栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

カテゴリ:わが家の情景( 29 )

猫の日

今日2月22日は猫の日だとか。
それならば、こやつの近況をご覧いただきましょう。

e0349817_23231870.jpg


私が起きている間は、私の書斎でストーブにあたり、
うたた寝するのが日課になりました。
下半身は仰向けに、上半身は横向きに
何とも複雑なかっこうで熟睡中。

e0349817_23232401.jpg


とおもえば、全身のびきった格好ででも寝たりします。
何とも可愛くてしょうがない愛息子です。
春が近くなり外で過ごす時間も増えてきました。
夜遊びはしないでゆっくり休むんだよ。

e0349817_23233140.jpg


猫つながりで・・・
仕事先の大衡村の河原で見かけたネコヤナギです。
だいぶ大きくなってきましたね。
もう春か~。





by kurikoma-photo | 2016-02-22 23:39 | わが家の情景 | Comments(0)

寒い夜のさんぽは・・・

平年並みの寒さになったと思えば、
今日は最高気温6℃にもなった栗駒の里。
今年は真冬日(最高気温が氷点下の日)にならないかもしれないなあ~。
夜は平年並みに寒いので、こいつが私の部屋に暖まりに来ます。

e0349817_22445800.jpg


愛息子さんぽが、私の書斎のストーブの前で暖まりつつ
ぐっすり寝込んでいます。
この日は昼間から外でよく遊んで遊び疲れたようです。

e0349817_22451183.jpg


わんぱく坊主はことさら寝顔がかわいいね。
息子の寝顔を見て父ちゃんも頑張れます。

e0349817_22451891.jpg


ただね、外に行ったら屋根から落ちる雪に気をつけるんだよ。
氷になった雪が落ちてくるからね。






by kurikoma-photo | 2016-01-27 23:08 | わが家の情景 | Comments(0)

楽しい新年会

ちょっと報告が遅れましたが1月3日(日)のお正月休みの最終日は
わが家の新年会でした。

e0349817_22080941.jpg


今年は上の弟家族3人と下の弟の嫁さんマーちゃん、
そしてわが家の婆ちゃんと私の6人。
昼間から楽しく宴会です。

e0349817_22081703.jpg


わが家のお祝い時には欠かせないヱビスビールももちろんあります。
特に今年は上の弟の嫁さんJちゃんが特製茶わん蒸しを作ってくれました。
器から蒸し器まで持参してきたんですよ。
あまりに美味しくできたので、写真を撮るのを忘れ
食べるのに夢中。空になった器で失礼。

e0349817_22082559.jpg


人見知りの愛息子さんぽは、ずっとこたつに隠れていましたが、
ネコ好きのマーちゃんにつかまってしまい、遊ばれています。
その姿を姪っ子ナナがスマホで撮影。
さんぽも盛り上げに一役買っていました。

e0349817_22083512.jpg


「とうちゃん、もうちょっとお相手した方がいいかな~?」
とでも言いたげに私の方を見るさんぽ。
遊んでもらうのがお前にできるおもてなしだ。
頼んだよさんぽ。

今年もみんなが元気に過ごせますように。
楽しい宴会を何度も開けますように。


by kurikoma-photo | 2016-01-05 22:35 | わが家の情景 | Comments(2)

この時期のさんぽ

今日は台風23号の影響で一日中強風が吹き荒れた栗駒地方。
夕方には雨も降り出し不安定なお天気でした。
最近は朝夕もだいぶ冷え込んだ栗駒の里、残業を終え帰宅すると・・・

e0349817_22243747.jpg

わが家の居間では、すでに9月下旬から使っておりますこたつ。
最初は上掛けだけでしたが、ばあちゃんが今日からこたつ布団も設置したようです。
さっそく愛息子さんぽがくつろいでいましたよ。
「気持ちいいよ、とうちゃん」
と、眠たそうな顔でお帰りのあいさつ代りです。
そして、ばあちゃんも寝床に行き、こたつを消すと・・・

e0349817_22244934.jpg

さんぽは私のベットの上に移動し、毛布の上で寝始めます。
今のところ私は羽毛布団一つで寝ていますが、さんぽ用に毛布を用意し
羽毛布団の一部に重ねて敷いたところに寝るのがお気に入り。
父ちゃんはちょっと窮屈だが、気持ちよさそうに眠る愛息子の顔を見ると
文句は言えるはずもないよね。

さんぽ用の上掛け布団に私の登山用のフリースを掛けてこれで良し。
父ちゃんはブログをアップしたら来るからね。
息子と眠れることがささやかな幸せの父ちゃんでした。




by kurikoma-photo | 2015-10-08 22:58 | わが家の情景 | Comments(2)

