栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

2017年 06月 28日 ( 1 )

湯浜温泉の宿泊で、すっかりリフレッシュした私。
25日(日)の栗駒山はお天気が悪そうだし、さて真っ直ぐ家に帰ろうかと思っていましたが
せっかくここまで来ているんだからと、ダメもとで須川湖と須川温泉の間に有ります
私の好きなイワカガミの花がたくさん咲く「イワカガミ湿原」に行ってみました。

e0349817_22352576.jpg


一見尾瀬を彷彿とさせる湿原。
ちょっと流れは弱いが水の豊富な湿原です。

e0349817_22353523.jpg


周遊路は木道になっていて、山に登れない方でも
高山植物を楽しめるように整備されています。
もういたるところに私の好きなイワカガミの花だらけです。

e0349817_22355451.jpg


タテヤマリンドウもこんなに密集して花とつぼみが有りました。

e0349817_22354425.jpg


だんだんとガスも晴れてきました。でもガスが有った方が幻想的かも。
この湿原も宮城側の世界谷地湿原同様ワタスゲガ多かったようです。

e0349817_22360688.jpg


ちょっと注目するべきところが・・・
写真上部に白いイワカガミの花が3本有りました。
右下の通常の花と比べてみてください。
めずらしいね~。

e0349817_22363727.jpg


と思えばイワカガミの密集地帯
これはすごいです。

e0349817_22364630.jpg


ああ~、今一つうまく撮れない。
もっとじっくり撮るべきだった、こんな機会めったにないのに。
でもイワカガミの花はかわいかった。

e0349817_22365615.jpg


そうこうしているうちに、ガスもだんだん晴れ、天馬尾根縦走路の西端
秣岳(まぐさだけ)も見えてきました。
先ほど通り過ぎてきた秣岳登山口には登山者の7・8人の集団がいましたよ。
この日登山された方は雲海が見られたかも知れません。
私はイワカガミ湿原で満足しました。







by kurikoma-photo | 2017-06-28 22:58 | Comments(1)