栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

2017年 07月 21日 ( 1 )

先日、朝起きて朝の空気を吸おうと玄関を開けたら、
玄関先にセミの抜け殻と白い物が転がっていました。
何かなと思ってよく見たら、羽化したばかりのセミでした。
かわいそうにと、もう死んでいると思って指でつまむと、
セミが私の指にしがみついてくるんですよ。
必死に生きようと痛いほど指にしがみつくその強さに感動しました。

e0349817_21591964.jpg


玄関の柱にとまらせてあげます。
まだ羽も伸びきっていないセミです。

e0349817_21593001.jpg


30分後にに見に行くと羽は伸びきっていましたね。
あとはすっかり乾き、飛べるようになるのを待つだけだね。
アブラゼミくんかな、元気に飛び立つんだよ。

e0349817_21594553.jpg


あっ、やばい愛息子のさんぽが外に出てきた。
見つかったら食べられるぞ。
見つからないうちにさんぽの手が届かないところに移動してやらないと・・・
セミ君を高くて鳥の目にも入らないところに移動してあげました。
数時間後にのぞいたらもうセミはいなくなり、無事に飛んでいったようです。
よかったなあ。



by kurikoma-photo | 2017-07-21 22:12 | わが家の情景 | Comments(2)