栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

2016年 07月 08日 ( 1 )

想い出の山 白神岳

私がブログを始めたのが2008年9月からです。
岩手・宮城内陸地震の当時の写真を振り返えって眺めていると、
ついつい昔撮った写真を眺めて見たくなるんですね。
ブログネタが無くなった時、想い出シリーズとして少しづつ公開します。

第一弾は秋田県の「白神岳」です。

e0349817_22060581.jpg
2007年7月、ちょうど今頃の時期です。
登山道から見る青い日本海と深浦町の海岸線がきれいで印象的でした。
五能線走ってるんだろうな~なんて思いながら登ります。
2007年の春に私の初めての一眼レフカメラを買ったのですが、
まだ使い方も判らないので、この時のカメラはキャノンの
コンパクトデジカメIXY(イクシー)でした。
e0349817_22061412.jpg
望んでいた白神岳に登れてうれしかったですよ。
世界遺産の白神岳は、私にとっては神秘の山であり長年の憧れでしたから。
稜線の草原と咲き誇る花々がきれいでしたよ。
e0349817_22062551.jpg
イブキトラノオとニッコウキスゲが競い合うように咲いていました。
懐かしい風景です。
e0349817_22063429.jpg
山頂にある避難小屋です。
小屋を支えるつっかえ棒がすごいなと感心した覚えがあります。
日本海側にあり冬は雪も風もすごいんだろうな~と思いましたね。
e0349817_22064510.jpg
男鹿半島方面に目をやると、雲の間からうっすらとそれが見えるようなお天気
梅雨時ですからしょうがない。
それにしても周りを見渡しても山・山・山
ブナをはじめとした広大な森がここにあるんだ、
白神山地の大きさに感激したものです。

この登山の2年前に亡くなった、私と同じく山好きだった下の弟。
病床で、「病気から全快したら白神山地に二人で行こうな」と約束していましたが
望みはかないませんでした。
遺影をたずさえていっしょに登りました。









by kurikoma-photo | 2016-07-08 23:03 | 登山 | Comments(0)