栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

カテゴリ:栗原市の風景( 27 )

城生野の文化祭訪問


今朝起きて見れば10センチの積雪。
まだ冬はおわらないね~。
でもお昼を過ぎれば降った分はすっかり消えて
やはり春の雪です。

e0349817_19571218.jpg


昨日と今日、築館の城生野(じょうの)地区で、地区民
が開催する文化祭があるということで行ってきました。

e0349817_19572500.jpg


城生野自治会館です。栗原市築館の最北端、
金成と栗駒に接する冨野地区にあります。
私もいつも地区内を走る4号線を通勤路にしていますが
ほとんど訪れたことはありませんでした。
でもここが西暦700年代に日本の建国を左右した場所。
だった伊治城跡だったんですね。
それについてはまた別途お話しましょう。
この文化祭が素晴らしかった。

e0349817_19574060.jpg


自治会間の中は、地区民のみなさんが趣味でこしらえた
展示品でいっぱいです。

e0349817_19575251.jpg


既製服が着れなくなっちゃいそうな婦人服や可愛い人形。

e0349817_19580346.jpg


ニャンコに癒されます。

e0349817_19581544.jpg


パンクラフトって言ったかな。
地区の子供たちもいっしょに作った自然の素材と粘土を使ったアートです。

e0349817_19582549.jpg


素朴な森の風景を作っています。
ドングリを使った小人でしょうか、表情が良いですね。
子どもたちが顔を描いたそうです。

e0349817_19583749.jpg


会館のステージの上には雛壇飾りもありましたよ。
おひな様たちも地元のみなさんの手作りのようです。

e0349817_19584730.jpg


りっぱですね。

e0349817_19585706.jpg


吊るし雛もありました。
今週末から始まる栗駒岩ヶ崎の「商家のひなまつり」を思い起こさせる
きれいな吊るし雛でしたよ。

e0349817_19590982.jpg


もう一つ、内容のあった展示は、伊治城のあった城生野のらしい
朝廷軍と当時東北を治めていた蝦夷(えみし)の戦いを紹介していました。
いつの時代でも権力を持った者はさらにそれを広げたがるもので、
自分たちと文化の違うものは野蛮だとか、礼儀の無いものだとか
難癖をつけそれを排除しようとするんですね。
東北はその後の藤原氏の滅亡でも虐げられてしまうんですね。

e0349817_19591976.jpg


城生野の皆さんはその闘いの歴史を創作神楽として残しました。
素晴らしいですね。当時の東北人の悔しさ無念さを後世に残してほしいですね。

e0349817_19593624.jpg


他にもたくさん地元城生野の皆さんの作品で楽しませてもらいました。
多彩で多芸な人たちが地域にたくさん居るんだなと
教えてもらいました。

e0349817_22064157.jpg


いつまでも来訪者が絶えない会場。
また来年おじゃましますね。













by kurikoma-photo | 2018-02-18 21:47 | 栗原市の風景 | Comments(2)

伊豆沼のほとりにあります、若柳側のサンクチュアリセンターで、
「第27回伊豆沼・内沼の自然フォトコンテスト」に応募された写真の
展示会が行われています。
2月1日~3月31日までの開催期間です。

e0349817_21480172.jpg
最優秀賞から入賞できなかった写真まで全て展示
e0349817_21481046.jpg
見慣れた風景もあれば、
なるほどな~、どこで撮ったんだろう、といった風景もあるから面白い。
e0349817_21481590.jpg
白鳥を見に来た人も写真展をのぞいて行きます。
e0349817_21482237.jpg
こちらは私好みの写真です。
定番の渡り鳥も、ハスの花も無く空と沼を光と影の情景で切り取ったものですね。
視点がいいですね。

どうぞみなさん自分の好きな伊豆沼・内沼を見つけに来ませんか。




by kurikoma-photo | 2018-02-05 22:04 | 栗原市の風景 | Comments(0)

内沼結氷

今日は午後から蕪栗沼に行ってみたが、今一つ撮影ポイントが判らない。
やはり早朝じゃないとだめなのかと蕪栗沼はあきらめ、
内沼に行ってみてビックリ!

