栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

カテゴリ:イベント( 49 )

栗駒高原駅でも写真展

この時期栗原市のあちこちで写真展が有ります。
栗原文化会館では告知していました「栗原市写真展」が2/25~3/5まで開催中。
伊豆沼の若柳のサンクチュアリセンターでは伊豆沼写真コンクールの写真展。
そしてJRくりこま高原駅では「栗原市観光写真コンクール」の入賞作品と
秀作35点が展示されています。それをちょっと紹介します。

e0349817_21225347.jpg


JRくりこま高原駅の待合室で電磁されています。
最優秀賞は花山の温湯御番所のもみじの写真。定番の観光地ですが
いいお天気の時に鮮やかにみじと門を捕えましたね。納得の最優秀賞です。

e0349817_21231690.jpg


ずらりと栗原市の名所が並んでいますね~。
写真の一番左手には審査員のお一人曽根田さんの作品も三枚。
曽根田さんには珍しく淡い色合いの風景写真。さすがいい写真ですね。
でもこの写真は観光写真コンクールでは入賞しないかも知れません。
やさしすぎて名所の印象が弱いですから、もう一人の審査員の方は選ばないかも。
コンクールの目的によって写真の完成度は高くても選ばれないこともあります。

e0349817_21233099.jpg


駅の待合室ですから写真に興味の無いお客さんも来ます。
奥のお兄ちゃん、スマホばかりいじってないで、あなたの目の前に
私の入選作品が飾ってあるんだけど見てくれないかな~。
どうぞ写真と栗原の風景に興味のある方。
朝7時前から夜10時の最終電車が出るまで待合室は空いてますので
ぜひおいで下さい。





by kurikoma-photo | 2017-02-27 21:46 | イベント | Comments(0)

19日(日)から開幕しました、くりこま商家のひな祭り。
いっぺんに見せたらこれから見に行こうという人に申し訳ないので小出しに紹介です。

e0349817_22545174.jpg


入り口の藤の花の吊るし飾り。何度見ても見事です。
「作ってみたいけど、ここまで根気が続かないな~」というお客さん。
ほんと、根気が要りますね。

e0349817_22553593.jpg


栗駒文字に伝わる正藍冷染の布で作られた吊るし雛です。
ジャパンブルーの落ち着きのある吊るし雛ですね。

e0349817_22554580.jpg


お人形にも品があります。

e0349817_22555449.jpg


藍染のおみやげ品コーナーもあり好評でした。

e0349817_22560317.jpg


栗駒いきがい支援事業のみなさんの作品です。
高齢者のみなさんが作った紙人形でしょうか。
たくさん集まると周りに負けじと豪華ですね。

e0349817_22562626.jpg


いろんな動物の人形です。

e0349817_22563352.jpg


爺ちゃん婆ちゃん、今年も来てくれました。
お元気で何よりです。
年季の入ったお内裏様とおひなさまです。




by kurikoma-photo | 2017-02-22 23:15 | イベント | Comments(0)