盲目のたぬき

おとといの日曜日。
たまの休みなもので、あちこち走り回り用事をこなします。
お昼に家に戻ってきたら、近所の休耕田に何かがいます。

e0349817_21350901.jpg


おお~!まっ昼間からたぬき君じゃありませんか。
たぬきはこの辺じゃ珍しくもないけど、昼間から出てくるのは珍しい。

e0349817_21352175.jpg


午後もあちこち用事を済ませ、やはり近所の畑に目をやると・・・
なんか居ますよ。

e0349817_21353724.jpg


おお~、やっぱりたぬき君だ。
不思議なことに、写真を撮ろうと私が近寄っても逃げません

足音、カメラのシャッター音がする方に顔を向けるのですが
私の姿に驚くこともありませんし、何かを見つけたという様子も有りません。

e0349817_21354654.jpg


そうだ、春にも逢ったことがあるたぬき君だ。
わが家の生ごみ捨て場に居て、そっと近寄って私の方を見ても気付かないので
音を出したらあわてて逃げて行ったたぬき君だ。
その時、おそらく目が見えないんだろうなと感じました。

e0349817_21355612.jpg


私の気配にやっと逃げ出します。
冬毛におおわれ始め太って見えますが、中身は細っているのかも知れない。

e0349817_21360411.jpg


だれか分からないけど、いじめないでね。
なんて思っているのでしょう。
この後、静かに立ったままの私のすぐ足元を通って藪の中に入って行きました。
やはり全然見えていないようです。
全盲の野生動物が過酷な自然の中で生きていられたのが驚きです。
目を補う鋭い四感と知力で生きてきたんだね。
更に厳しい冬、なんとか生き延びてほしいです。
野生動物ですから、かわいそうだからってむやみに餌をあげちゃいけません。

e0349817_21361358.jpg


そんな私とたぬき君の一部始終を愛息子さんぽは庭先で見ていました。
「父ちゃん、あのたぬき君は怖くないの?」
「おまえには悪さしないから安心していいよ」
「ふ~ん、わかった」

つくづくさんぽは幸せ者です。






by kurikoma-photo | 2015-10-06 22:13 | わが家の情景 | Comments(4)

お盆も終わりました

今日はお盆の最終日。
わが家には兄弟が集まってのお盆ならではの宴会です。

e0349817_21042871.jpg

お墓参りを済ませた後の上の弟と下の弟の奥さんが集まり、
わが家でお盆の宴会が始まりました。
最近の出来事やこの夏の暑さなど、仏壇の前で楽しく語り合います。
ご先祖様の何よりの供養と思っています。

今日のごちそうは気仙沼の一凜さんの中華料理がメインです。

e0349817_21044096.jpg
この真っ黒なものが一凜さん名物「黒酢の酢豚」です。
甘辛くそして黒酢の香り濃厚に調理された酢豚が大好評。
ちょっと時間を置いているので酸味がまろやかになり
うちの婆ちゃんでも食べられました。

他にもエビマヨと海鮮のXO醤炒めを用意
どれも美味しかったです。
遠くから仕入れてきた甲斐がありました。
そのほか、お餅や鯖寿司やらたくさんありますよ。

e0349817_21045021.jpg
下の弟の嫁さんマーちゃんに人見知りのはげしいさんぽも
ようやく慣れてきたようで、遊んでくれましたよ。

楽しい宴会も終わりみんなも帰りました。

e0349817_21050085.jpg
ご先祖様もそろそろ帰ります。
送り火を焚いて煙に乗って天に昇って行きます。

e0349817_21050952.jpg
さんぽも見送りです。
お盆休みも残るはあと1日。
明日はどこかに行こうかと思いましたが、
家の後ろ側の草が伸びすぎて大変なことになっているので
草刈がすんだ後だな~。






by kurikoma-photo | 2015-08-15 21:45 | わが家の情景 | Comments(2)

屋根の上のさんぽ

これも日曜日の風景です。
午後は雨が降ったり止んだりのお天気。
でも数日前までの猛暑が無くなったものですから、
わが家の愛息子のさんぽ行動が活発になります。


e0349817_20380014.jpg

となりの家の納屋の屋根で遊ぶさんぽの図。
猛暑なら暑くて登れないからね。

高さはどれくらいあるかと言うと。

e0349817_20380929.jpg
こんなに高いんですよ。
父ちゃんにはとても行くことができない高さだ。
さんぽ3歳、男盛り。この程度はへっちゃらだ。

e0349817_20381685.jpg
屋根の一番先っちょにたたずむさんぽ。
地元の風景を見おろし何想う・・・
後ろ姿が絵になるなあ~(親バカ)

父ちゃんは「また雨が降りそうだから、そろそろ降りてこいよ」と、
声をかけるだけです。




by kurikoma-photo | 2015-08-11 20:54 | わが家の情景 | Comments(0)

今日は久しぶりに最高気温が27℃と20℃台に下がった栗駒地方。
こんなに過ごしやすいものかと感動すらおぼえます。
立秋ですからおてんとさんも暦に合わせてくれたのでしょうか?

