これはチャンスだなといつもより30分早く家を出て
向かった先は・・・

e0349817_21055040.jpg


えっ何だこれは!と思いますよね。

e0349817_21060657.jpg


田植えの済んだ田んぼに映る栗駒山です。
風邪の無い晴れた日にしか見られない逆さ栗駒です。
栗駒文字地区で見るものが一番雄大に見えますね。
稲が大きく育っても見られなくなるのでチャンスはそうありませんよ。

e0349817_21061485.jpg


明後日の15日(日)は夏山開きが行われます栗駒山。
3日に私が登った時より雪もだいぶ融けてきたようです。

e0349817_21112636.jpg


鶯沢の八沢地区からも、櫃ヶ森と中ノ森も入れての
逆さ栗駒です。
季節ごとにいい風景を見せてくれますね。





by kurikoma-photo | 2016-05-13 21:33 | Comments(4)

館山公園への道

私が季節ごとにちょくちょく訪れては自慢しております、
岩ヶ崎の城跡の公園「館山公園」
遅咲きの桜が見頃ですよとブログにアップしたら、
私が通っています歯医者さんの歯科衛生士さんが、
「行ってきましたよ、すごくきれいでした~」
と言ってくれました。
うれしいですね~、私のブログを見ていてくれたんですね。
ありがとうございます。
ただ、車での行き方が判らず栗駒小学校の近くから歩いて登ったとか
地元の人でも意外と知らない人が多い館山公園への道。
今回ご案内します。
e0349817_22162869.jpg
私が会社のCADを使って作った略図です。
図の上の方、鶴丸城跡、二の丸、三の丸、遅咲きの桜
と書いてある所一帯が館山公園です。
これでも判りずらいかも知れませんので写真でも紹介。
e0349817_22163744.jpg
一番わかりやすい栗駒小学校から行ってみましょう。
旧くりこま駅からまっすぐ北へ行くと栗駒小学校の正面に
背後にそびえるのが城跡の高台であり館山公園です。
ここを左折します。
e0349817_22164442.jpg
200m弱でT字路、ここを右折。
e0349817_22165287.jpg
50mほどで左折のクランク。
正面のシャッターが目印かな。
e0349817_22170267.jpg
クランクを曲がって100mほどでカーブミラーがあるT字路を右折します。
ここが一番わかりにくいかな。
e0349817_22172504.jpg
カーブミラーに館山公園と矢印が書いているので
確認して曲がりましょう。
e0349817_22173489.jpg
曲がってすぐがこんな感じ、
右側の上行寺の石碑も目印になりますね。
e0349817_22174472.jpg
そこから100mも行かないうちにまたT字路。
ここも右折です。
e0349817_22184100.jpg
正面のブロック塀にも館山公園の矢印が有ります。
曲がらないで真っ直ぐ行くと上行寺です。
e0349817_22185497.jpg
そこから300m弱ほどくねくねと登って行くとT字路、
カーブミラーに館山公園の矢印が有りますので確認してください。
ここを右に曲がるといよいよ館山公園です。
e0349817_22192093.jpg
少し行くとY字路に当たります。
右に行くと鶴丸城本丸でそちらにも駐車場が有りますが、
一度では曲がりきれないので、
左側の方にずっと進んで公園中央の駐車場に行きましょう。
e0349817_22193675.jpg
はい、ここが車で行ける一番奥です。
e0349817_22194825.jpg
ここの駐車場に停めて散策を楽しみましょう。
トイレもありますのでご利用ください。
ここから本丸跡の駐車場に向かうのもいいですね。
e0349817_22195561.jpg
公園の案内図です。結構広いですよね。
この駐車場は公園のほぼ真ん中にあります。
桜は終わりましたが、これからはツツジと、その後アジサイが見ごろを迎えます。
岩ヶ崎の街を見下ろしながらいろんな花を楽しんでみませんか。





by kurikoma-photo | 2016-05-10 23:04 | 栗駒の里 | Comments(0)

昨日は、早朝の文字めぐりの後は家の用事と
履きつぶしの冬タイヤのローテーションなどを済ませたら、はや夕方。
今日もおわりだな~と、
いつものジョギングコース、三迫川の河川敷公園へ散歩に。

e0349817_21241890.jpg
代かきや田植えが始まったのに、いつもきれいな三迫川。
夕方になって風も弱まり、半袖シャツで心地よいほどでした。
e0349817_21242543.jpg
その河川敷公園にあるのが、高山植物で知られます
サラサドウダンの木です。
その木になんと花が咲き始めていましたよ。
e0349817_21243373.jpg


公園にある池の上流側に有ります。
ねっ!まだ咲き始めの小さい釣鐘状の花です。
花の色も薄いのですが、これからだんだん花も大きくなり
花の色も赤味が濃くなります。

e0349817_21244124.jpg


さらにアップ。
栗駒山の山麓、世界谷地では6月初旬、
山頂でも6月下旬には見られる花なんですよ。
それが里でも見られるなんて貴重ですね。
ぜひ散歩がてら見てください。
かわいい花ですよ。






by kurikoma-photo | 2016-05-09 20:39 | 栗駒の里 | Comments(0)

