栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

カテゴリ:栗駒山( 77 )

栗駒山紅葉情報2017 その1


台風18号が近づいています東北地方。雨が降り出すのは明日午後から、
せっかくの3連休の17・18日の二日間は台風にやられそうだ。
ならば、今日行くしかない、行って紅葉の進捗状況を確認せねば、
と言う責任感に駆られ。午前中は自宅周辺の草刈を行った後
(さすがに3週連続になると婆ちゃんの機嫌が悪い)
11時近くに栗駒山に向かいました。

e0349817_20162081.jpg


11時30分の登山口いわかがみ平の駐車場の状況です。
紅葉が始まったとの情報が流れれば週末の朝7時前には満杯になります。
23日(土)からシャトルバスを使った交通規制が始まります。

e0349817_20163839.jpg


登山口のレストハウス前のナナカマドなどの紅葉です。
なぜかここの木々の紅葉が、頂上近くの木々の紅葉と同じような
色付きになるんですよね。

e0349817_20164601.jpg


今日の私は登山靴ではなく、ジョギングシューズで登ります。
やっぱり軽いね~。
ちょっと息は切れますが、早歩きのウォーキングぐらいのスピードで登れます。

e0349817_20165964.jpg


中央コースの様子です。二週間前に登った時よりも
登山道脇の木々も色付いてきましたね。

e0349817_20174380.jpg


中央コース展望の良い中間点。
だいぶ色づいてますね。今日昼ごろはガスが出始め展望が悪くなってきました。

e0349817_20182520.jpg


でもここから眺める頂上へ続く稜線の紅葉は最高ですよ。
まだ今一つ色づきは足りませんが、
これからどんどん色が濃くなってきます。

e0349817_20183950.jpg


家族連れも多く見られました。
誰でもが気軽に登山を楽しめるのが栗駒山に良いところですね。

e0349817_20193378.jpg


登山道沿いの花はだいぶ少なくなってきました。
ウメバチソウも花びらの形が変形してきています。

e0349817_20194791.jpg


花の替わりに個々の木々の紅葉を楽しむのもいいですね。
今日はガスが濃くなってきたので頂上まであと1kmの表示の所で引き返しました。
トレイルウォーキング(ランニングはムリだが)はけっこういいね。
時間短縮にもなるし、毎週でもいいな。

紅葉の見頃は20日ごろでしょうか。
23(土)・24(日)あたりにまた登りたいな。
今度は東栗駒山コースから見てみよう。
あそこは沢やぬかるみがあるから登山靴は必要だね。
栗駒山のハイシーズンがやってきます。




by kurikoma-photo | 2017-09-16 21:19 | 栗駒山 | Comments(2)

昨日までは秋晴れの青空広がるいいお天気でした東北地方
4か月前から予定していた栗駒山の須川温泉から秣岳(まぐさだけ)に向かう
縦走コースです。今回はこのブログにもちょくちょく出ていただきます、
去年から登山を始めた栗原・登米の山ガールのみなさんをご案内して登ります。

e0349817_21185340.jpg


朝7時45分s川温泉をスタート。
この時はいいお天気で、須川温泉とナナカマド越しにきれいに鳥海山が見えましたよ。

e0349817_21191730.jpg


名残ヶ原は夏の花も終わり静かに草紅葉を待つといった風情です。
すみませんこの日はガイドがメインなので一眼レフカメラは車に置いてきました。
写真は全てキャノンコン パクトデジカメ パワーショットG16です
いい訳かな。
でもそこそこ写りがいいですよね。



e0349817_21195428.jpg

昭和湖はいつもの白青色あそこがこれから登る展望岩頭だよと説明。
e0349817_21201211.jpg


エゾオヤマリンドウさんです。
本当に登山道の沿道にいくつも咲いていて私たちを励ましてくれましたよ。

e0349817_21204100.jpg

須川コースの一番つらい天狗平前の急斜面です。
山ガールさんもきついね。
e0349817_21210368.jpg

栗駒山の紅葉は始まっていました。
これにはみんなで感激。
e0349817_21214458.jpg

天狗平から御室方面を望みます。
先週観た雪渓は無くなっていましたね。
御室はお花畑なんだよと言うと、どこから行けばいいんですかと、
山ガールのみなさん。御沢コースと大地森コースからたどり着けるんだよ。
山頂から下って来ても行けるよ。
登って帰らなくちゃいけないから行かないだろうな。
e0349817_21222046.jpg