今日も寒くて強風が吹いていた栗駒地方。

e0349817_21035727.jpg


栗駒山も強風に吹かれ寒そうだったね。
そんな雨水の今日、「くりこま商家のひなな祭り」が始まりました。

e0349817_21041180.jpg


栗駒岩ヶ崎の六日町旧たかひこさんのメイン会場。
会場入り口がいつもと違いますね。

e0349817_21042695.jpg


入り口の藤の花の吊るし飾りにすでに感動し
なかなか会場に入れないお客さん続出。
これは圧巻。すごいよ。

e0349817_21043819.jpg


会場内には歴史のある雛壇飾りと吊るし雛がたくさん。

e0349817_21045005.jpg


今年の変わり吊るし飾りは、
耕英イチゴです。みずきの木に吊るされてきれいだね。
他にも吊るし雛などで館内に有りましたよ。

e0349817_21050195.jpg


小さな人形さんたちが、またほほえましくてね。


e0349817_21051386.jpg

ユーモラスな猫の手作り人形かわいいね~。
こんな可愛いお人形さんが会場内にたくさんありますよ。
e0349817_21064198.jpg

お母さんもラスカルぬいぐるみ抱っこした女の子も
吊るし雛の可愛さに夢中です。
e0349817_21065226.jpg

お伝えした会場の雰囲気は2%だけですよ。
実際の良さは会場に来てご覧くださいね。
e0349817_21070353.jpg

お土産コーナーも初日から好評。
おじさんもすごく楽しい「商家のひな祭り」
お天気が良ければ、岩ヶ崎の街の各商店のひな飾りもご覧くださいね。



by kurikoma-photo | 2017-02-19 21:42 | イベント | Comments(2)

栗原市の写真倶楽部や個人の写真愛好家が、地元栗原の良い所を紹介する
第10回 栗原市写真展が2月25日(土)~3月5日(日)。
栗原市築館の栗原文化会館で開催されます。

e0349817_21371697.jpg


時間は午前9時から午後5時までです。
(最終日は午後1時まで、27日(月)は休館日なので入れませんご注意を)
ふるさと再発見ですから地元栗原で撮った写真ばかりです。

e0349817_21373569.jpg


このとおりです。
私が所属します写真倶楽部、駒美会は
2月26日(日)が会場案内の当番日になっています。
私も昼ごろから午後5時の閉展までいますよ。
私の作品も2点展示されます。
全部で100点近くになります。
そして10周年ということで今年の特別企画・・・

e0349817_21374281.jpg


河北新報社の写真部のカメラマンさんに寄る記念公園も行湧得ます。
こちらは最終日の3月5日(日)午前10時30分から開催されます。
貴重な新聞社の現役カメラマンさんの公演です必見ですね。
「地域の宝はアシモトに」
写真を撮る際の着眼点とか勉強になりそうですね。
ぜひみなさんおいで下さい。


by kurikoma-photo | 2017-02-17 21:59 | イベント | Comments(0)

冬がまだ名残惜しいのですが。
春を告げる祭りが今年も間もなく始まります。

e0349817_22222215.jpg


「くりこま商家のひな祭り」が栗駒岩ヶ崎で2月19日(日)~3月3日(金)
まで、旧たかひこさんをメイン会場に開催されます。
詳しい内容は上記チラシをご覧ください。

e0349817_22223070.jpg


城下町岩ヶ崎の商家から歴史ある雛人形が集まります。

e0349817_22223690.jpg


いっしょに市民手作りのつるしびなも沢山飾られます。
地元藍染のつるしびなも落着きがあって美しい。

e0349817_22224275.jpg


毎年栗駒の名物を変わりつるし雛にします。
商工会女性部のみなさんのアイディアと華やかに展示するために
数多く作らないといけない。一年かけて準備するんですよ。
去年はイワナでしたが今年は耕英イチゴだそうです。
どんな風に飾られるか楽しみです。

e0349817_22224935.jpg


手造りの人形、変わり雛も楽しみです。
みなさんどうぞ見に来てくださいね。




by kurikoma-photo | 2017-02-13 22:52 | イベント | Comments(0)

今日の午後2時から、栗原文化会館の大ホールで、
劇団ラッパ屋の演劇「ユー・アー・ミー」の公演が有り観に行きました。

e0349817_20380726.jpg


劇団ラッパ屋には栗原市築館出身の、おかやまはじめさんが所属し活躍しています。
俳優おかやまはじめさんは、NHKの朝ドラ、とと姉ちゃんや、最近では「県民ショー」
にも宮城県代表として出演しています。

e0349817_20381398.jpg


私より4歳下、ブログ仲間の秋さんの中・高同級生なんですね。
秋さんも同級生の準備委員会のメンバーとして活躍していました。
故郷に錦を飾る同級生の凱旋公演、同級生のみなさんもうれしかったことでしょう。

e0349817_20381905.jpg


開演1時間前から会場の栗原文化会館は、良い席に座ろうとお客さんがつめかけます。
見た感じ、雑談を聴いた感じでは築館地区の方が多いようですね。
私が知っている人は数人でした。

