栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

カテゴリ:栗駒山( 80 )

もっと早く連絡売ればよかったのですが。
11月10日(火)夜9時から、BS朝日放送にて栗駒山の紅葉風景が放送されます。
「新にほん風景遺産」という番組です。
著名人を案内して栗駒山に登るのは花山山岳会の会長であり、
大崎市古川の駅前で珈琲Café「カフェ・モンテ」を営む太宰さん。

e0349817_07255874.jpg
(イメージ画像ですが)
好天の中登山できたようです。
ぜひ皆さんご覧ください。



by kurikoma-photo | 2015-11-10 07:36 | 栗駒山 | Comments(2)

栗駒山の初雪

今日は朝から強風と、晴れたり時雨れたりの冬のようなお天気
栗原市花山方面に紅葉を観に行こうと向かっていたら・・・
e0349817_19502290.jpg
何度も虹に遭遇。天気がころころ変わります。
栗駒山方面は真っ白な雲におおわれていますがもしや雪が降っているんじゃないかな。
と思いながら花山へ・・・

・・・花山からの帰り道のラジオから、旧いこいの村からいわかがみ平間が
積雪で通行止めです、なんて情報が。
ちょっこら行ってきますか。

e0349817_19495354.jpg
中腹から見る今季初の雪です。
去年より3日早い初雪だ。
くもっていて見にくいですが、いわかがみ平と同じ高さのところは
白くなっているな~!
e0349817_19494370.jpg
ハイルザーム栗駒から。ここから上は通行止めになっていました。
寒々とした風景です。
写真を撮っていたらアラレが降ってきましたよ。
駒の湯周辺のこのあたりは今日の最高気温が7℃だったとか。
いよいよ山に雪が降りました。
降っては融けを繰り返して本格的な冬に向かいます。

おっと、花山の紅葉は追って紹介しますね。




by kurikoma-photo | 2015-10-25 20:50 | 栗駒山 | Comments(0)

栗駒山冷沢の紅葉

駒の湯のアメダスの今朝の最低気温は0.4℃だったとか。
栗駒山の紅葉もそろそろ終わりですね。
今年最期の山の紅葉の様子です。

e0349817_21305255.jpg


山麓の冷沢(ひやしざわ)付近の紅葉です。
市道に架かるのは冷沢橋。
鳴子峡の国道47号の橋ではありませんよ。

e0349817_21310182.jpg


鳴子峡に負けない美しい風景が有ります。
その冷沢の近くに行ってみると・・・

e0349817_21311097.jpg


近くにくると、もう見事な紅葉・黄葉。

e0349817_21311879.jpg


遠くで見ても、近くで見ても見事です。

e0349817_21312800.jpg


ブナの木の黄葉。
すっかり葉っぱが枯れて茶色になり落陽したブナの木も趣がありますよ。
とりあえず今年の山の紅葉はこれが最後になるでしょうか。
今年はたくさん楽しませてもらいました。

来週あたり初雪が降りそうな栗駒山でした。



by kurikoma-photo | 2015-10-21 22:10 | 栗駒山 | Comments(0)

栗駒山世界谷地の紅葉

12日月曜日、栗駒山のブナの森を見に行った時に
もちろん世界谷地にも行ってみました。
ここの方が見頃だったのかも知れません。

e0349817_22505373.jpg


入り口がもういい具合に紅葉してました。

e0349817_22510355.jpg


紅葉の葉を踏みしめて。

e0349817_22511391.jpg


きれいだね~。

e0349817_22512207.jpg


世界谷地のこの時期。
6月下旬のニッコウキスゲの時期に劣らない絶景が見られますよ。

e0349817_22513083.jpg


草紅葉が美しい。
6月の緑あふれる姿とは対照的な晩秋の風景。
ちょっと切なくも感激の風景です。

e0349817_22514562.jpg


残念ながら栗駒山山頂は見えませんでしたが
写真ではなく絵画のような風景にも見えます。

e0349817_22515632.jpg


サラサドウダンの赤い葉と小さな実。
陽の光に輝いていました。
世界谷地を歩いた後ブナ林に向かいました。
その帰り道。

e0349817_22520371.jpg


お昼近い世界谷地への道はたくさんの人が訪れていましたよ。
こんな街を歩く格好でも来れますが、
やはり靴だけでも、せめてスニーカーを履いた方が安全です。

紅葉の世界谷地もお勧めです。


by kurikoma-photo | 2015-10-14 23:13 | 栗駒山 | Comments(8)

