栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

カテゴリ:三陸の海と里( 6 )


久しぶりに気仙沼に行ってきました。
東日本大震災からの復興もだんだんと拍車がかかってきた様子で、
いたるところで様々な工事が行われていて、
震災直後よりもさらに忙しい感じがしましたね~。
何を見に来たかって、
大島架橋ですよ。

e0349817_21402588.jpg


3月だったかなあ、大きなクレーン船で橋を一気に橋脚に乗っけたのは。
それ以来初めての訪問です。

e0349817_21405233.jpg


すっかり出来上がった気分ですが、
取り付け道路などは、まだまだ完成していません。
再来年の春の完成を楽しみにしていましょう。

e0349817_21415415.jpg


などと取材していると、雪が降ってきました。
気仙沼で今年の初雪を迎えました。
寒い一日でしたよ。

e0349817_21541448.jpg


もう一つのプロジェクト。
気仙沼湾を横断する三陸道の建設も着々と進んでいるようです。
両方出来上がったら気仙沼はどう変わって行くんだろうか。
大きな期待と少しの不安が残りますね




by kurikoma-photo | 2017-11-19 21:59 | 三陸の海と里 | Comments(0)

12日、Tシャツを楽しんだ後は半造のリアス式海岸の風景を楽しみました。
e0349817_21142351.jpg
三陸の海は美しいね~。

e0349817_21143289.jpg


青く透き通った海水は昆布などの波に打たれる様子も良くわかるね。

e0349817_21145792.jpg


唐桑半島の先端方向を眺めて。
外洋を観てもきれいな青色。

e0349817_21144812.jpg


逆側を観ても

e0349817_21150595.jpg

きれいな海だね。
波がくだけて白い泡に。

e0349817_21152024.jpg


薄っすらと見える陸前高田広田半島方向を望んで。
美しい海が続いていました。
海もいいですね。


by kurikoma-photo | 2016-08-14 14:33 | 三陸の海と里 | Comments(0)

気仙沼Tシャツ海岸

昨日は気仙沼の唐桑半島で行われている「気仙沼Tシャツ海岸」を
見に行ってきました。

e0349817_13581256.jpg


唐桑半島の巨釜半造の半造の方の岬で行われています。
震災で被災された方々の5年たったさまざまな思いがプリントされた
Tシャツが吊り下げられて(展示されて)います。
8月14日(日)まで開催されています。

e0349817_13582215.jpg

岬に通じる小さな広場にたくさんのTシャツが

e0349817_13583978.jpg

海からの潮の香りがする風になびいていましたよ。

e0349817_13584879.jpg

遠くには陸前高田市の広田半島も見える美しい三陸の海ですよ。

e0349817_13590706.jpg

おばあちゃんとお孫さんの絵。

e0349817_13591667.jpg


両親に手をひかれ昨年のTシャツ海岸を見に来た子供。


e0349817_13592414.jpg

おっ、これは私が気仙沼に来たときはいつもおじゃまします
中華そばマルキさんのTシャツじゃないかな。
津波で以前のお店は流されてしまいましたが、復興させ、
今では気仙沼の人気店になってますね。

e0349817_13593485.jpg


私が気に入ったTシャツです。
おそらく子供が書いた絵だと思います。
緑のふるさと復活を思っているのでしょうか

e0349817_14273534.jpg


書かれている文字は、
「気仙沼も、ほやぼーやも、サンマも、カツオも、私も元気!」

e0349817_15055087.jpg


「まて」

e0349817_13594510.jpg


このTシャツを見て涙が出てきました。
笑顔で水遊びができる海が戻ってくるといいね。
それぞれどんな思いを込められてTシャツを作ったのかは判りません。
私の安易なコメントはなるべく避けました。
人それぞれの震災の出来事があり、
これからの未来があります。

e0349817_13585751.jpg


それにしてもリアス式海岸の景色とマッチしていますね。

e0349817_13595652.jpg


気持ちが洗われる光景でした。
「がんばる!」をいただいてきました。




by kurikoma-photo | 2016-08-13 15:21 | 三陸の海と里 | Comments(2)