e0349817_20383842.jpg


おかやまさんの中学校の同級生のみなさんからのお祝いの花。
秋さんたちの心のこもった花ですね。

e0349817_20384930.jpg


さあいよいよ開幕です。
会場は、前売り券ですべて完売。この会場での演劇公演で、
前売り券完売は初めてとか。

演劇の内容も面白かったです。
田舎のおんちゃんおばちゃんには、ちんぷんかんぷんの言葉も多かったと思いますが
私にとっては、なるほどな~と思うことばかり。
あらすじは面倒なので、ユー・アー・ミーで検索してください。
それにしても俳優のみなさんのセリフの記憶力と
2時間弱、場内に響き渡る声を出し、演じ切る体力に感心しました。

最後のカーテンコール。出演者全員が並ぶその中央、
おかやまはじめさんが、故郷のみなさんどうでした?
面白かったですか?といった面持ちで立ち、あいさつをする姿に私は涙がこぼれました。
胸を張って錦を飾れましたね。おかやまさん凱旋公演すばらしかったです。
また来て公演してくださいね。
秋さん、同級生のみなさんお疲れさまでした。
まだ打ち上げの最中かな?




by kurikoma-photo | 2017-01-29 21:34 | イベント | Comments(0)

母校、岩ヶ崎高校同窓会の東京支部(以下東京岩高会と呼びますね)の総会が
今年も26日、上野グリーンパークで開催されました。
今年は東京支部発足60周年の記念すべき総会です。
盛大に行われましたよ。

e0349817_21224768.jpg
8年間東京岩高会支部をリードしてきていただきました
佐々木支部長(昭和37年卒)が勇退されました。
同期のみなさんと一緒に記念撮影です。
東京岩高会がここまで隆盛されたのも佐々木支部長のお人柄です。
私も会報への写真提供では、いつもお褒めの言葉をいただきました。
ほめて人を伸ばすという優しい支部長さんでした。
だからこそ後輩の役員のみなさんが着いてきてくれたんですね。
e0349817_22125810.jpg
佐々木支部長に功労賞の授与です。
伝達者は新支部長の長沼先輩(昭和53年卒)です。
私の陸上部の1年先輩でもあります。
一気に14年も若返りますが、これまで佐々木支部長を幹事長として
事務方で支えてきた長沼先輩。役員の中では最年少ですが充分な経験と
なによりの人望があります。
e0349817_21230556.jpg
懇親会前のアトラクションは日本一の琵琶奏者、
同窓の熊田かほりさん(平成15年卒)の琵琶の演奏です。
今年の3月にご結婚されたというご自身からの報告があり満場の拍手。
おめでとう、かほりちゃん。
e0349817_21233073.jpg
今年8月に発売されたかほりちゃんのCD「もののあはれ」(市販されていないとか)
には先輩たちの想いも込めてあっという間に完売。
(もちろん私もゲットしまいましたよ)
将来人間国宝になるかもしれない人ですからね。
(そのころには私はこの世にはいないだろうけどね)
e0349817_21235800.jpg
懇親会も始まり宴も最高潮になった時行われた
アトラクションのもう一組は。
これも同窓生だけで演じる神楽です。
栗原から朝4時に出発して車で上野までやってきました。
太鼓とか神事の道具が有りますからね。
太鼓とカネ担当のおじさん2人と、
舞うのは20代の後輩2人です。
仮設の神棚を参拝。
e0349817_21244986.jpg
神楽は65歳以上の先輩たちにとっては当時の故郷の数少ない娯楽の一つでした。
みなさん立ち上がって最前列へ寄って見入ります。
e0349817_21255605.jpg
カネをたたいていた佐々木先輩(昭和38年卒)
同期の激励に一仕事終えたビールがうまい。
e0349817_21263815.jpg
最後は恒例のみんな手を繋いでの大合唱。
「ふるさと」「高校三年生」「校歌」
e0349817_21265391.jpg
20代の後輩から80代の先輩も知っている共通の歌が有るのは素晴らしいことです。
校歌の合唱では毎回涙が流れます。
e0349817_21293695.jpg
最後の〆は毎年山本先輩(昭和46年卒)の応援団のエールで締めます。
「いぐぜい~」との号令で始まり、軽快でキレのある所作は健在ですね。
今回の総会では私も会報への写真提供で功労賞をいただきました。
会場で昭和26年卒(私の生まれる10年前ですよ)の女性の先輩に声を掛けられました。
「あなたの写真にいつも感心するんですよ。
写真は今の風景だけど、昔の風景を思い出させてくれますよ」
何よりの褒め言葉です。ありがとうございます。
うれしいですね~(涙)。
e0349817_21313315.jpg
今回お土産にいただいたものです。
ワインと紅白まんじゅうですがこれまたすごい。
e0349817_21314599.jpg
60周年を記念したラベルを張ったワイン。
匿名で寄贈してくれたそうです。誰でしょうね?
ラベルは昔の木造校舎の写真。これはとても呑めないですよね。
e0349817_21322786.jpg
もう一つは紅白まんじゅうです。
老舗、「鶴ヶ飴」の岡本老舗さんの提供です。
まんじゅうの表面には岩高の校章の刻印がありました。
岡本先輩ありがとうございました。
e0349817_21324513.jpg
いつもながら会場のすぐ隣におります西郷さん。
「お前たちの高校はいいな、また来年も来るんだぞ。」
と言ってくれているようで。うれしかったです。
佐々木支部長、長沼先輩、お世話になりました。楽しい総会でした。
また来年も来ます。