天狗平から栗駒山山頂には行かず真逆の方向へ進み最初の見どころ
展望岩頭へ。しかしここは強風でゆっくり景色も楽しめず
ちょこっと龍泉ヶ原を見てもらった程度。
ガイドのおっさんも自慢のうんちくを話せず天馬尾根に下ります。
下る途中に風の弱い所でお昼を食べましたが。
常に明るい山ガールのみなさんに私の方が励まされ、
おにぎりからお菓子キュウリ漬け、ミニトマトまでいただき。
ごちそうさまでした美味しかったです。いつも楽しいお昼です。

e0349817_21255783.jpg


天馬尾根からこのコース最高の見どころ、しろがね草原へ。
草原の先には天空のモンサンミッシェルがそこに有りました。

e0349817_22250062.jpg


馬の背のような稜線にひ広がる草原。斜面に切れ落ちても草原。
山が紅葉で賑わう頃、この草原はさらに黄金色に輝きます。

e0349817_21265115.jpg


草原には花は少ないのですが、だからこそ咲いている花がいとおしいんですね。

e0349817_21272657.jpg


名前は知らないけど小さな花にも感動します。

e0349817_21264114.jpg


おっさんでもそう思うんだから、
山ガールさんはなおさらですよね。夢中で撮影していましたよ。

e0349817_21274051.jpg


モンサンミッシェルを登る山ガールのみなさんです。
去年の8月に東栗駒山コースを始めて登ったみなさん。
その時はずいぶん苦労して登りましたね。
なんとたくましくなったことか(涙)
今回のコースは距離では東栗駒山コースの2倍は有ったかなと思います。
見違えるように成長しました。
岩手山、鳥海山をのぞけば東北の山はどこでも登れるんじゃないでしょうか。
(時間はちょっとかかるかも知れないけど)。
グループで登る楽しさを教えてもらいました。私の方こそ感謝です。
みなさんおる彼さまでした。
肝心の秣岳登頂の写真は獲っていませんでしたが。
無事秣岳登山口に降り栗駒山荘の露天風呂で今日の工程をふりかえりました。





by kurikoma-photo | 2017-09-11 23:00 | 栗駒山 | Comments(4)

秋の栗駒山始まり始まり

今日日曜日は先週の日曜日に続きいいお天気になりました。
先週は後で山に登れば良かったなと後悔したので
今週は思い立って登ってきましたよ。

e0349817_21324889.jpg


朝8時40分のいわかがみ平、思いたって準備しこの時間に登れる
なんて恵まれた場所に住んでいるんだと思います。
紅葉が始まったらこの時間は満車です。

e0349817_21331532.jpg


気持ち良い青空の下中央コースを登ります。
来てよかった。

e0349817_21333056.jpg


登山道脇にはいろんな花が見られましたよ。
エゾオヤマリンドウ。

e0349817_21334110.jpg


キリンソウが華やかでした。

e0349817_21335126.jpg


目を引いたのはガマズミの赤い実。

e0349817_21340755.jpg


イクラのような赤い実がたくさん。

e0349817_21341955.jpg


中央コース中間点の展望の良い平坦な場所
ここまで約1時間弱ここにきてかなり風が強く吹いていて
頂上は雲と風で見どころなさそうだなと私はここで引き返すことにしました。

