「ほっ」と。キャンペーン

栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

<   2015年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

栗駒山の紅葉情報は、もういいわ・・・
と言う方もいるかとは思いますが、もう少しお付き合いを。
毎月28日に発刊される宮城の情報雑誌「りらく」の10月号で栗駒山の特集が載っていました。

e0349817_22431703.jpg

紅葉の栗駒山を行くと題して、きれいな紅葉の写真をたくさん載せています。
栗駒山の紅葉登山の楽しさを紹介していますね。
栗駒山の基本が判ります。
ぜひみなさんもご一読ください。

最近のりらくには注目しています。
グルメ情報が優先だったのが変わってきましたね。

9月号では・・・

e0349817_22433431.jpg


日本で最も美しい村が特集されました。
私も大好きな山形県大蔵村が紹介されていました。
棚田の風景が美しい村です。
(表紙の写真は福島県三島町です)
そういった東北らしくて美しい場所があってこそで、グルメはその一部です。

もっと多くの東北の美しい場所を紹介してくださいね。





by kurikoma-photo | 2015-09-29 23:34 | 栗駒山 | Comments(2)

23日に登りました栗駒山。
もう少し紹介したい写真がありましたのでアップします。
e0349817_21565050.jpg
山頂で他の登山者にカメラを預け、記念写真を撮るご家族。
お母さんの背には赤ちゃんも・・・
パパ、ママと子供三人、うらやましいね。
こんなことしてみたかったね。

来年は一日中山頂にいてボランティアでシャッター押し屋さんをしてみようかと思っています。
山頂に登ってくる人たちの、いろんな人生模様が見られるのではないかと思います。

e0349817_21575720.jpg
頂上ではサラサドウダンの木をはじめ紅葉真っ盛り。
山頂から西側に行ってみましょう。
e0349817_21580938.jpg
稜線付近の見事な紅色。
e0349817_21582120.jpg
秣岳方面もいい景色。
天馬尾根まで往復すればよかったかな。
天馬尾根の草原は一週間後が見頃でしょうか。
e0349817_21584015.jpg
天狗岩あたりも遠くから見ると美しいね。
e0349817_21585542.jpg
望遠レンズに切り替えて・・・。
薄っすらと見える鳥海山。
鳥海山の紅葉も素晴らしいらしい、行ってみたいなあ~。
e0349817_21590589.jpg
北に目をやると焼石連峰。
良く見ると山肌が赤くなっています。
東北の山々の紅葉を眺めて見たいけど、仕事を引退するまでは無理かな~。
そのころには登る体力もあるかなemoticon-0122-itwasntme.gif

e0349817_21591593.jpg
山頂から続く稜線で。
アマチュアカメラマンが三者三様で紅葉を撮影しています。
やはりこの時期は多いですね。
お互いライバル視して会話することも無くてね(笑)。
e0349817_21592524.jpg
この日のベストショット。
東栗駒山で私と一緒に休憩した親子三代の中のパパとお嬢ちゃん。
山頂に娘の手を引いて到着。
二人のほっとした笑顔が印象的でした。

e0349817_21593720.jpg
下山の中央コースもそりゃ見事な紅葉。
e0349817_21594706.jpg
若い人もいれば年配の人も登れるのが栗駒山。
老夫婦が、ゆっくりゆっくり山を下りて行きます。
「今年もいい時に登れたね」なんて会話が聞こえそうです。







by kurikoma-photo | 2015-09-27 23:11 | 栗駒山 | Comments(2)

この時期紅葉が始まった山にばかり関心がいってしまいますが、
里では稲刈りが最盛期になりました。

e0349817_21410350.jpg


23日栗駒山に登った後の里の風景です。
栗駒ダムのすぐ下の滝ノ原集落の風景です。
黄金色の稲穂と、スッキリと刈り取られた田んぼの対比が
秋も中盤に入ってきたなと感じさせます。

e0349817_21411076.jpg


そのまま県道を下って行くと
栗駒松倉地区、三迫川沿いで見かけた「ねじりほんにょ」です。
あまり高く積んでいませんが、ねじられていますね。

e0349817_21411646.jpg


普通のほんにょ(棒掛け)は十字に積み上げて行きますが、
これはねじりながらダブルらせん状に積んで行きます。
積み方がむずかしいらしい!

e0349817_21412168.jpg


地元鳥沢地区の新山神社付近からの棚田の風景。
田んぼにはまだ2週間前の豪雨以来の雨による水が残り
ぬかるんでいますが、これ以上稲刈りを先延ばしすると
米の品質にも影響してくるので、農家のみなさんも苦労しながらの稲刈りです。