by kurikoma-photo | 2016-11-27 23:27 | イベント | Comments(8)

今日は休日。午前中は5kmのランニングや買い物などをした後、
午後は今開催中の栗原市美術展に行ってきました。
いろんな人の視点や構図の勉強になり、写真撮影の勉強になるんですよね。

e0349817_20100206.jpg


栗原文化会館の会場には市内の美術家のみなさんの作品がいっぱい。
油絵、水彩画、水墨画、切り絵などなど見事な作品がいっぱいでした。
私が注目した作品を紹介します。

e0349817_20114628.jpg


「霊山の秋」(りょうぜんのあき)
実際にこういう所が有るんだろうな~行ってみたいな~。

e0349817_20123182.jpg


花山の浅布渓谷の絵だな~私の好きな色使いだな~と思っていたら、
これは和紙ちぎり絵でしたよ。すごいな~!
「秋韻(浅布渓谷)」。見事でした。

e0349817_20124427.jpg


かと思えば豪快な炎の絵
「縄文の世界」
縄文土器の野焼き風景でしょうね。
自分が感じたイメージを思い通りに描けるのが絵画ですよね。
(絵の力量があればだけど)
写真ではそれができません。気に入った場面を切り取るだけです。

e0349817_20132662.jpg


紅葉の栗駒山中央コースですね。
登山者も描いて、奥行きのある作品です。

e0349817_20134530.jpg


「雪景眺望栗駒」
築館から一迫に行く途中にある一迫川と栗駒山の風景ですね。
雪景色だからこそ素晴らしいね。
これからの季節の撮影に、いい参考にさせてもらいました。
栗原市美術展は20日(日)午後2時までの開催です。






by kurikoma-photo | 2016-11-19 20:47 | イベント | Comments(3)