文字の山から

連休疲れが残る週末の貴重な休日です。
お天気は良かったけど風が強すぎました栗駒地方。
遠景なら風の影響もないだろうと、早朝から栗駒文字地区へ。
e0349817_18501559.jpg
最近刈りはらわれた山の上から、文字地区を望みます。
文字地区の上の方ですね。
田植えも進む山里の風景もいいですね~。
さてそこから・・・
e0349817_18502920.jpg
荒砥沢ダムから深山牧場への道を行きます。
牧場入り口の新緑風景がきれいだったので一枚。
緑と青空が感動的でした。
e0349817_18503956.jpg
そして深山牧場。
緑いっぱいの牧場と栗駒山がいいですね~。
初夏の雰囲気・・・と思っていると。
e0349817_18504708.jpg
まだ山桜が咲いているところもあります。
なごりの桜と栗駒山です。
雪解けも進み駒姿もはっきりしてきましたよ~。
e0349817_18510066.jpg
山頂の西にある虚空蔵山の下に頭を、大地森の山腹にお尻を置いて、
駒姿が浮かび上がってきました。
15日の日曜日は山開きも開かれます。みなさんおいで下さいね。
もっとゆっくり見ていたいが、たまには家の仕事もこなさないといけない。
文字地区に降りる帰り道・・・
e0349817_18510886.jpg
文字富士とわれる大土ヶ森ですが、
北から見ると、「どちら様でしょう・・・」といった山容です。
新緑輝く山肌がきれいでした。
でもしばらく登っていないので今年は登りたいな。
e0349817_18511604.jpg
遠く栗駒の田園風景も見えます。
e0349817_18512438.jpg
霞んでいますが尾松地区です。
中央付近にカントリーエレベーターが見えましたよ。
e0349817_18513307.jpg
こちらは岩ヶ崎と猿飛来、金成方面が良く見えます。
500mmレンズがいい仕事をしてくれます。

毎年、季節ごとに何度も来る深山牧場でした。






by kurikoma-photo | 2016-05-08 19:39 | 栗駒の里 | Comments(0)

藤の花も咲いてきました

ゴールデンウイークも、わが社は5日までの7連休で終わり。
7日の今日は通常出勤日です。
しかし、4月から通い始めた歯医者さんに通院のため
今日は2時間早く早退し病院へ。

予約時間にちょっと早かったので近くをうろうろしていたら・・・

e0349817_20494580.jpg


市営住宅南側の軽部通りにあります藤の花が
5分咲きぐらいになってましたよ。
今年は何でも早いね。

e0349817_20495472.jpg


きれいですね~。
まだまだ、これから花が増えて行きます。

e0349817_20500175.jpg


毎週土曜日に歯医者さんに通う予定ですが。
楽しみができました。




by kurikoma-photo | 2016-05-07 21:01 | 栗駒の里 | Comments(0)

3日に登ってきました栗駒山、
山頂からの風景をメインにお届けします。
山頂では昼食をとるに決まってるでしょと、強風にもめげず
登山者のみなさん、一息ついています。

e0349817_19404989.jpg


この景色をおかずに食べるお昼は美味しいただろうな~。
私も今年は山頂ラーメン復活しようかなと思っています。

e0349817_19485855.jpg


岩手県須川コース側からも続々と登山者がやってきます。
須川側の交通情報はインプットしてきませんでしたが、
開通していたようです。よかった~。

e0349817_19490626.jpg


私の愛する秋田県側の秣岳(まぐさだけ)コース。
新緑も草紅葉も美しい天馬尾根の道です。
雪が残る風景もいいですね。
おっ、今日の展望はあきらめていたあの山が・・・

e0349817_19491503.jpg


見えますか~?秣岳越しに鳥海山です。
栗駒山からは富士山よりも美しい山容が望めます。

e0349817_19492346.jpg


須川から県境の山々越しに焼石岳です。
これだけ雪を頂いていると、北アルプスや立山連邦にも負けない風景だ。
(実際に見たことのある連峰の名前を上げさせてもらいました)


e0349817_19495370.jpg


中央に栗駒避難小屋です。
毎年、今年こそ泊まろうと思うのですが実現できず。

e0349817_19500466.jpg


さて、そろそろ下山かと山頂を後に。
強風の中、まだまだ登ってくる人がいますよ。

e0349817_19501422.jpg


下山は中央コース。
この角度、紅葉の時期もいいけど残雪の時期も絵になりますね。

e0349817_19502369.jpg


中央コースの途中。
大地森を眺めながらお弁当タイムのお二人。
山頂まで行くことだけが登山ではありません。
それぞれのペースで楽しみましょうね。
うらやましい風景です。

e0349817_19504252.jpg


午後になってどんどん雲が増えてきます。
早く登って良かった。

e0349817_19505285.jpg


中央コースは道路状況が良すぎて
登山道が雪解け水を集めて沢のようでした。
御沢コースと間違えそうだ。
滝つぼの下にはイワナがいそうなほどでしたよ。

栗駒山山開きは5月15日(日)です。
私は今回登ったので今度は栗駒山の別な所に行こうと思っています。

反省:残雪の山はサングラスと日焼け止めは必需品です!



by kurikoma-photo | 2016-05-05 18:53 | 栗駒山 | Comments(0)