e0349817_21345371.jpg


ハクサンシャジンは枯れはじめていました。
きれいに咲いている頃に山頂からの急斜面をバックに写真を撮りたかったな。

e0349817_21351359.jpg


御室方面に目をやると雪渓がまだ少し残っていました。
先週深山牧場からみた雪渓だ
周辺では初夏の花が咲いていることだろう。

e0349817_21352809.jpg


東栗駒山に目をやると、登っている人がいますね。
風の強い東栗駒山はどれだけ強い風が吹いているだろうかと
心配になります。

e0349817_22411337.jpg


ここ周辺でも色づいてきた木々の葉がちらほらみえました。

e0349817_21344090.jpg


いまから紅葉が楽しみです。

e0349817_21361664.jpg


私の予想では、18日の敬老の日当たりにはこの辺は紅葉が始まっていることと思います。
例年より1週間は早くなりそうな栗駒山の紅葉です。

e0349817_21355669.jpg


かえり道も登山道の花を眺めながら下りました。
ウメバチソウがかわいかった。

e0349817_21360507.jpg


花の蜜を吸いに来る蟻の生きるために一生懸命な姿が印象的でした。




by kurikoma-photo | 2017-09-03 22:34 | 栗駒山 | Comments(2)


長雨をぼやいても何も始まらない。
ならば間隙をぬって山に行ってみようか、
と山登りの禁断症状に耐え切れず、
頂上はムリだけど、山麓の世界谷地に行ってみました。

e0349817_20115755.jpg


今は湿原の工事の車のわだちがクッキリしてきた登山道。
頼みますよ来年のために。

e0349817_20121855.jpg


第一湿原への登山道、写真中央から下の所に、
黒い物が見えますが、これはおそらく熊の糞です。
(アップで撮った写真も有りますがカットね)

e0349817_20123297.jpg


世界谷地第一湿原入り口です。
ここにくるといつもワクワクです。

e0349817_20124658.jpg


霧雨に霞む世界谷地。
よく見ると花々が・・・

e0349817_20142258.jpg


おっ、紫色の花がいろいろあるな~。

e0349817_20143735.jpg


サワギキョウの花ですね。
初夏に比べだいぶ少なくなった湿原の花の中で目を引きますね~。

e0349817_20145177.jpg


白い花でこんな花も多かったのですが、
名前は判らず。


e0349817_20150418.jpg


第一湿原は現在散策のための木道の修理中。
途中までしか行けません。
ニッコウキスゲの最盛期も無視した木道工事。
9月末の工期通りに終わらせてほしいな。

e0349817_20152564.jpg


おそらくお盆前まではきれいな黄色を光らせていたでしょう
キンコウカの花の枯れはじめた姿です。
世界谷地のあちこちで見られました。
晴れていれば夏の花としてどれだけみ見事だった事でしょう。

e0349817_20154497.jpg


これはウメバチソウかな、
少しだけ咲いていました。

e0349817_20160795.jpg


これはタチギボウシでしょうか。
駒の湯温泉のご主人。

たくさん咲いていましたよ。
e0349817_20161942.jpg


世界谷地はこれから秋に突入します。




by kurikoma-photo | 2017-08-20 21:20 | 栗駒山 | Comments(0)

昨日はもう一つうれしい出来事が有りました。
NHKのBSプレミアムで月曜日の夜7時30分から放送しています、
にっぽん百名山に、ついに栗駒山が登場しました。

e0349817_23042773.jpg


オープニングは宮城側なども映しましたが、

e0349817_23044597.jpg


今回紹介されたコースは、岩手県側の須川温泉から、須川コースを登り始め
途中で産沼(うぶぬま)コースに入り頂上をめざし、須川コースで降りてくるものですが
途中で展望岩頭にも寄り道。