秋の田園風景も美しい田舎の風景です。


by kurikoma-photo | 2015-09-26 22:18 | 栗駒の里 | Comments(2)

昨日に引き続き、23日に登ってきました東栗駒山コースの紹介です。
一見急そうな岩山を登った後は・・・
e0349817_22461906.jpg
ゆる~く続く稜線に出ます。
しばらくは急登も無いので存分に景色を楽しみます。
その前にここで私も一休み。
e0349817_22465589.jpg


今登ってきた登山道を振り返ると4・5歳程の子供からお爺ちゃんまでの家族連れが登ってきます。
子どもたちは元気だね~。
登りきって私の横でみんなで休憩。
子どもたち3人で「やっほー」を何度も繰り返していました。

e0349817_22471210.jpg


栗駒山に何度も叫びましたが、山びこの答えは無し。残念。
でもみんなはめげることなく、おやつのおにぎりをパクパク食べていました。
かわいいね~。
私も休憩方々、カメラのレンズを望遠に替えてあちこちのぞいてみましょう。

e0349817_22483395.jpg


中央コースの最後の急登と山頂。
草紅葉が楽しみだね。

e0349817_22484343.jpg


同じく中央コースの中間点の少し平らになったところ。
大きな案内看板も見えますね。
その足元はこんなにきれいな紅葉があるんですね。
中央コースを登っている人には見えないんですよ。
さてまた登山の再開です。

e0349817_22491891.jpg


ほどなく東栗駒山の山頂です。
栗駒山の山頂と並んで記念写真。
そして面白い写真が・・・

e0349817_22495432.jpg


栗駒山山頂がタバコを吸ってプカ~と煙を吐いたような雲が。
こんな雲は始めて見ましたよ。
タイミングよくっ出てくれましたね。思わず笑ってしまいました。

e0349817_22500835.jpg


東に目をやると笊森(ざるもり)も紅葉してました。
その近くの白い点は避難小屋です。
いつかは泊まってみたいと思っているのですが、今年も実現できないかな~

e0349817_22502133.jpg


最後の急登の前の気持ちの良い草原の道。
登山道を降りてくる女性もさわやかな風をうけて
気持ちよさそうに風景を楽しんでいるようでした。

e0349817_22503251.jpg


中央コースとの合流点から、今歩いてきた東栗駒山の稜線を振り返って。
大船渡のみなさん、いかがでしたか。
東栗駒山コース、バラエティに富んでますね。
今回はご一緒できなくて残念でしたが、ぜひ来年はガイドさせてくださいね。









by kurikoma-photo | 2015-09-24 23:44 | 栗駒山 | Comments(1)

シルバーウィークも今日が最終日。
以前からの約束で、今日は大船渡の山仲間のお姉さま方を栗駒山にご案内する予定でしたが、
都合により予定が変更になってしまい、単独で19日に続いてまた栗駒山に登ってきました。
ご案内する予定だった東栗駒山コースから頂上に登り、中央コースを降りてくるコース。
大船渡のみなさん、こんなに素晴らしいコースですよ、ご覧くださいね。
e0349817_21094661.jpg
朝7時40分、いわかがみ平の登山口は紅葉シーズンだというのに
まだ半分ほどの車の数。
こちらとしては都合がよいのですが、もったいないですね。
情報不足なのでしょうかね~。
でも、これから登る東栗駒山のずいぶん下の方まで赤くなっているのが見えます。
19日(土)よりもずいぶん降りてきました。

