栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

カテゴリ:栗駒山( 73 )

昨日はもう一つうれしい出来事が有りました。
NHKのBSプレミアムで月曜日の夜7時30分から放送しています、
にっぽん百名山に、ついに栗駒山が登場しました。

e0349817_23042773.jpg


オープニングは宮城側なども映しましたが、

e0349817_23044597.jpg


今回紹介されたコースは、岩手県側の須川温泉から、須川コースを登り始め
途中で産沼(うぶぬま)コースに入り頂上をめざし、須川コースで降りてくるものですが
途中で展望岩頭にも寄り道。

e0349817_23045997.jpg


名残ヶ原も今年はワタスゲが多かったようです。
撮影は今年の6月下旬のようでした。

e0349817_23063687.jpg


産沼コースに咲くサンカヨウの花。

e0349817_23064792.jpg


花びらが水に濡れるとすき透るそうな。
知らなかったな~。

e0349817_23070100.jpg


いつも見慣れた山頂ですがテレビで見ると雰囲気が違うネ。

e0349817_23071197.jpg


展望岩頭から竜泉ヶ原湿原を見下ろして。
ここからの眺めはいつ見てもいいな~。
Yさんとそのお友達のみなさん。
9月10日の登山ではここも通りますからね。

e0349817_23071947.jpg


昭和湖を通って下山でした。
残念ながら見逃してしまった方、
(私も仕事から帰って、今日の山はどこだろうなと新聞を見て気づきました)
再放送が7月31日(月)朝6時30分から有りますのでご覧くださいね。
紹介したのはほんの一部です。
あまり紹介するとNHKさんに怒られるからね。
これぐらいはかんべんしてください。
栗駒山が放送されてうれしくて。


by kurikoma-photo | 2017-07-25 23:37 | 栗駒山 | Comments(0)

須川湖のボートも復活し

いつまでも25日の須川の話題を引っ張りますが
イワカガミ湿原で秣岳が見えてきたら、ここに行くしかありませんね。

e0349817_21423499.jpg


須川湖です。いつもきれいな湖です。
緑が湖面に映り美しい。
さっきまで霧で湖の全体さえも見えなかったのに、きれいに秣岳も見えます。

e0349817_21424948.jpg


山が湖面に映る姿が私は好きだな~。

e0349817_21425926.jpg


おっ、9年前の岩手・宮城内陸地震以降休業していた貸しボートが
いつの間にか復活していました。
去年かな、今年からかな。
桟橋も新しくなったようです。
私も何度か乗ったことのあるボート復活して良かったな。
ボートの上から写真を撮るのもいいかも。

山に登らなくても山の自然を楽しめる須川側の栗駒山山麓。
宮城県側ももっと考えなくっちゃね。




by kurikoma-photo | 2017-06-30 21:54 | 栗駒山 | Comments(0)

世界谷地登山口にて

11日の日曜日に行ってきた栗駒山の世界谷地。
話しは前後しますが、登山口の周りの風景もご覧ください。

e0349817_21491472.jpg


この日は風が強かったけど青空がきれいだった。
いつものこの入り口からは登らず、作業道路を通って近くの池へ。

e0349817_21492662.jpg


木々に囲まれてたたずむ池。

e0349817_21493878.jpg


池に張り出した木の枝には、今年も白い泡状のモリアオガエルの卵が
産み付けられていましたよ。
オタマジャクシになってぽとぽと池に落ちて行く姿が見たいものです。
元気に育ってくれよ。

e0349817_21494934.jpg


登山道、広葉樹の森の中に入る前のタニウツギは、
二週間前に来た時よりさらに花が増えていますね。
青空に映えますね~!
森に入る前に後ろを振り返ると・・・

e0349817_21501904.jpg


櫃ヶ森から緑色を増してきた田園風景が広がります。

今週末、また世界谷地に行ってみる予定です。
何度行っても飽きることが無い所です。







by kurikoma-photo | 2017-06-14 22:22 | 栗駒山 | Comments(0)