昨日に引き続き栗駒山のブナの森の様子です。
森は木だけではなく他にも見どころがたくさんありますよ。

e0349817_21400290.jpg


登山道にどんと鎮座しております「聖座石(ひじりいし)」
いわれは調査不足で判りませんが、昔は表掛けコースだったこの道、
修行者も通ったのでしょう、一休みに腰かけたのかも知れません。
苔むしていい雰囲気です。

e0349817_21401310.jpg


苔と言えば倒木には苔が覆っています。
緑がきれいだ。

e0349817_21402292.jpg


さらにこんなかわいいキノコも顔を出していましたよ。
マクロレンズじゃないので私のレンズではこの辺りがアップの限界かな。

e0349817_21403513.jpg


さらに歩を進めると見事な紅葉。
もみじ系の木はもう真っ赤でした。

e0349817_21404557.jpg


太陽の光で葉っぱを透かして見ました。
鮮やかですよ。

e0349817_21405742.jpg


さて今日の私の目的地、大地森分岐点です。
以前は変則十字路と言ってましたが、
温湯コースが岩手・宮城内陸地震以来再開のめどが立たないので
分岐点と呼ぶようになったのかと思います。
登山口からまっすぐ来れば1時間程度。

e0349817_21411173.jpg


休憩用のテーブルと椅子も有ります。
私も一休み。
ぐるっと周囲を見渡せる広場のような森に囲まれた場所、
いや~落ち着きます。
何時間もここに居たい気分です。
もっと紅葉が進むとさらにいい雰囲気になりますよ。

e0349817_21412070.jpg


テーブルに置いたドングリ。
たくさん落ちています。
ドングリからはもう芽が出ていました。

e0349817_21413335.jpg


分岐点の紹介です。
写真右手が大地森コース。大地森の西側をぐるっと回って御室ほ経て頂上に向かいます。
左は古道の森コース。
花山の奥の湯浜温泉や千年クロベに向かう道です。
千年クロベはここから1時間ちょっとかな。
これからの時期お薦めのコースです。

ブナの木の黄葉は今週末からが見頃になりそうです。
紅葉黄葉もいいですが、葉っぱがかなり散った後に
見通しの良くなった森の木々の間から見上げる青空も美しいですよ。

ぜひ栗駒山のブナの森にもお出でください。


by kurikoma-photo | 2015-10-13 22:41 | 栗駒山 | Comments(0)

午前中はお天気の良い体育の日でしたね。
私は今日も栗駒山へ。そろそろブナの森の紅葉も見頃かなと行ってきました。

e0349817_21231157.jpg


朝8時過ぎ、県道の築館・栗駒公園線は混んでいるでしょう。
市道を世界谷地登山口に向かっています。
冷沢橋にて。
だいぶ紅葉も見えますね。

e0349817_21232685.jpg


世界谷地登山口から、ここは大地森コースの登山口でもあります。
色付いてきた木々が見えますね。
もちろん世界谷地にも行ってみましたが、その報告は後日に・・・

e0349817_21233666.jpg


大地森コースを進んで行くと、色づいてきた森の中に入って行きます。

e0349817_21234549.jpg


木の種類は判りませんが、登山道のすぐ横に大きな木が次々と現れてきます。

e0349817_21240372.jpg


大きな岩にへばりつくように生えている木。
何もそこに生えなくてもと思いますが、
他の木がない所だからこそ生きて行けるチャンスがあるのかもしれない。

e0349817_21245281.jpg


写真左側の樹皮だけしか残っていないと思われるようなブナの木。
ちゃんと生きてるんですね。
上の方に枝を張り葉っぱも生えていました。
いや~!自然の中の命の強さを感じます。