e0349817_23045997.jpg


名残ヶ原も今年はワタスゲが多かったようです。
撮影は今年の6月下旬のようでした。

e0349817_23063687.jpg


産沼コースに咲くサンカヨウの花。

e0349817_23064792.jpg


花びらが水に濡れるとすき透るそうな。
知らなかったな~。

e0349817_23070100.jpg


いつも見慣れた山頂ですがテレビで見ると雰囲気が違うネ。

e0349817_23071197.jpg


展望岩頭から竜泉ヶ原湿原を見下ろして。
ここからの眺めはいつ見てもいいな~。
Yさんとそのお友達のみなさん。
9月10日の登山ではここも通りますからね。

e0349817_23071947.jpg


昭和湖を通って下山でした。
残念ながら見逃してしまった方、
(私も仕事から帰って、今日の山はどこだろうなと新聞を見て気づきました)
再放送が7月31日(月)朝6時30分から有りますのでご覧くださいね。
紹介したのはほんの一部です。
あまり紹介するとNHKさんに怒られるからね。
これぐらいはかんべんしてください。
栗駒山が放送されてうれしくて。


by kurikoma-photo | 2017-07-25 23:37 | 栗駒山 | Comments(0)

須川湖のボートも復活し

いつまでも25日の須川の話題を引っ張りますが
イワカガミ湿原で秣岳が見えてきたら、ここに行くしかありませんね。

e0349817_21423499.jpg


須川湖です。いつもきれいな湖です。
緑が湖面に映り美しい。
さっきまで霧で湖の全体さえも見えなかったのに、きれいに秣岳も見えます。

e0349817_21424948.jpg


山が湖面に映る姿が私は好きだな~。

e0349817_21425926.jpg


おっ、9年前の岩手・宮城内陸地震以降休業していた貸しボートが
いつの間にか復活していました。
去年かな、今年からかな。
桟橋も新しくなったようです。
私も何度か乗ったことのあるボート復活して良かったな。
ボートの上から写真を撮るのもいいかも。

山に登らなくても山の自然を楽しめる須川側の栗駒山山麓。
宮城県側ももっと考えなくっちゃね。




by kurikoma-photo | 2017-06-30 21:54 | 栗駒山 | Comments(0)

世界谷地登山口にて

11日の日曜日に行ってきた栗駒山の世界谷地。
話しは前後しますが、登山口の周りの風景もご覧ください。

e0349817_21491472.jpg


この日は風が強かったけど青空がきれいだった。
いつものこの入り口からは登らず、作業道路を通って近くの池へ。

e0349817_21492662.jpg


木々に囲まれてたたずむ池。

e0349817_21493878.jpg


池に張り出した木の枝には、今年も白い泡状のモリアオガエルの卵が
産み付けられていましたよ。
オタマジャクシになってぽとぽと池に落ちて行く姿が見たいものです。
元気に育ってくれよ。

e0349817_21494934.jpg


登山道、広葉樹の森の中に入る前のタニウツギは、
二週間前に来た時よりさらに花が増えていますね。
青空に映えますね~!
森に入る前に後ろを振り返ると・・・

e0349817_21501904.jpg


櫃ヶ森から緑色を増してきた田園風景が広がります。

今週末、また世界谷地に行ってみる予定です。
何度行っても飽きることが無い所です。







by kurikoma-photo | 2017-06-14 22:22 | 栗駒山 | Comments(0)

今日はやっといいお天気。世界谷地の花の開花状況伝えるべく、
確認しに行ってきました。

e0349817_20163118.jpg


二週間前の5月末に音訪れて以来、すでにワタスゲがたくさん咲いていましたが・・・
雨に濡れていないワタスゲを見ることができました。
第一湿原は周回コースの始まりの手前までしか行けません。
ただ今木道の老朽化工事の最中なんですね。
古い木道は撤去されています。注意してください。

e0349817_20164669.jpg


それでも今年のワタスゲの咲き具合はすごいですね~!
手前からずっと奥の方までビッシリ咲いています。

e0349817_20172215.jpg


今が見頃のレンゲツツジ引き立てるカスミソウのようにも見えますが、
(駒の湯温泉の女将さんの言葉を借用)