e0349817_21095524.jpg
登ってしばらくは岩と粘土質の登山道。
勾配もそこそこあり滑りやすい道で、ロープやハシゴのある所もあります。
展望も良くないですが、ひたすら転ばないように登ります。
そんな道を抜けると・・・
e0349817_21100907.jpg
コースは新湯沢を100mほど登ります。
プチ沢登を体験できて気分転換にもなり、私は好きですね~。
e0349817_21101828.jpg
こんな水たまりも有りまして、
いないのはわかってるけど岩魚の姿を探したりしてね。
e0349817_21102794.jpg
プチ沢登りが終わるとだんだんと展望が開け頂上も見え始めます。
紅葉もどんどん見えてきましたよ。
e0349817_21104384.jpg
黄色い葉も交じってきた紅葉が美しい!
薄い雲が流れる青空もきれいだ。
本当に今日はいい日に来たな~!
e0349817_21105991.jpg
山頂方面を見上げると、中央コースに沿った紅葉が見事だ。
さてそんな場所で友人と出会いました。
e0349817_21111032.jpg
写真の後ろ姿は、私のブログにコメントをいただきます sogatchさん です。
偶然、同じ時間に駐車場に着き挨拶をしました。
彼はトレイルランナーですから中央コースから東栗駒山コースを走り、
私は東栗駒山コースから中央コースをノロノロ歩いてくるので、
どこかでお会いできますね~なんて言って別れたら、
1時間ちょっとでお会いしてしまいました。
ちょっと早すぎじゃないの(私が遅いのか?)
通場4時間のコースを1時間半ぐらいで走るんですか~!
しばし立ち話しをしました。
どこかのマラソン大会でまたお会いしましょう、と見送りました。
すごい人です。
e0349817_21112444.jpg
さらに登ると東栗駒山の紅葉も見えてきます。
この美しさでしょっちゅう足を止めて撮影するものですから時間ばかりかかります。
でも今日は時間制限は無いのでのんびり楽しみますよ。
e0349817_21113447.jpg
登山道の途中に若柳高校山岳部OB会14・15回生のみなさんが建立した
鐘が有ります。
自由に鳴らしていいようで、後から来た子供たちが記念に鳴らしていました。
登山の安全を見守ってくれている感じがしてうれしいですね。
e0349817_21114422.jpg
東栗駒山への最後の登り。
一見きつそうですが、ジグザグに道があるので意外と楽に登れます。
この辺から大きな岩がごろごろしている岩場になります。
いろいろな変化に富んだ登山道でしょ。
見上げる風景も良いですが、山頂からの風景もまたいいですよ。
その報告はまた次回に・・・



by kurikoma-photo | 2015-09-23 22:31 | Comments(2)

今日のわが家二人の弟の嫁さんと姪っ子が集まっての秋彼岸の宴があり
にぎやかにご先祖様の供養をしました。
何は無くとも兄弟みんなが仲良く笑っていられるのがわが家の財産です。


みんなが帰った後、夕焼けがきれいだったので
栗駒の里をふらりと歩いてみます。

e0349817_20125794.jpg


旧栗原田園鉄道のくりこま駅付近から大土ヶ森を眺めて。
山のシルエットがきれいですね。

e0349817_20130368.jpg


プラットホームは無くなりましたが線路は昔のまま。
今にも電車が走ってきそうだ。

秋はやはり夕暮れだね。


by kurikoma-photo | 2015-09-22 20:25 | 栗駒の里 | Comments(2)

栗駒山を降りて来て

昨日、栗駒山に登って紅葉を楽しんできましたが
他にも楽しんだ光景が有りますのでご覧ください。

e0349817_22265552.jpg


頂上直下の草紅葉。
陽の光にキラキラ輝きながら風にそよぐ姿が私は好きなんです。

e0349817_22270692.jpg


二週間前に登った時、まだ青かった登山道のドングリですが、
茶色く色づいてきました。
子どもたちが見つけてくれるといいですね。

e0349817_22272577.jpg


中央コースの下山時の最大の楽しみは
私の住む栗駒の里が見下ろせることです。
黄金色の田んぼが広がっていますね。
栗駒山に生かさせてもらっていることが良くわかります。

e0349817_22344755.jpg


ちょうど19日は山麓の耕英地区で「いわな祭り」が開催されていました。
私が降りるころにはもう終わっているだろうと思っていましたが、まだやっていました。

e0349817_22345770.jpg


残り少なかったいわな丼(お祭り用のコンパクトサイズ)二種類を婆ちゃんのお土産に購入。
岩魚の甘露煮「甘太郎」なるものがあり。
新製品ですね、みなさんいろいろ工夫して販売促進に頑張っています。
甘太郎も食べてみましょう、晩酌のお供に購入です。
友人から岩魚の塩焼きもごちそうになったりして。
楽しい栗駒山でした。






by kurikoma-photo | 2015-09-20 23:04 | 栗駒山 | Comments(0)