今日はやっといいお天気。世界谷地の花の開花状況伝えるべく、
確認しに行ってきました。

e0349817_20163118.jpg


二週間前の5月末に音訪れて以来、すでにワタスゲがたくさん咲いていましたが・・・
雨に濡れていないワタスゲを見ることができました。
第一湿原は周回コースの始まりの手前までしか行けません。
ただ今木道の老朽化工事の最中なんですね。
古い木道は撤去されています。注意してください。

e0349817_20164669.jpg


それでも今年のワタスゲの咲き具合はすごいですね~!
手前からずっと奥の方までビッシリ咲いています。

e0349817_20172215.jpg


今が見頃のレンゲツツジ引き立てるカスミソウのようにも見えますが、
(駒の湯温泉の女将さんの言葉を借用)

e0349817_20173127.jpg


ワタスゲそのものも、ぽわっぽわでかわいいですな。
(今日の湿原は強風が吹いていて、一方向にたなびいています。
シャッタースピード優先の撮影でしたが、
しょっちゅう動く被写体に、ピント合わせに苦労しました。)

e0349817_20165522.jpg


ニッコウキスゲの姿もちらほら見え始めました。
今年は平年並みのつぼみの数でした。

e0349817_20171196.jpg


2週間後ぐらいがピークでしょうかね。

e0349817_20174388.jpg


サラサドウダンは今年は少なめでしたが、
かわいい花です。

e0349817_20175242.jpg


ワタスゲもこれからが見頃。
種ができて綿毛といっしょに風に飛ばされる風景がお薦めです。
お天気の良い日にぜひおいで下さい。



by kurikoma-photo | 2017-06-11 20:47 | 栗駒山 | Comments(0)

栗駒山麓の花


5月28日(日)に栗駒山に登った時、山麓で見かけた花を紹介します。

e0349817_23152557.jpg


駒の湯温泉さんに降りて行く坂道のヤマツツジ。
6月になると9年前の14日に、この温泉を襲った悲劇を思い出します。

e0349817_23153396.jpg


緑が濃くなり木陰が多くなると、森に包まれて
静かにたたずんでいた温泉を思い出します。
白樺の白とツツジのオレンジ色がきれいだ。

e0349817_23154898.jpg


世界谷地の登山道の登り口では、タニウツギがだんだんと増えています。

e0349817_23163424.jpg


登り始めは急なのですが、花がたくさんあると、しんどさも少しは
楽になる木がします。

e0349817_23164071.jpg


花ではありませんが、この時期耳をにぎわせてくれるのが
エゾハルゼミです。ヒグラシのようなアマガエルのような
鳴き声が、海岸に打ち寄せる波のようです。
たくさんいるはずなのに,なかなか目にすることができない
セミなんですよ。
久々に写真に撮れました。
栗駒山は山麓の散策も楽しいですよ。







by kurikoma-photo | 2017-06-02 23:35 | 栗駒山 | Comments(0)

昨日の栗駒山登山は雨模様で、登山自体は楽しめましたが、
アマチュア写真家としては欲求不満が残ったものですから、
もうすぐ花の最高潮を迎える世界谷地湿原に向かいました。
いっしょに登った仲間は、ハイルザームの温泉直行です。

e0349817_22041102.jpg


世界谷地入り口。
エゾハルゼミの合唱がうるさいほど新緑の森に響きます。
これが山麓の風物なんですよね。

e0349817_22043807.jpg


世界谷地に入ってビックリ。
まだ咲き始めたワタスゲの数の多さ。
手前から奥の方までワタスゲガびっしり咲いていましたよ。
今年は当たり年なんでしょうね。

e0349817_22050923.jpg


ちょっと雨にあたったようで、濡れて小さくなっていますが、
6月中旬まで晴れた日に見に来てください。
もっふもふのぽわぽわのワタスゲ、かわいいですよ。

e0349817_22053519.jpg


タテヤマリンドウの小さい花。
「ニッコウキスゲさんのような大きい花が咲く前に、私のような
小さい花は咲かないと虫君が寄ってこないのよね」
けなげです。

e0349817_22055371.jpg


レンゲツツジはまだつぼみ。
6月に入ってサラサドウダンやウラジロヨウラクが咲くころにいっしょに咲き
彩りを添えてくれます。

e0349817_22063739.jpg


そんな中残念なことが!
これからハイシーズンを迎えるという世界谷地で、
木道の工事を行うそうです。
実際に古い木造は撤去され周回コースは回れません。
無粋な宮城県発注の工事です。

(現場で作業に携わる業者さんには罪はありませんので、文句は言ってはいけません。)

それでもめげずに、
ぽわぽわのワタスゲ、また観に行きますよ。





by kurikoma-photo | 2017-05-29 22:48 | 栗駒山 | Comments(0)