e0349817_21305706.jpg


内沼が一割ほど水面を残して結氷しているではありませんか。
先々週・先週の寒波が凍らせたんでしょうね。
-17℃まで下がったからね~。

e0349817_21310714.jpg


渡り鳥たちも驚いただろうけど、
もう慣れたようだ。

e0349817_21313575.jpg


サンクチュアリセンター前の野鳥との交流場所で。
エサに群がったカモにちょっかいを出す白鳥。
どちらもかわいかった。

e0349817_21374688.jpg


もうすぐ夕暮れ。
「さて、みんなが帰って来る前に寝場所を確保しないと」
と言っていたような。

e0349817_21315865.jpg

氷の上を歩きながら、
「伊豆沼はそれほど凍ってないようだから、
向こうに行くか」な~んて会話か。

e0349817_21321183.jpg


時折雨も降るあいにくの天気でしたが、みんな元気でした。

e0349817_21312082.jpg


雲間から射す陽射しが少しだけ春に近づいたように感じました。
間もなく北に帰り始める鳥たちです。




by kurikoma-photo | 2018-02-04 22:00 | 栗原市の風景 | Comments(0)

今夜は節分、明日は立春。
気のせいか寒さも和らいだような今夜は
隣町の一迫真坂で春を呼ぶ裸樽みこしのお祭りがあるので行ってきました。

e0349817_23241783.jpg


樽みこしがやって来る間、お振る舞いの
甘酒をいただきます。
熱くて体があたたまります。ごちそうさまでした。

e0349817_23242860.jpg


「わっしょい」の掛け声といっしょに、みこしがやってきましたよ。
夜7時ちょうどです。寒くなってきたな。

e0349817_23245064.jpg


真坂の各商店から厄除けに水と節分の豆が浴びせられます。

e0349817_23250101.jpg


いけめんのお兄ちゃんにも・・・

e0349817_23251060.jpg


容赦なく冷たい水が跳んできます。

e0349817_23252765.jpg


水が熱気で湯気になります。

e0349817_23303458.jpg

「ぼくも水かける」と、かわいい男の子がバケツを
持ってきました。
大きくなったらみこしをかつぐんだよ。
e0349817_23255766.jpg

今年はずいぶん参加人数が多かったですね。
一迫の若者たちの意気込みを感じました。
暦の上では明日から春です。


by kurikoma-photo | 2018-02-03 23:48 | 栗原市の風景 | Comments(0)

お正月休み明けのつらい仕事をこなしての連休。
ホッとしますね。
お天気はいいのですが、冷たい強い風吹く栗駒の里。
今日は遠くに行くことも無く、買い物ついでの風景散策。

e0349817_22204422.jpg


金成の国道4号線から栗駒山方面を眺めて。
山の方角は雪雲で覆われていますが、雪は降っているようだ。
平地は、昨日まで仕事で出かけた、涌谷、鹿島台、大郷の、
普段は湯が少ない宮城の東部の田園地帯より
雪は少ない。

e0349817_22205442.jpg


今年の白鳥の多さはここでも感じます。
ウオーキング中のおじさんの両脇にも白鳥です。
みんな首を上げたぐらいで怖がる様子も無いんですよ。

e0349817_22210516.jpg


夕陽といっしょに。
暗くなる前に伊豆沼の塒に帰るんでしょう。
気を付けて帰るんだよ。



by kurikoma-photo | 2018-01-07 23:08 | 栗原市の風景 | Comments(0)

伊豆沼のハスの花

栗原市内、今が見どころの場所と言えば、ここでしょう、

e0349817_20051121.jpg


伊豆沼のハスの花を見に行ってきました。
きれいですね~ハスの花。

e0349817_20053340.jpg

ハスの花のこの時期、遊覧船がハスの間を通り過ぎますが
今年は少し少ないですね。
それでも個々の花は美しい。
e0349817_20055105.jpg

きれいだね~!
e0349817_20060728.jpg

この花は仏壇に飾るレンゲの花のようです。
栗駒の里は13日からお盆に入ります。
私のお盆休みは11日~15日までの5連休。
さあどう過ごしましょうか?



by kurikoma-photo | 2017-08-06 20:21 | 栗原市の風景 | Comments(0)

25日に泊まってきました栗原市花山の国道398号をずっと行って、
秋田県境近い所にあります、ランプの宿「湯浜温泉 三浦旅館」さんの宿泊記続編です。

e0349817_22013069.jpg


湯上り後のあったまった体を涼むべく、中庭を散策します。
白く小さなアヤメの花がたくさん咲いていましたよ。
他にもサラサドウダンなどの山の木も沢山有りました.