今日からシルバーウィークが始まりましたね。
しかし先週の豪雨で仕事柄緊急の復旧の仕事に携わらなくてはいけない私、
20・21日は休日出勤が決定。
ならば今日行くしかないなと、母の敬老会の祝い品だけをいただきに、
みちのく伝創館に行った後に栗駒山の紅葉を確認に行ってきました。

e0349817_21212628.jpg


登り始めたのが10時半。
いわかがみ平の駐車場にはこれしか車が停まっていません。
みなさん栗駒山の紅葉はまだだろうと思っているのか?
それとも紅葉情報が無いので情報が出るのを待っているのか?
おそらく後者でしょう。

e0349817_21213587.jpg


中央コースの中間点。
ねえ、もう紅葉は始まっていましたよ。

e0349817_21214285.jpg


でもまだ始まったばかりですが。
しかし高い所の紅葉はあっという間に進んで行きます。
秋分の日から来週末にかけてが登山道の見ごろになりそうです。

e0349817_21215047.jpg


ちょっとまだ色の濃さと、黄色い葉が足りませんが、
みごとな紅葉です。

e0349817_21215707.jpg


東栗駒山方面もずいぶん赤くなってきました。
栗駒山の紅葉は、東栗駒山から中央コース方面を眺めるのがお薦めです。

e0349817_21220600.jpg


山頂直下の草紅葉と岩手県側の自然観察路方向をながめて。
岩手県側はハイマツが多く緑色が多いですが、これもまた美しい。

e0349817_21221436.jpg


山頂にて。
まだ始まったばかりとはいえ、美しい紅葉をカメラに収めたいのは誰しも同じです。
こちらも美しいお姉さんが夢中でスマホで写真を撮っていました。
この紅葉を見たら登ってきてよかったと思いますよね。

e0349817_21222426.jpg


紅葉を見下ろしながらの頂上での昼食。
お湯を沸かしてのカップラーメンは何よりのごちそうです。

e0349817_21223161.jpg


山頂から西側の虚空蔵山方面を眺めて。
こちらは笹が多いのであまり紅葉は目立ちません。

紅葉にめぐり会うのチャンスは期間が短いのでお見逃し無いように。

ああ~、明日・明後日は仕事かあ~emoticon-0120-doh.gif









by kurikoma-photo | 2015-09-19 21:58 | 栗駒山 | Comments(2)

里から栗駒山を見上げて

この時期、栗駒山の紅葉情報を集めようとする方が多いようで、
当ブログで紹介しました9月5日に栗駒山に登った記事にだけでも
一日300を超えるアクセスがすでにもあります。

なかなか登る時間が取れないので、せめて里からでも紅葉の状況は判らないかと
出勤前に栗駒の里から山の様子を眺めてみました。

e0349817_21020983.jpg


文字地区から見る今朝の栗駒山。
モヤがかかっていて良く見えませんね。
でもズームしてみますね。

e0349817_21021874.jpg


編集ソフトで明るくして見ましたが、う~んまだ良く見えませんね。
さらにソフトで大きくして見ましょう。

e0349817_21022768.jpg



よ~く見ると頂上から続く稜線が赤くなっているようにも見えます。
中央コースの真ん中から上はまだ赤は目立っていないようです。

今週末、私も登ってみて確実な情報をお伝えしようと思っていますが、
豪雨災害の復旧の仕事があり、さて休みが取れるかどうか・・・emoticon-0138-thinking.gif


by kurikoma-photo | 2015-09-16 21:31 | 栗駒山 | Comments(0)

長雨や豪雨に気を奪われていたら
今度の日曜日から秋彼岸なんですね。
せっかくのシルバーウィークですが、この豪雨で災害が発生、
復旧に携わらなければいけない仕事柄、
何日休めるか分からない状況になってきました。

まっ、私の予定などにかかわらず、季節はどんどん秋に向かって行きます。
わが家の裏庭に彼岸花が咲いてきたな~。
そうだ、あそこに行ってみよう。

e0349817_23171885.jpg



今朝は通勤途中に毎年初秋の景色として紹介しています、
大崎市古川の羽黒山公園に寄って彼岸花を見てきましたよ。
もう咲いていましたね~。

e0349817_23172987.jpg


いつ見ても美しくもおごそかな花ですね。

e0349817_23173726.jpg


朝日を浴びて、いっそう輝いていました。

e0349817_23174709.jpg


今日はまだ三分咲きといった所ですが、
お彼岸に入るあたりには見ごろになることと思います。

e0349817_23175532.jpg


青空の下、まっすぐに伸びる彼岸花。
久々に清々しい気分にさせてもらいましたよ。

シルバーウィークにお休みの方は(うらやましい~)
ぜひ行ってみてくださいね~。






by kurikoma-photo | 2015-09-15 23:34 | 日々の出来事 | Comments(2)