今日は待望の初夏の栗駒山登山。
先日大土ヶ森を登った登山初心者の山仲間と一緒に上ってきました~が。

e0349817_20482619.jpg
登山口のいわかがみ平に着いたらもうしとしとの雨。
一応ガイドの私はどうしようかと思いましたが、
皆さんは登る気満々。
頂上に着くころには絶対晴れるよ。晴れ女の私たちだからね。
と一向に意に介さないみなさん。
いつも前向きな皆さんに私の方が背中を押されます。
e0349817_20483629.jpg
でも雨はシトシト降り続きます。
登山道に咲くコブシやミネザクラに歓声を上げつつ、
ひたすら登るみなさん。去年から登山を始めたみなさんですが
たくましくなりましたね~。
e0349817_20484414.jpg
登山道わきにはミネザクラが今が見頃に咲いていました。
e0349817_20485359.jpg
真っ白なものや、ピンク色の花、真ん中が赤紫ぽい花など、
いろんなミネザクラがあるのが楽しい。さすが栗駒山だ。
登山道から離れたあちこちに咲いていましたよ。
雨さえなけりゃもっときれいに撮ったのに。
(コンパクトデジカメ映像でした(泣))
e0349817_20491277.jpg
ムラサキヤシオツツジもあちこちで目立っていましたよ。
うっとおしい雨風景の中癒してくれました。


山頂到着。みなさんお疲れさま!
いい笑顔ですね。
あっ、今回はTさんの旦那さんも参加しました。
いつも仲のいいご夫婦です。
男性がサポートしてくれると心強いです。

頂上ではもう一組、仲の良いご夫婦にお会いできました。
いつも当ブログにコメントをいただきます、チップさんご夫妻です。
私の登山スケジュールに合わせて、わざわざ仙台から来てくれました。
お会いできてうれしかったです、本当にありがとうございました。
雨にもかかわらず、奥さんの都合に合わせて
栗駒山山頂まで付き合ってくれる旦那さん。
やさしいですね。
またどこかの山でお会いできることを楽しみにしています。
e0349817_20493801.jpg
しかし今年は残雪が多かった。
頂上直下は100mほどの雪渓が残っていましたよ。
登山仲間のみなさんには初めての雪渓。
登るのも降りるのも初めての経験。
実際に登り下りのコツをつかめてもらったでしょうか。
真夏になっても雪渓が残る山々が東北には多いんですよ。
この経験が活かせる機会はけっこうあることと思います。
e0349817_20495166.jpg
下山の時、やっと雲が切れて下界の風景が見え
歓声を上げるみなさんです。
やっぱり見晴らしの良い風景が好きですよね。
去年から登山を始めたみなさん。登る時間も早くなりましたね。
体力がどうのより、山を登るコツをつかんできたのかなと思います。
皆さんをご案内したい山はたくさんあるのですが、
みなさん主婦ですからね。無理言えないしな~。
と次回の山行は悩んでいます。
e0349817_20500164.jpg
Tさんの旦那さん、今日はご協力ありがとうございました。
お天気はいま一つでしたが
おかげで楽しい登山ができました。
また登りましょうね。







by kurikoma-photo | 2017-05-28 21:59 | 栗駒山 | Comments(4)

栗駒山 世界谷地の新緑


連日好天が続きます今年のゴールデンウイーク.
今日は栗駒の里も26℃をオーバーしまして夏日でした。
午後はTシャツで過ごしましたよ。
そんな中、せっかくの連休ですからどこかに行かなくちゃと
貧乏性の私、混まないだろう山方面に行ってきました。
栗駒山世界谷地です。

e0349817_20434675.jpg


登山口間もなくの定番の登山道ですね。
広葉樹の新芽が芽吹くいい季節です。

e0349817_20440978.jpg


入り口にはこんな看板が!
世界谷地第二湿原は2008年の岩手・宮城内陸地震以降へ閉鎖されていましたが、
本格的復旧工事に入っているようです。
来年は行けそうです、楽しみだな。
第一湿原の木道工事も今シーズン行われるようなので、気を付けて観に行きましょう
ハイシーズンの時は休工すると思いますが・・・ねっ宮城建設さん。

e0349817_20450272.jpg


登山道の新緑、と言うより新芽が新鮮です。

e0349817_20455902.jpg


世界谷地入り口の沢に咲いていたミズバショウ。
見頃でしたね。

e0349817_20452098.jpg


今の湿原は雪が溶けたばかりの湿原ですが、
栗駒山山頂方面がきれいだ。
この風景にはいつもホッとします。

e0349817_20454178.jpg


水が多いところの湿原の中に
ミズバショウが見えましたよ。
とはいえ、ニッコウキスゲのように湿原一面には咲かないので、
観光客のみなさんには物足りないかな。

それでも今日は途切れることなく観光客のみなさんが訪れていました。

e0349817_20463262.jpg


この新緑を見ただけで充分よと思っていただければ嬉しいですね。

e0349817_21353797.jpg


新芽がまぶしかったですよ。




by kurikoma-photo | 2017-05-05 21:30 | 栗駒山 | Comments(0)