花はもう終わっていましたが、ご主人のお客さんを楽しませようと
いう心遣いがよく判りますね。

e0349817_22014015.jpg


宿のすぐ前にある細い堀。
実は後でご主人に聞いて判ったのですが、
なんとこの堀にホタルが住んでいるんです。
夜になって「ホタル出ましたよ~」と言うご主人の声に駆けつけると
いたんですよホタルが。
平家ホタルのような小さなホタルでしたが、草にすがって光っていました。
ずっと昔から住んでいるホタルだそうです。
二度の震災でも絶えなかった光に感動です。

さてお楽しみ夕食の時間です。大広間でいただきます。

e0349817_22015573.jpg


地元で採れる食材がたくさんの夕食の御膳。
イワナの塩焼き、根曲り竹、山菜の天ぷら・・・
どれも美味しそうだ!
ちゃんと冷えた瓶ビールも有ります。このビールがうまかった!
何年ぶりでしょうビールがこんなに美味かったのは。
この日のお客さんは私と、もう一組、福島県からいらしたご夫婦の二組だけ。
話しが弾んで、同じテーブルに私が移動してさらにお話を。

e0349817_22021307.jpg


イワナの塩焼きの右下にあるのは、マタタビの実の漬物とか。
愛息子さんぽのお土産にしようかとも思ったが、食べました。
なににも例えられない不思議な味でしたよ。

e0349817_22022445.jpg


福島のご夫妻とも話し込んでしまいました。
ビールも美味しくて2本飲んじゃいました。
普段夕飯ではご飯は食べないのですが、この日は食べましたよ。
夜中に腹減ってもなにもないからな~と。
そしたら、ご飯といっしょに「そば団子汁」が出てきました。
これは美味しかった。優しく胃の中に入ってゆきました。
福島のご夫妻もすごく喜んでいましたよ。

e0349817_22025389.jpg


食事も済んで、周囲が暗くなるといよいよランプの点灯です。
夜中でも廊下を歩くには充分な明るさです。

e0349817_22030322.jpg


私の部屋にも一個点灯。朝明るくなるまで点灯しても構いませんとのこと。
この灯りだけ、携帯も通じない、もちろんテレビも無い。
さて私はどう過ごしたでしょう・・・。

e0349817_22031565.jpg


ランプの下で、最近出版された、栗駒山の写真については第一人者の
佐藤貢氏の写真集「栗駒山賛歌」を見させていただきました。
耳に聞こえるのは森の鳥や動物の声です。これ以上の贅沢はありませんね。
そんな時間もつかの間、眠くなってきました。
で9時過ぎ寝ました。

e0349817_22033586.jpg


朝5時。
目を覚まして中庭に出ると国道方面には霧が立ち込めます。
まあ今日の予定は特にないのでいいか。とまた二度寝。
その後も三度寝などをしつつ朝食。

e0349817_22034609.jpg


三浦旅館さんの特徴は「ごはんが美味しい」。
普段は一杯ですがご飯を二杯いただきました。ごちそうさまでした。

e0349817_22053034.jpg


いや~本当に癒されました。
心も体もすごく軽くなったような気がします。
ご主人が、「朝3時半頃アカショウビンの鳴き声が聞こえましたね」
里ではお目に架かれない鳥とか。そういえばなんだか鳴いていたな。
鳥については何の知識もない私。贅沢な経験だったんでしょうね。

e0349817_22054083.jpg


帰り道の沢沿いの道。
ヤマツツジでしょうか、見送ってくれたんですね。
携帯も通じない、テレビも無い
都会の仕事に疲れた方、ぜひおいで下さい。











by kurikoma-photo | 2017-06-26 23:49 | 栗原市の風景 | Comments(4)


