栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

2016年 07月 10日 ( 1 )

胆沢ダムで考える

今日は急に真夏がやってきまして,
栗駒の里は28℃と温度的にはそれほどではありませんでしたが
陽射しがあると体感温度も違いますね、暑かったあ~!

私もおとなしく家にいるわけもなく、おそらく今が見頃の
一関の「みちのくあじさい園」あたりに行こうかなと思っていたのですが
いま一つその気にならず、
(やっぱり人気観光地の人ごみが苦手な栗太郎です)
岩手県奥州市の胆沢ダムに行ってきました。

e0349817_20403298.jpg


胆沢ダム。平成24年に完成したばかりの新しいロックフィルダムです。
ダムと同時にわざわざ造られた展望台から眺めて見ました。
天気が良ければ向かって左に焼石岳が見えるようです。
二枚の写真を合成したのですがダムの全容の五分の一しか写せませんよ。

貯水量では日本で33番目に大きいダムです。
岩手県では北上市の田瀬ダム(日本で30番目に大きいダム。遠野の猿ヶ石川の流域)
に次いで二番目の大きいダムで、
宮城県で一番大きい七ヶ宿ダムの1.3倍も有ります。

e0349817_20411103.jpg


まあね、展望台からも全容は見えませんから。
奥の方はまだまだ続きます。
かつてここには石淵ダムが有ったのですが、はるかに9倍も大きい
胆沢ダムがすっぽり石淵ダムを飲み込んでしまいましたよ。
9倍の大きさが水沢・胆沢地区に必要だったんでしょうか。

e0349817_20405154.jpg


焼石岳への登山口の一つ、中沼登山口への分岐点。
花が咲き誇る今月中に登ってみたいんですが、お天気はどうかな~。

e0349817_20432792.jpg

周囲の自然にはなじまない大きなダムの堤体。
その下のダムからの水が流れる川、胆沢川ではこんな光景も。
e0349817_20441993.jpg

今年行われる国体で、カヌー・スラロームの競技が行われる渓流が有ります。
今日も練習する人の姿が見られました。
出来たばかりのダムですから、今はまだ水もきれいでしょうね。
e0349817_20442816.jpg

大きなダムにはダムを横断する橋も二か所に有りました。
中央のにある山は猿岩です。

旧石淵ダムの頃はシンボル的な山でした。
山腹を貫く素掘りの隧道があって、車一台がやっと通れるトンネルでした。
そこを抜けるとダムにそそぐ清流があってね、
そのそばには天然のキャンプができる河原があって、
夏になると家族で川で泳いだり、キャンプをしたりす河原の広場が有ったんですよ。
管理されたキャンプ場ではない自分の技量で楽しめるキャンプ場が有ったんです。
釣り好きの人はそこから沢をさかのぼってイワナ釣りをしたり。
知る人ぞ知る自然の楽園が有ったんですよ。
e0349817_20443664.jpg

トンネルも水の下になって猿岩も悲しそうだな~。
ダム造りの言い訳に展望台を造り、一関市の祭畤(まつるべ)から
このダムに通る道を造りました。
その代わりに多くの森と動植物と自然に親しもうとする人々の心を犠牲にしたんですね。
本当にこんなに大きいダムが必要だったんでしょうか、国交省と小沢さん。







by kurikoma-photo | 2016-07-10 22:04 | 日々の出来事 | Comments(0)