今週末は3連休ですが、仕事が溜っているので11日(月)は出勤にして
今日はどこかに行ってみようと、気仙沼方面に行ってきました。
e0349817_21010726.jpg
小雪が舞う曇り空の中唐桑半島へ。
久しぶりの海の風景、いいですね~。
e0349817_21153523.jpg
養殖いかだの作業船でしょうか?
狭い湾内を雲の切れ間から光を届けはじめた太陽をに
シルエットを映し、趣がありますね。
e0349817_21020848.jpg
舞根の浜に行く途中「九九鳴き浜」の標識が・・・
鳴き砂で天然記念物にもなっている海岸らしい。
健脚自慢の(いつからだよ)私には苦も無く行けるでしょう砂浜に行ってきました。
e0349817_21021715.jpg
行きは下りなので10分もかからず
九九鳴き浜到着!
きれいな砂浜です。
向こうに見える島は大島ですよ。
e0349817_21023329.jpg
浜の
浜の説明書きを熟読。
鳴き砂の浜は、大島の十八鳴浜に姪っ子ナナが小学生時代に
いっしょに行ったことがありましたが、ここは初めてです。
e0349817_21024202.jpg
底まで見えるきれいな水の三陸の浜。
乾いた砂に、すり足気味に足を踏み込むと「キュッ、キュッ」と鳴きます。
おお~鳴き砂だ~!
e0349817_21025118.jpg
海岸の端っこの方の岩には青々とした海藻がびっしり。
旨そうですね。
天然記念物周辺では勝手に生き物をとっちゃいけないので、
海苔かワカメか確認できず。
e0349817_21025892.jpg
砂浜といえば貝やカニ。
波に打たれる貝殻です。
e0349817_21030886.jpg
砂浜に有った何者かの足跡。
右は野良犬か野良猫か、はたまたタヌキか?
左の足跡はずいぶん大きい。
e0349817_21032452.jpg
私の足(26.5cm)と比べてもこんなに大きい。
うう~ん、ひずめのように見えるからニホンカモシカかな。
唐桑半島では私も3回ほど見ています。
キュッ、キュッを楽しんでいるのかな。
e0349817_21033445.jpg
大島の陰に隠れて、5年前の津波の被害も他に比べ少なかったようですが、
漂着ゴミの回収も定期的に行われているようで・・・。
今度は新緑芽吹く春に来てみたいな~。
山里で生まれ育った私ですが、海もまたいいですね。






by kurikoma-photo | 2016-01-09 22:32 | 三陸の海と里 | Comments(0)

今日はかねてより岩手県南の沿岸部の友人に会う予定が有り陸前高田市へ行ってきました。
海が美しい陸前高田市。私が20代の時から訪れる美しい風景が有ります。

e0349817_22035709.jpg


陸前高田市の広田半島にある黒崎仙峡です。
リアス式海岸の典型的な風景を見ることができます。
今日は天気も良くなくて曇っていましたが、
何年振りだろうか、懐かしい風景が健在でした。

e0349817_22041742.jpg


太平洋も望める展望台。

e0349817_22043319.jpg


リアス式海岸の光景が、
曇った中でも輝いていました。

e0349817_22063840.jpg


岩の間に大きな岩が崩れて乗っかった感じですね。
以前から有ったっけ?

e0349817_22064791.jpg


岩の割れ目に根を張る松の木
命の強さを感じます。


by kurikoma-photo | 2015-11-15 23:55 | 三陸の海と里 | Comments(2)

女川町野々浜の海

山の話の後は海の話を。
昨日は仕事で女川町の野々浜方面に行ってきました。
コバルトラインの途中から女川湾方面に下り、
その先の小さな半島を超えれば、女川原子力発電所、
という所です。
そこにある小さな神社へ・・・

e0349817_22061694.jpg
標高10mはないかな。
神社にも津波は押し寄せ杉の木はほとんど枯れていました。
祠も流されたのでしょう、新しい建物になっています。
野々浜の港を守ってきた五十鈴神社です。
e0349817_22062634.jpg

境内から見下ろす野々浜の里。
多くの家が立ち並んでいたのでしょうね。
e0349817_22064348.jpg

浜の方では3件同時に工事が行われていました。
やっと方向性を持った工事が行われるようになったと感じます。
e0349817_22065553.jpg
漁船のの入れる港を作るため手前の重機から先にのびる
堤防を造るため、ダンプカーが何度も大きな石を海に投入していました。

e0349817_22070736.jpg
この程度じゃ三陸の海は汚れません。
澄んだ海の水。
e0349817_22071826.jpg
何んの養殖いかだでしょう?
ホヤか、牡蛎か、ホタテか?

e0349817_22072636.jpg
海はもう従来の美しさに戻っています。



by kurikoma-photo | 2015-07-10 22:38 | 三陸の海と里 | Comments(0)