一昨日・昨日と栗駒芸術文化祭が開催されました。
我が写真倶楽部「駒美会」も、もちろん展示しましたよ。
栗駒には多彩な芸術家がたくさんいます。

e0349817_21301869.jpg


絵画では斉藤さんが今年もまた素晴らしい作品を見せてくれましたね。
滝の風景に浮かぶ女性の顔。
これが写真よりもリアルで驚きましたよ。
こういう発想がある人が芸術家なのでしょうね。
お客さんもみな感嘆の声です。

e0349817_21302827.jpg


書道のみなさんも力強い作品が多かったですね。

e0349817_21304180.jpg


クレイアートのかわいらしい作品。
が有ったかと思えば、

e0349817_21311227.jpg


獅子頭やお面など威厳のある作品も。
いいですね~。

e0349817_21305154.jpg

くりこまの昔ばなしを語る会のみなさんが、
栗駒に伝わる地元の地名や訛りがそのまま出てくる話を聴かせてくれましたよ。
いいですね~。
e0349817_21310103.jpg

故郷の貴重な遺産ですね~。
ぜひずっと残してもらいたいものです。
語り部のみなさんの生き生きした顔が印象的でした。
e0349817_21314155.jpg
わが写真倶楽部のコーナーは・・・
相変わらず会員たちの写真談義が尽きません。
一か月後には会の写真展も有るのでその話も。
e0349817_21312485.jpg
私の作品は栗駒の桜の花2点。
う~ん、A3ノビサイズでは物足りなくなってきたなあ。
もっと大きいサイズになると自分ではプリントできないからな~。
たまには写真屋さんで大きくして見るか・・・
てなことを考えておりました。

中学時代の恩師M子先生。山友達のY美さん。ご来場ありがとうございました。
来月の写真展でもお待ちしています。







by kurikoma-photo | 2016-11-07 22:16 | イベント | Comments(4)

土里夢さんの森の音楽会

昨日行ってきました、栗原市一迫の、
美味しいシャーベット屋「土里夢」(どりーむ)さんで開催されました
第1回 森の音楽会を楽しんできました。

e0349817_21533435.jpg


午前・午後の部が有りまして、午前は80人の来客、午後は50人の来客
という主催者発表が有りました。
私と岩手の友人たちは午後の部へ。
寒かった~やっぱり東北です、この時期の野外は寒かったです。

e0349817_21535052.jpg


最初のステージは
仙台のビオラ・クラッシックギター、ハーモニカの叙情歌バンド「フォレスターズ」さんと、
涌谷の歌の先生、熊谷浩子さんのソプラノの歌声。
「里の秋」などは、あまりにもこの地にふさわしく涙が出そうでした。

e0349817_21541090.jpg


熊谷さんと、ハーモニカとトーク(漫談)担当のおじさんです。
ハーモニカの音色が哀愁が有りましたよ。

e0349817_21542493.jpg


左のおじさん、ビオラの音色は田舎の風景に似合いましたね~。
右のクラッシックギターのおじさんは76歳とか
かっこいいね。フォレスターズさん。
抒情歌に癒されました。

e0349817_21545301.jpg

次のステージは、栗原市のフォークバンド「夕顔」さんです。
地元のバンドながら、地元での公演は少ない(ですよね)夕顔さん。
待ってました、です。
かぐや姫のカバーとオリジナルの曲で聴かせてくれました。
e0349817_21544227.jpg

ちょっとギターの音量が大きかったのですが、
いいですね~、なごり雪なんて私の中学時代の歌です。
聴かせてもらいました。
e0349817_21553144.jpg

夕顔さんのステージも終わり、さて帰ろうかとおもっていたら・・・
地元の今や名物となった「スコップ三味線団」のみなさんの演奏会が始まりましたよ。
e0349817_21560006.jpg

ちえっこよされと、吉幾三のテンポの速い曲に合わせスコップ三味線を奏でます。
e0349817_21562140.jpg

このご夫婦が土里夢のオーナーご夫妻。
東京出身で、定年前のずっと前に栗原に家を建てての東京・栗原の二住生活。
その後覚悟して栗原に完全移住。1年4か月前から始めたシャーベット屋さんが
大ヒット。地域のみなさんも巻き込んでの起業でした。
渡辺さんご夫妻の一生懸命さに地元のみなさんの協力する姿が
なんともうらやましいですね。
森の音楽会、楽しませてもらいました。







by kurikoma-photo | 2016-10-31 23:20 | イベント | Comments(0)