栗原市の最奥にある温泉、花山の奥にあり、電気も通わない温泉。
ランプの宿「湯浜温泉 三浦旅館」さんに、念願かなって24日土曜日、泊まってきました。
e0349817_21083668.jpg
国道398号線、栗原市から秋田県湯沢市に抜ける途中の渓谷に、湯浜温泉があります。
中央のちょっと白っぽい屋根です。

e0349817_21092092.jpg

栗駒山からはずっと西の果ての温泉です。
でも栗駒山の登山道として、湯浜コースや千年クロベのコースとして
知る人ぞ知る広葉樹の名コースなんですよ。
e0349817_21094773.jpg
国道からもすぐのように見えますが
10分ほど森の中を歩いて着きます。

e0349817_21100064.jpg
湯浜温泉の入り口。
国道398号沿いの駐車場に車を停めます。
栗駒山湯浜コースもここがスタートですよ。
e0349817_21102465.jpg
母沢を渡るもぐり橋。
e0349817_21104148.jpg
湯浜3名滝の一番上流の滝。
二番三番の滝は、岩手・宮城内陸地震で遊歩道が崩壊したままなそうです。
前市長が放っておいた名所です。
e0349817_21105609.jpg
緑の中の美しい森の風景です。
こんな風景を歩いて行けるだけで、もう満足ですよ。
e0349817_21111498.jpg
途中湯浜温泉さんの露天風呂を通り過ぎ。
e0349817_21113658.jpg
ほどなく着きました三浦旅館さんです。
e0349817_21122703.jpg
入り口はシンプルです。
こういう宿に来てくれる人を良く知ったいで立ちですよね。
チェックインは3時ということでしたが、
4時前に到着。もう待ち切れせんでしたよ。

e0349817_21125924.jpg
通された部屋は、きれいに掃除された8畳間の部屋。
一人で泊まるにはぜいたくすぎます。
と思いつつも・・・まずはお風呂へ。
e0349817_21143890.jpg
内湯のお風呂は、かけ流しのいつまでも入っていられる温度の温泉。
e0349817_22123425.jpg
本当に癒されますね~。
ゆっくり楽しませてもらいました。
しかしここからが湯浜温泉さんの真骨頂。
e0349817_22124846.jpg
主役はこのランプですよ。
のんびり過ごせた一夜は
次回につづきます。







by kurikoma-photo | 2017-06-25 22:26 | 栗原市の風景 | Comments(1)

今日は日曜日でしたが午前中だけ出勤日。(ちっくしょ~)
仕事を終えて栗駒山の駒の湯温泉さんに写真を届けて
さらに週末の買い物をして家に帰りました。
家に帰っておもむろに今日の河北新報を読むと・・・

e0349817_20453749.jpg


栗原市花山の、隣は秋田県境にあります、湯浜温泉三浦旅館さんの記事です。
2008年の岩手・宮城内陸地震で湯脈を破壊され、
さらに2011年の東日本大震災。
復興まじかだった温泉にまた源泉問題と
さらに放射能汚染問題が追い打ちをかけたことは事実です。
東日本大震災から現在も客足が二度の震災以前に戻っていないようです。
記事の通り放射能汚染の風評被害が、6年たった今もあるのかも知れません。
でもそんなことを嘆いても世間はつめたい。
だったら、風評は実際に現実を確認したネットの口コミで晴らしてはどうでしょう。
私も日帰りでは何度も訪れました湯浜温泉さん。
内湯、露天、両方の温泉の良さはよく判っています。
ここは電気の通じていないランプの宿。(もちろん携帯電話も通じません)
泊まってこそその良さが判ります。
と、泊まったことの無い私が言っても信憑性が無いですよね。
今年は絶対泊まりにゆきます。




by kurikoma-photo | 2017-06-04 21:21 | 栗原市の風景 | Comments(0)

若柳大林の桜並木

栗原市の里の桜はもう散り始めていますが、満開の時に撮った桜に
もう少しお付き合いください。

e0349817_22124655.jpg


栗原市若柳の西側、大林の迫川堤防の道に沿って咲く並木です。
旧くりでんの駅でいうと大岡駅付近ですね。

e0349817_22112803.jpg


ズラリと並んだ桜が美しく、しかも圧巻ですね~。
車に乗っている人も思わず見とれてしまいますよ。

e0349817_22113883.jpg


前をよく見て運転しましょうね。

e0349817_22120118.jpg


23日(日)満開でした。

e0349817_22122143.jpg


もう散っていることでしょう。
そろそろソメイヨシノは終わりにして、遅咲きの桜や山桜を撮影したら紹介します。
栗原にはたくさん桜の名所があるでしょ。




by kurikoma-photo | 2017-04-26 22:24 | 栗原市の風景 | Comments(2)