栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

カテゴリ:未分類( 21 )

日曜日、栗駒山麓の千年クロベに行ってみたかったのですが
家の用事が出来てしまい行けなくなりました。
お昼前少しの間だけ栗駒山へ。
お知らせしておかないといけないことがあったものですから。
e0349817_23130187.jpg


栗駒山の温泉の代名詞、駒の湯温泉さんが有ったところです。
7年前の岩手・宮城内陸地震で土石流に飲み込まれてしまいました。
今年その片隅に駒の湯温泉が復活しました。

e0349817_23131485.jpg


美しい紅葉が見ごろになった森のすぐそばに小さな小屋が数個有ります。

e0349817_23132558.jpg


男湯・女湯・売店・休憩所とそれぞれ別々に小屋を建て温泉復活です。
うれしいですね。ご主人の菅原さんも忙しそうにお客さんを案内していました。
私も心ばかりの募金を・・・

e0349817_23363387.jpg


ご主人からありがとうございますと入湯証明書をいただきました。
お風呂には入っていませんが、温泉の紹介にいいですね。
まだまだお客さんが少ないです。私も時間に余裕があるときまた来て
今度は温泉に入りますね。

e0349817_23133433.jpg


こちらには数年前から始めていた足湯も有りますよ。
硫黄の香りがいいね~。

e0349817_23134197.jpg


すぐそばは平らな広い土地になっています。
来年はここに休憩所を建てる予定だとか。
徐々にではありますが復活してゆく駒の湯温泉です。




by kurikoma-photo | 2015-10-19 23:44 | Comments(2)

やっと10日ぶりの休日の今日。
気になるのは栗駒山の紅葉の状況。
登山道の紅葉は9月23日に存分に撮りましたから今年はまあ満足。
次はブナの森の紅葉だ。
どこまで降りてきたかなと朝早くいわかがみ平まで行ってきました。

e0349817_21150029.jpg


おお~紅葉はすでに1100m台まで降りてきましたね。

e0349817_21151669.jpg


朝6時30分。
朝日がススキに反射してきれいだ。

e0349817_21154175.jpg


レストハウスのベランダから。
登山者が次々と山へ登って行きます。
今日は風がえらい強くて寒くて、私だったら登山はあきらめる状況でした。
(写真優先の軟弱登山者です)

e0349817_21155616.jpg


駐車場ももうすぐ満杯状態。
みなさん早いね。

e0349817_21160456.jpg


ベランダから見た東栗駒山の状況。
登山しなくとも紅葉が楽しめるところまで降りてきました。
いわかがみ平の下はまだ色づき始めた程度。
大きなブナの木が森になっている大地森の南斜面辺りに降りてくるまでには、
もう少し時間がかかりそうでした。




by kurikoma-photo | 2015-10-04 21:59 | Comments(0)

シルバーウィークも今日が最終日。
以前からの約束で、今日は大船渡の山仲間のお姉さま方を栗駒山にご案内する予定でしたが、
都合により予定が変更になってしまい、単独で19日に続いてまた栗駒山に登ってきました。
ご案内する予定だった東栗駒山コースから頂上に登り、中央コースを降りてくるコース。
大船渡のみなさん、こんなに素晴らしいコースですよ、ご覧くださいね。
e0349817_21094661.jpg
朝7時40分、いわかがみ平の登山口は紅葉シーズンだというのに
まだ半分ほどの車の数。
こちらとしては都合がよいのですが、もったいないですね。
情報不足なのでしょうかね~。
でも、これから登る東栗駒山のずいぶん下の方まで赤くなっているのが見えます。
19日(土)よりもずいぶん降りてきました。