真夏日が連続していた時のわが家の愛息子さんぽです。

e0349817_21315966.jpg


「とうちゃん 暑いよ~」と、
私が仕事から帰ると、比較的涼しい廊下で
体を横たえるさんぽです。

e0349817_21321130.jpg


新聞の中は涼しくないの~

e0349817_21322703.jpg


やっと玄関が涼しくなったあ~。
なんて事を毎日繰り返してきました。

e0349817_21324264.jpg


今日は庭でも遊んだらしく。
この時期はオニヤンマの捕獲に熱中する時期。
明日つかまえてとうちゃんに見せてくれ。

e0349817_21325072.jpg


涼しくなると私の書斎でのいたずらも盛んになってきます。
ちょっとうっとうしいけど、
息子の元気な姿を眺めるのがとうちゃんの最高の楽しみです。
かわいい息子です。


by kurikoma-photo | 2015-08-08 21:49 | わが家の情景 | Comments(0)

昨日は北海道旭川市に住む親戚が、わが家を訪れました。
明治時代にわが家から分家し北海道に移住。
つい6・7年前に遠い親戚であることが判り、
4年前には私が旭川にご挨拶におじゃましていました。

当時の北海道の未開の地で新天地を切り開いた方の孫にあたる人が
小さい頃おばあちゃんが話してくれた故郷の栗駒の地を

一目見たいと来てくれたのです。

孫になるTさんはもう70歳になり、ちょっと足が不自由。
娘さん二人が運転手兼介護係で同行。
親孝行な娘さんたちです。

前日電車と飛行機を乗り継ぎ、
レンタカーを借りて仙台に宿泊。
昨日栗駒のわが家に。

わが家に着き仏壇にお線香をあげていただきましたが
すでにTさんは感極まって涙を浮かべていました。
100年前この地から離れ北海道でご苦労されたお爺さんお婆さんの
想いを偲んでいらしたのかと思います。

e0349817_12520533.jpg

わが家でささやかながらの昼食を。
ずんだ餅も用意していたら、
「昔し、婆ちゃんが作ってくれたんだよ」
と喜んでくれました。
明治のころからあったんですね、ずんだ餅。

いよいよ念願のお墓詣りへ。
最初はおじいさんの実家のお墓へ。
お婿さんに来たおじいさんは我が家からも近い所に実家が有ります。
手を合わせるTさんと娘さんたち。


次にわが家のお墓へ。
階段と坂がきついのでTさんは車で待機。
娘さんたちだけでお参りしました。

結婚してすぐ北海道に渡り開拓のご苦労をされたお爺さんお婆さん。
故郷栗駒の地を思い出したことは何度もあったことでしょう。
一度でいいから帰ってみたいなと思ったこともあったでしょうね。

お孫さんとひ孫さんたちが代わりに来てくれましたよ。
間もなくお盆ですから旭川の家で報告を聴いて下さいね。

e0349817_12521710.jpg
最期に訪ねたのが、我が家にゆかりのある新山神社です。
鳥沢地区のずっと奥にある神社です。

参拝するため車いすのお父さんを押す妹さんと
その光景をビデオに録画しているお姉さん。
ビデオは後で編集し、お父さんがいつでも見られるようにするそうです。


暑い中大変ですが、お父さんの念願のためにがんばります。
私はこの光景に感激しましたよ。

e0349817_12525670.jpg
神社のいわれの書いた看板を見入る三人。
戦国時代の末期にこの地に移り住んだわが家のご先祖様が
この神社を建立したことが書かれています。

e0349817_12524063.jpg
念願を達成し満足そうなTさん。
本当に良かったですね。
まだまだ若いんですから、ぜひまた来てくださいね。

娘さんたちもお疲れさまでした。
本当にいい親孝行になりましたね。
ぜひまた遊びに来てください。

私にとっても大変思い出深い一日になりました。


by kurikoma-photo | 2015-08-02 16:30 | わが家の情景 | Comments(0)