栗駒山麓の春



昨日、駒の湯温泉を後にし、山麓の春を楽しんできました。

e0349817_21390921.jpg


新緑とまだ雪がたっぷり残る栗駒山。山頂直下はまだまだ雪がありますね。
新緑と雪山のコントラストが好きです。
5月28日(日)に去年から登山を始めたみなさんと中央コースを登る予定にしています。
登山道にはまだ雪が残っている所があると思います。
これも経験です。だんだんと山に馴れて一人前の山好き登山者になってほしいですね。

e0349817_21314851.jpg


花を入れて見るとまた雰囲気が華やぎますね。

e0349817_21315663.jpg


新緑の林ががきれいだ。
心も新鮮になってくるような気がします。

e0349817_21540160.jpg


写真仲間Tさんの山の家にある畑の中の休憩所。
夏になるとここの木陰が涼しいんだ~。
Tさんはこの日は里の家に行っているようで不在。
一人椅子に座って休ませてもらいました。
栗駒山も新緑の森も小鳥の声も山を渡る春風も、すべて楽しめます。
なんて贅沢な休憩でしょうか。







by kurikoma-photo | 2017-05-01 22:05 | 栗駒山 | Comments(2)

今日は20℃を超えた栗駒地方、暑かったですね。
シャツを腕まくりして一日過ごしました。
そんな今日は、栗駒山麓の駒の湯温泉さんが昨日から今シーズン
2017年のオープンをしたので行ってきました。

e0349817_20231265.jpg


駒の湯温泉は私は今年の初訪問なので、慰霊碑で参拝してから行きます。
駒の湯温泉のご主人が、「カタクリも咲き始めたよ」と知らせてくれたので、
慰霊碑の向かい側の斜面に咲くカタクリを眺めてから行きました。

e0349817_20232211.jpg


駒の湯温泉に下りて行く急な下り坂の斜面に
薄紫のカタクリとショウジョウバカマの花が一面に咲いていました。
きれいでしたよ。所々雪も残っていました。

e0349817_20233095.jpg


花と栗駒山の象徴ブナの木。
山の春ですね。

e0349817_20233995.jpg


広葉樹の新芽と東栗駒山です。
山の雪もだいぶ融けてきたようです。

e0349817_20234909.jpg


駒の湯温泉です。
左が温泉棟。右が休憩所です。

e0349817_20240500.jpg


温泉棟は手前男湯、奥に女湯。
いいお湯ですよ、ぬるめのお湯に広葉樹の森を見ながらゆっくりつかって・・・
お薦めは平日です。

e0349817_20241906.jpg


駒の湯温泉を昔(岩手・宮城内陸地震前)のような広葉樹の豊かな林に囲まれた
駒の湯に戻そうと、多くの方々が応援する姿が見られます。
写真の温泉建物の手前に紅葉樹の苗木が植えられた姿が見えますね。
温泉のごご夫妻が中心になって、昨日は「栗駒の自然を守る会」のみなさんが
植樹活動を行い、今日も駒の湯温泉を応援する皆さんが
ボランティアで植樹活動を手伝っていました。
夏でも広葉樹の木陰は涼しかったな~。
昔しの駒の湯温泉を思い出します。

e0349817_20242766.jpg


ちょうどお昼時、駒の湯名物になりましたそばを注文。

e0349817_20243572.jpg


コシのあるそばが美味いんですよ。
私は最近食が細くなったので普通盛(600円)をたのみましたが、
この美味しさは大盛(800円)を頼むべきだったと後悔。
このそばを食べることを目的に来る人も多いんですよ。
温泉上がりに食べるのが最高です。ぜひお楽しみください。

e0349817_20244729.jpg


私のボランティアは、そばを食べるお客さんに机上の栗駒山ガイドをすることかな。
接客とそばの仕込みに忙しいご夫妻に代わって、栗駒山の良さを伝えられればなと
思っています。
お昼過ぎには駐車場も一杯になるほどの盛況。

たびたびお手伝いに行ければよいのですが、すみません。
山の写真を持って展示させてもらっています写真の更新に行きます。



by kurikoma-photo | 2017-04-30 21:56 | 栗駒山 | Comments(0)