栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

2016年 01月 10日 ( 1 )

かもめ食堂

9日(土)、唐桑の鳴き砂の浜に行った後、早めの昼食です。

e0349817_22193847.jpg


大島行きのフェリー乗り場近くに昨年11月に開店しました
「かもめ食堂」です。
10年ほど前まで気仙沼にあったお店だったそうですが後継ぎが無く閉店。
その後震災なども有り、気仙沼の懐かしい味を復活しようと
気仙沼出身の和食料理人だったご主人が、幼い頃に食堂で食べた
記憶をもとに復活させた食堂との事。
開店時間が魚市場に出入りする人たちの帰り時間に合わせて
開店時間が午前10時からというのがうれしいですね。

e0349817_22194544.jpg


私が頼んだのは「かもめラーメン・醤油」700円
に半熟煮卵(100円)乗せです。
スープを一口。
日本有数の漁港らしく魚介の出汁が良く出ていますね。
しかもそれが強すぎず動物系のスープとよく合っていますよ。
いかにも港町の中華そばといった感じで旨いですね。

e0349817_22195102.jpg


麺もしこしこでスープに合っています。

e0349817_22195871.jpg


なんといってもこの半熟卵が黄身まで味が染みていて美味しかった。
食堂ですからカレーライスや港町らしいまぐろ丼やサーモン丼
なども有ります。どれも美味しそうですね。

e0349817_22200705.jpg


他にもメンチカツやコロッケの単品も美味しそうだ。
開店したばかりのお店は若い男女のスタッフ5・6人で営業。
お昼時はかなり混むんだろうな。
地元の若い人を雇って将来の気仙沼を担ってほしいですね。

ご主人は業界でも有名な方だったらしいですが。
ぜひ気仙沼のみなさんに愛されるお店になってもらいたいと思います。






by kurikoma-photo | 2016-01-10 23:23 | Comments(0)