e0349817_20173127.jpg


ワタスゲそのものも、ぽわっぽわでかわいいですな。
(今日の湿原は強風が吹いていて、一方向にたなびいています。
シャッタースピード優先の撮影でしたが、
しょっちゅう動く被写体に、ピント合わせに苦労しました。)

e0349817_20165522.jpg


ニッコウキスゲの姿もちらほら見え始めました。
今年は平年並みのつぼみの数でした。

e0349817_20171196.jpg


2週間後ぐらいがピークでしょうかね。

e0349817_20174388.jpg


サラサドウダンは今年は少なめでしたが、
かわいい花です。

e0349817_20175242.jpg


ワタスゲもこれからが見頃。
種ができて綿毛といっしょに風に飛ばされる風景がお薦めです。
お天気の良い日にぜひおいで下さい。



by kurikoma-photo | 2017-06-11 20:47 | 栗駒山 | Comments(0)

栗駒山麓の花


5月28日(日)に栗駒山に登った時、山麓で見かけた花を紹介します。

e0349817_23152557.jpg


駒の湯温泉さんに降りて行く坂道のヤマツツジ。
6月になると9年前の14日に、この温泉を襲った悲劇を思い出します。

e0349817_23153396.jpg


緑が濃くなり木陰が多くなると、森に包まれて
静かにたたずんでいた温泉を思い出します。
白樺の白とツツジのオレンジ色がきれいだ。

e0349817_23154898.jpg


世界谷地の登山道の登り口では、タニウツギがだんだんと増えています。

e0349817_23163424.jpg


登り始めは急なのですが、花がたくさんあると、しんどさも少しは
楽になる木がします。

e0349817_23164071.jpg


花ではありませんが、この時期耳をにぎわせてくれるのが
エゾハルゼミです。ヒグラシのようなアマガエルのような
鳴き声が、海岸に打ち寄せる波のようです。
たくさんいるはずなのに,なかなか目にすることができない
セミなんですよ。
久々に写真に撮れました。
栗駒山は山麓の散策も楽しいですよ。







by kurikoma-photo | 2017-06-02 23:35 | 栗駒山 | Comments(0)

昨日の栗駒山登山は雨模様で、登山自体は楽しめましたが、
アマチュア写真家としては欲求不満が残ったものですから、
もうすぐ花の最高潮を迎える世界谷地湿原に向かいました。
いっしょに登った仲間は、ハイルザームの温泉直行です。

e0349817_22041102.jpg


世界谷地入り口。
エゾハルゼミの合唱がうるさいほど新緑の森に響きます。
これが山麓の風物なんですよね。

e0349817_22043807.jpg


世界谷地に入ってビックリ。
まだ咲き始めたワタスゲの数の多さ。
手前から奥の方までワタスゲガびっしり咲いていましたよ。
今年は当たり年なんでしょうね。

e0349817_22050923.jpg


ちょっと雨にあたったようで、濡れて小さくなっていますが、
6月中旬まで晴れた日に見に来てください。
もっふもふのぽわぽわのワタスゲ、かわいいですよ。

e0349817_22053519.jpg


タテヤマリンドウの小さい花。
「ニッコウキスゲさんのような大きい花が咲く前に、私のような
小さい花は咲かないと虫君が寄ってこないのよね」
けなげです。

e0349817_22055371.jpg


レンゲツツジはまだつぼみ。
6月に入ってサラサドウダンやウラジロヨウラクが咲くころにいっしょに咲き
彩りを添えてくれます。

e0349817_22063739.jpg


そんな中残念なことが!
これからハイシーズンを迎えるという世界谷地で、
木道の工事を行うそうです。
実際に古い木造は撤去され周回コースは回れません。
無粋な宮城県発注の工事です。

(現場で作業に携わる業者さんには罪はありませんので、文句は言ってはいけません。)

それでもめげずに、
ぽわぽわのワタスゲ、また観に行きますよ。





by kurikoma-photo | 2017-05-29 22:48 | 栗駒山 | Comments(0)