e0349817_21095524.jpg
登ってしばらくは岩と粘土質の登山道。
勾配もそこそこあり滑りやすい道で、ロープやハシゴのある所もあります。
展望も良くないですが、ひたすら転ばないように登ります。
そんな道を抜けると・・・
e0349817_21100907.jpg
コースは新湯沢を100mほど登ります。
プチ沢登を体験できて気分転換にもなり、私は好きですね~。
e0349817_21101828.jpg
こんな水たまりも有りまして、
いないのはわかってるけど岩魚の姿を探したりしてね。
e0349817_21102794.jpg
プチ沢登りが終わるとだんだんと展望が開け頂上も見え始めます。
紅葉もどんどん見えてきましたよ。
e0349817_21104384.jpg
黄色い葉も交じってきた紅葉が美しい!
薄い雲が流れる青空もきれいだ。
本当に今日はいい日に来たな~!
e0349817_21105991.jpg
山頂方面を見上げると、中央コースに沿った紅葉が見事だ。
さてそんな場所で友人と出会いました。
e0349817_21111032.jpg
写真の後ろ姿は、私のブログにコメントをいただきます sogatchさん です。
偶然、同じ時間に駐車場に着き挨拶をしました。
彼はトレイルランナーですから中央コースから東栗駒山コースを走り、
私は東栗駒山コースから中央コースをノロノロ歩いてくるので、
どこかでお会いできますね~なんて言って別れたら、
1時間ちょっとでお会いしてしまいました。
ちょっと早すぎじゃないの(私が遅いのか?)
通場4時間のコースを1時間半ぐらいで走るんですか~!
しばし立ち話しをしました。
どこかのマラソン大会でまたお会いしましょう、と見送りました。
すごい人です。
e0349817_21112444.jpg
さらに登ると東栗駒山の紅葉も見えてきます。
この美しさでしょっちゅう足を止めて撮影するものですから時間ばかりかかります。
でも今日は時間制限は無いのでのんびり楽しみますよ。
e0349817_21113447.jpg
登山道の途中に若柳高校山岳部OB会14・15回生のみなさんが建立した
鐘が有ります。
自由に鳴らしていいようで、後から来た子供たちが記念に鳴らしていました。
登山の安全を見守ってくれている感じがしてうれしいですね。
e0349817_21114422.jpg
東栗駒山への最後の登り。
一見きつそうですが、ジグザグに道があるので意外と楽に登れます。
この辺から大きな岩がごろごろしている岩場になります。
いろいろな変化に富んだ登山道でしょ。
見上げる風景も良いですが、山頂からの風景もまたいいですよ。
その報告はまた次回に・・・



by kurikoma-photo | 2015-09-23 22:31 | Comments(2)

御伊勢浜の砂浜

しつこいですが、暑いですね~!
今日は35℃越えの猛暑日だった栗駒地方。
婆ちゃんも愛息子さんぽもエアコン嫌いなので、
扇風機だけでこの夏を乗り越えられるか心配です。

そんな私は今日は気仙沼方面に仕事でした。
気仙沼も33℃。栗駒と大差ない暑さです。

e0349817_21554518.jpg
観光地「岩井崎」の隣にありますお伊勢浜です。
震災前までは海水浴場として
今の時期は多くの海水浴客で賑わっていましたが・・・
東日本大震災後は広い砂浜もだいぶ小さくなっちゃいました。
しかし砂浜は白く、海の水は青くきれいでしたよ。

でもね右側の草のすぐ隣には高さ9mの防潮堤が建設中でした。
宮城県知事の指示による海と人間の分断計画が進んでいる訳ですよ。
「県民のみなさん津波から命を守りますよ。
手っ取り早いから防潮堤造りますよ。
命を守るんだから海の遊びなんて小さなことは無くてもいいでしょ」
という言い分なんですね。

e0349817_21555487.jpg
向こうに見えるのは岩井崎です。
海が見えなければかつてたくさんあった民宿も再建はできない。
海産物の加工場ぐらいが残るのでしょうか。
寂しい風景になります。

御伊勢浜に来る道は多くの復旧・復興・三陸道建設のための
ダンプカーが行き交います。

わずかに残った砂浜で遊ぶことができるのはいつのことでしょうか。
防潮堤に圧迫されながらですけどね。



by kurikoma-photo | 2015-08-04 22:24 | Comments(0)

オニユリの咲く季節

梅雨も終わったと思えば連日の猛暑。
お祭りも、仕事も外での活動が多い私はすでにばて気味。
くりこま山車まつりも終わり
後はお盆を待つだけの雰囲気の栗駒の里ですが
この時期に咲き始める花が有ります。

e0349817_20494745.jpg


わが家の庭や裏山に咲く
オニユリの花。
暑い青空に映えますね。
(明るめに柔らかく撮ってみました)

e0349817_20564856.jpg
ヤマユリはすでに散り始め。
オニユリのオレンジ色が緑の中でひときわ目立ちます。

本格的な夏ですが、
暑さはもう少し控えめにお願いしたい所です。



by kurikoma-photo | 2015-07-28 21:21 | Comments(0)

