栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

2017年 09月 11日 ( 1 )

昨日までは秋晴れの青空広がるいいお天気でした東北地方
4か月前から予定していた栗駒山の須川温泉から秣岳(まぐさだけ)に向かう
縦走コースです。今回はこのブログにもちょくちょく出ていただきます、
去年から登山を始めた栗原・登米の山ガールのみなさんをご案内して登ります。

e0349817_21185340.jpg


朝7時45分s川温泉をスタート。
この時はいいお天気で、須川温泉とナナカマド越しにきれいに鳥海山が見えましたよ。

e0349817_21191730.jpg


名残ヶ原は夏の花も終わり静かに草紅葉を待つといった風情です。
すみませんこの日はガイドがメインなので一眼レフカメラは車に置いてきました。
写真は全てキャノンコン パクトデジカメ パワーショットG16です
いい訳かな。
でもそこそこ写りがいいですよね。



e0349817_21195428.jpg

昭和湖はいつもの白青色あそこがこれから登る展望岩頭だよと説明。
e0349817_21201211.jpg


エゾオヤマリンドウさんです。
本当に登山道の沿道にいくつも咲いていて私たちを励ましてくれましたよ。

e0349817_21204100.jpg

須川コースの一番つらい天狗平前の急斜面です。
山ガールさんもきついね。
e0349817_21210368.jpg

栗駒山の紅葉は始まっていました。
これにはみんなで感激。
e0349817_21214458.jpg

天狗平から御室方面を望みます。
先週観た雪渓は無くなっていましたね。
御室はお花畑なんだよと言うと、どこから行けばいいんですかと、
山ガールのみなさん。御沢コースと大地森コースからたどり着けるんだよ。
山頂から下って来ても行けるよ。
登って帰らなくちゃいけないから行かないだろうな。
e0349817_21222046.jpg

天狗平から栗駒山山頂には行かず真逆の方向へ進み最初の見どころ
展望岩頭へ。しかしここは強風でゆっくり景色も楽しめず
ちょこっと龍泉ヶ原を見てもらった程度。
ガイドのおっさんも自慢のうんちくを話せず天馬尾根に下ります。
下る途中に風の弱い所でお昼を食べましたが。
常に明るい山ガールのみなさんに私の方が励まされ、
おにぎりからお菓子キュウリ漬け、ミニトマトまでいただき。
ごちそうさまでした美味しかったです。いつも楽しいお昼です。

e0349817_21255783.jpg


天馬尾根からこのコース最高の見どころ、しろがね草原へ。
草原の先には天空のモンサンミッシェルがそこに有りました。

e0349817_22250062.jpg


馬の背のような稜線にひ広がる草原。斜面に切れ落ちても草原。
山が紅葉で賑わう頃、この草原はさらに黄金色に輝きます。

e0349817_21265115.jpg


草原には花は少ないのですが、だからこそ咲いている花がいとおしいんですね。

e0349817_21272657.jpg


名前は知らないけど小さな花にも感動します。

e0349817_21264114.jpg


おっさんでもそう思うんだから、
山ガールさんはなおさらですよね。夢中で撮影していましたよ。

e0349817_21274051.jpg


モンサンミッシェルを登る山ガールのみなさんです。
去年の8月に東栗駒山コースを始めて登ったみなさん。
その時はずいぶん苦労して登りましたね。
なんとたくましくなったことか(涙)
今回のコースは距離では東栗駒山コースの2倍は有ったかなと思います。
見違えるように成長しました。
岩手山、鳥海山をのぞけば東北の山はどこでも登れるんじゃないでしょうか。
(時間はちょっとかかるかも知れないけど)。
グループで登る楽しさを教えてもらいました。私の方こそ感謝です。
みなさんおる彼さまでした。
肝心の秣岳登頂の写真は獲っていませんでしたが。
無事秣岳登山口に降り栗駒山荘の露天風呂で今日の工程をふりかえりました。





by kurikoma-photo | 2017-09-11 23:00 | 栗駒山 | Comments(4)