e0349817_21250272.jpg


本格的な紅葉には少しだけ早かったでしょうか。
ブナの木はまだ黄緑色でしたが他の木は見事に色づいている木もあります。

e0349817_21594673.jpg


いいですね~。来た甲斐がありました。

ブナの森の見どころはまだ続きます・・・。




by kurikoma-photo | 2015-10-12 22:06 | 栗駒山 | Comments(0)

栗駒山の紅葉情報は、もういいわ・・・
と言う方もいるかとは思いますが、もう少しお付き合いを。
毎月28日に発刊される宮城の情報雑誌「りらく」の10月号で栗駒山の特集が載っていました。

e0349817_22431703.jpg

紅葉の栗駒山を行くと題して、きれいな紅葉の写真をたくさん載せています。
栗駒山の紅葉登山の楽しさを紹介していますね。
栗駒山の基本が判ります。
ぜひみなさんもご一読ください。

最近のりらくには注目しています。
グルメ情報が優先だったのが変わってきましたね。

9月号では・・・

e0349817_22433431.jpg


日本で最も美しい村が特集されました。
私も大好きな山形県大蔵村が紹介されていました。
棚田の風景が美しい村です。
(表紙の写真は福島県三島町です)
そういった東北らしくて美しい場所があってこそで、グルメはその一部です。

もっと多くの東北の美しい場所を紹介してくださいね。





by kurikoma-photo | 2015-09-29 23:34 | 栗駒山 | Comments(2)

23日に登りました栗駒山。
もう少し紹介したい写真がありましたのでアップします。
e0349817_21565050.jpg
山頂で他の登山者にカメラを預け、記念写真を撮るご家族。
お母さんの背には赤ちゃんも・・・
パパ、ママと子供三人、うらやましいね。
こんなことしてみたかったね。

来年は一日中山頂にいてボランティアでシャッター押し屋さんをしてみようかと思っています。
山頂に登ってくる人たちの、いろんな人生模様が見られるのではないかと思います。

e0349817_21575720.jpg
頂上ではサラサドウダンの木をはじめ紅葉真っ盛り。
山頂から西側に行ってみましょう。
e0349817_21580938.jpg
稜線付近の見事な紅色。
e0349817_21582120.jpg
秣岳方面もいい景色。
天馬尾根まで往復すればよかったかな。
天馬尾根の草原は一週間後が見頃でしょうか。
e0349817_21584015.jpg
天狗岩あたりも遠くから見ると美しいね。
e0349817_21585542.jpg
望遠レンズに切り替えて・・・。
薄っすらと見える鳥海山。
鳥海山の紅葉も素晴らしいらしい、行ってみたいなあ~。
e0349817_21590589.jpg
北に目をやると焼石連峰。
良く見ると山肌が赤くなっています。
東北の山々の紅葉を眺めて見たいけど、仕事を引退するまでは無理かな~。
そのころには登る体力もあるかな023.gif

e0349817_21591593.jpg
山頂から続く稜線で。
アマチュアカメラマンが三者三様で紅葉を撮影しています。
やはりこの時期は多いですね。
お互いライバル視して会話することも無くてね(笑)。
e0349817_21592524.jpg
この日のベストショット。
東栗駒山で私と一緒に休憩した親子三代の中のパパとお嬢ちゃん。
山頂に娘の手を引いて到着。
二人のほっとした笑顔が印象的でした。

e0349817_21593720.jpg
下山の中央コースもそりゃ見事な紅葉。
e0349817_21594706.jpg
若い人もいれば年配の人も登れるのが栗駒山。
老夫婦が、ゆっくりゆっくり山を下りて行きます。
「今年もいい時に登れたね」なんて会話が聞こえそうです。







by kurikoma-photo | 2015-09-27 23:11 | 栗駒山 | Comments(2)

