栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

2017年 07月 09日 ( 1 )

東北地方には、梅雨の晴れ間の梅雨の晴れ間の暑い日が続きますね~。
そんな中昨日は今年2回目の焼石岳に登ってきました。
e0349817_15535793.jpg
中沼駐車場はこの時期駐車場の確保が一番の悩み事。
今回は大船渡の登山仲間Yさんのグループといっしょに登るので
車を縦列で止められるスペースを確保しYさんたちを待ちます。
奥には前日伯の方のテントも見えますね。
e0349817_15542745.jpg
Yさんたちが到着する朝7時半には駐車場は満杯。
何とか私が止めていたスペースに縦列して停められました。
e0349817_15544605.jpg


Yさん御一行のみなさんです。
今回が登山始めての方もいて、最初が焼石で大丈夫かなとちょっと不安。
ですがみなさん元気でにぎやか。楽しく登りましょう。

e0349817_15545621.jpg


最初の森林地帯。
登山初めての方は見るものすべてが珍しく
あれがギンリョウソウですよと紹介すると、すぐスマホで撮影。
初初しいですね。説明のし甲斐が有ります。

e0349817_15551293.jpg


中沼の奥側は前回、一か月前に訪れた時は、キンコウカの花が咲き乱れて
いましたが、今回はヒオウギアヤメがたくさん咲いていました。
落ち着いた雰囲気でいいね~。

e0349817_15552729.jpg
上沼も緑に包まれ、焼石の残雪もクッキリ見え、みなさんも
「7月になって雪が見られるなんて初めて~」
なんて感激した様子。
e0349817_15554051.jpg
コバイケイソウもあちこちで、ずいぶん背が高くなっていました。
e0349817_15555970.jpg


そうこうして銀名水到着。ここがほぼ中間点になりますが、
皆さんお疲れ気味なので大休止です。
銀名水の冷たさと美味しさに一同満足して。ペットボトルを無理やり空けて、
銀名水を詰め。さらに上に歩を進めます。

e0349817_15561045.jpg


銀名水付近にも残雪がたくさんありました。
融けたそばからキンコウカが咲き始めていましたよ。

e0349817_15562218.jpg


花の名前みなさん覚えてくれたかな。

e0349817_15563182.jpg


雪渓も横断します。
転んだら下までまっさかさまね、なんて言いながらも慎重に登るみなさん。

e0349817_15564641.jpg


やっと急傾斜地帯を抜けると少し緩やかな地帯へ。
この辺から花々を見る余裕がでてきたかな。
小ぶりなチングルマがかわいいね。

e0349817_15565522.jpg


ヒナザクラも咲いていましたね。

e0349817_16043788.jpg


白いハクサンチドリも見ることができました。
本来の赤紫の花も随所に見られましたよ。
たくさん花はみられましたが焼石名物の一面のお花畑はやはり6月
中旬~下旬で終わってしまうようです。

e0349817_15570685.jpg


今日のゴールは頂上直下の泉水沼です。
今回初めての登山の方はまだ余力も有ったようで頂上に行きたかったようでしたが、
着いた時間と下山にかかる時間を考えてもここをゴールと考えた方がいいですね。
ここでお昼ご飯にしました。
それにしても女性の方たちは小さなリュックの中に
よくこんなにお菓子からおにぎりからきゅうりの漬物から果物からつめこんでくるな~と感心します。
中には甘酒1ℓのパックまで持ってくる方もいて、
でもこれが疲れた体に美味しかったですね~。
皆さんごちそうさまでした。

e0349817_15575638.jpg


泉水沼でお昼を食べて元気を取り戻し下山しはじめるみなさんです。
途中山に向かって「ヤッホー!」と叫ぶ皆さんです。
山びこが帰ってこないわね~と、ちょっと残念そう。

e0349817_15581365.jpg


下山途中の中沼の風景。
皆さんはもう疲労の限界で、会話も少なくなりがちでした。
でもこんな緑と沼の風景を次回はゆっくりと見たいものですね。
ちょっつらかったけど皆さんのおかげで楽しい登山でしたね。

みなさんありがとうございました。





by kurikoma-photo | 2017-07-09 19:11 | 登山