昨夜はくりこま山車まつりの宵祭りでした。
会社が出勤日だったので、急いで帰宅しお祭りを見に行きましたよ。

e0349817_06480535.jpg
すでに祭りは山車の夜間巡航が始まっていました。
子どもから大人まで待ちに待った年に一度のお祭り。
うれしそうです。
e0349817_06481371.jpg
田町町内会の山車です。
子どもたちが山車の上に乗っていますね。

e0349817_06484932.jpg
演目は「かぐや姫の昇天」の図だ
あでやかだね~!
e0349817_06482585.jpg
六日町地区は「安珍清姫」
今年も迫力のある山車だ!
二匹の大蛇がすごいリアル

e0349817_06484000.jpg
四日町は「狐の嫁入り」
これは人形も背景も豪華!
e0349817_06485955.jpg
山車を引っ張る人、お囃子の人もキツネのお面をかぶり
演出も凝ってますね。

e0349817_06492060.jpg
山車が巡航を終わり定位置に戻っても、
お囃子や即興の踊りで盛り上がりっぱなし
e0349817_06492875.jpg
宵祭りのクライマックス神輿渡御も始まりましたよ。
見物客も一番多くなり人波で移動するのも大変。
e0349817_06493783.jpg
祭りも最高潮!
神輿が終わると宵祭りも終了。
夜9時を過ぎました。

e0349817_06494772.jpg
「パパ、楽しかったね」
「明日も来ようね」

いよいよ本日26日が本祭りです。
天気も良さそう、暑くなりそうです。



by kurikoma-photo | 2015-07-26 07:23 | Comments(2)

いよいよ明日から「くりこま山車まつり」が始まります。
明日25日が宵祭り
明後日26日が本祭り

e0349817_22484388.jpg



明日私は通常出勤日。
急いで帰ってきて途中から宵祭りに参加します。
参加と言っても写真を撮るだけですけどね。
宵祭りが一番盛り上がるのでぜひ見に来てください。

何が良いかって山車の夜間巡航もいいし、神輿もいいね。
詳しくはチラシをご覧ください。
年に一度栗駒の里が多くの人で埋め尽くされる日です。



by kurikoma-photo | 2015-07-24 22:55 | Comments(0)

本日仕事から帰ると。
うわさでは聞いていました
栗原市初のハーフマラソン大会の案内が来ていました。

e0349817_21244251.jpg


「第1回栗原ハーフマラソン」
11月8日(日)の開催です。
昨年までの栗原市民マラソンが発展しましたね。

e0349817_21245143.jpg


栗原市若柳総合支所がスタート・ゴール。
ハーフの部は伊豆沼を見ながら走る所もあるね。

e0349817_21245893.jpg


参加種目は小・中学生の2km
高校・一般の5km・10km
そして一般のハーフマラソン。

e0349817_21250494.jpg


申し込みはもう始まっているんですね。
申込期間は7月15日~8月31日
さっそく私も申し込まないと・・・
とは思うのですが、毎度のことながら練習不足ですから。
ハーフは完全に無理(制限時間2時間30分)
10kmにしておくかなあ~。

足に自信のある方記念すべき第1回大会に参加して見ませんか。


by kurikoma-photo | 2015-07-23 21:48 | Comments(2)

おや?あの雲は・・・

今日も32℃を超えました栗駒地方。
でも夕方になれば涼しくなり、
暑くて寝苦しいことがないのが東北の山村です。

19日(日)の夕方に我が家の裏の山の上に見えた青空と雲です。

e0349817_21425164.jpg
いろんな種類の雲が見えますね。
大気が不安定なのか、

おや?この雲は・・・
e0349817_21425653.jpg
うろこ雲に似た形。
ハヤブサのお腹の方の羽の模様に似ているな~。
薄暗くなってきた周囲に青空が映えます。

身近にあるきれいな風景です。


by kurikoma-photo | 2015-07-21 21:57 | Comments(3)

連日の暑さも、台風の雨も吹き飛ばして、
いや~、やってくれましたね。
高校野球宮城県大会で母校岩ヶ崎高校がベスト8進出ですよ!


e0349817_21353548.jpg

この春の21世紀枠候補にも選ばれた松島高校に5対1で快勝。
午後の仕事が手に着かない・・・
とまではいきませんが気にしてましたよ。

e0349817_21354372.jpg

なんと49年ぶりの快挙とか。
ネットであちこちの記事を収集。

e0349817_21355353.jpg

普段見ないツイッターまで眺めましたよ。

さて明日18日は準々決勝です。
石巻市民球場で11時30分開始。
対戦相手は東北学院榴ヶ岡高校。

岩ヶ崎高校同窓会広報部写真係の私としては
行かないわけにはいきません。
遠く離れた同窓生のみなさんにブログを通して
この快進撃をお伝えしますよ。
と同時に、目いっぱい応援してきます006.gif066.gif

明日のブログをお楽しみに。



by kurikoma-photo | 2015-07-17 21:51 | Comments(2)