昨日に引き続き、23日に登ってきました東栗駒山コースの紹介です。
一見急そうな岩山を登った後は・・・
e0349817_22461906.jpg
ゆる~く続く稜線に出ます。
しばらくは急登も無いので存分に景色を楽しみます。
その前にここで私も一休み。
e0349817_22465589.jpg


今登ってきた登山道を振り返ると4・5歳程の子供からお爺ちゃんまでの家族連れが登ってきます。
子どもたちは元気だね~。
登りきって私の横でみんなで休憩。
子どもたち3人で「やっほー」を何度も繰り返していました。

e0349817_22471210.jpg


栗駒山に何度も叫びましたが、山びこの答えは無し。残念。
でもみんなはめげることなく、おやつのおにぎりをパクパク食べていました。
かわいいね~。
私も休憩方々、カメラのレンズを望遠に替えてあちこちのぞいてみましょう。

e0349817_22483395.jpg


中央コースの最後の急登と山頂。
草紅葉が楽しみだね。

e0349817_22484343.jpg


同じく中央コースの中間点の少し平らになったところ。
大きな案内看板も見えますね。
その足元はこんなにきれいな紅葉があるんですね。
中央コースを登っている人には見えないんですよ。
さてまた登山の再開です。

e0349817_22491891.jpg


ほどなく東栗駒山の山頂です。
栗駒山の山頂と並んで記念写真。
そして面白い写真が・・・

e0349817_22495432.jpg


栗駒山山頂がタバコを吸ってプカ~と煙を吐いたような雲が。
こんな雲は始めて見ましたよ。
タイミングよくっ出てくれましたね。思わず笑ってしまいました。

e0349817_22500835.jpg


東に目をやると笊森(ざるもり)も紅葉してました。
その近くの白い点は避難小屋です。
いつかは泊まってみたいと思っているのですが、今年も実現できないかな~

e0349817_22502133.jpg


最後の急登の前の気持ちの良い草原の道。
登山道を降りてくる女性もさわやかな風をうけて
気持ちよさそうに風景を楽しんでいるようでした。

e0349817_22503251.jpg


中央コースとの合流点から、今歩いてきた東栗駒山の稜線を振り返って。
大船渡のみなさん、いかがでしたか。
東栗駒山コース、バラエティに富んでますね。
今回はご一緒できなくて残念でしたが、ぜひ来年はガイドさせてくださいね。









by kurikoma-photo | 2015-09-24 23:44 | 栗駒山 | Comments(1)

栗駒山を降りて来て

昨日、栗駒山に登って紅葉を楽しんできましたが
他にも楽しんだ光景が有りますのでご覧ください。

e0349817_22265552.jpg


頂上直下の草紅葉。
陽の光にキラキラ輝きながら風にそよぐ姿が私は好きなんです。

e0349817_22270692.jpg


二週間前に登った時、まだ青かった登山道のドングリですが、
茶色く色づいてきました。
子どもたちが見つけてくれるといいですね。

e0349817_22272577.jpg


中央コースの下山時の最大の楽しみは
私の住む栗駒の里が見下ろせることです。
黄金色の田んぼが広がっていますね。
栗駒山に生かさせてもらっていることが良くわかります。

e0349817_22344755.jpg


ちょうど19日は山麓の耕英地区で「いわな祭り」が開催されていました。
私が降りるころにはもう終わっているだろうと思っていましたが、まだやっていました。

e0349817_22345770.jpg


残り少なかったいわな丼(お祭り用のコンパクトサイズ)二種類を婆ちゃんのお土産に購入。
岩魚の甘露煮「甘太郎」なるものがあり。
新製品ですね、みなさんいろいろ工夫して販売促進に頑張っています。
甘太郎も食べてみましょう、晩酌のお供に購入です。
友人から岩魚の塩焼きもごちそうになったりして。
楽しい栗駒山でした。






by kurikoma-photo | 2015-09-20 23:04 | 栗駒山 | Comments(0)