栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

須川温泉から秣岳へ縦走楽しみました

昨日までは秋晴れの青空広がるいいお天気でした東北地方
4か月前から予定していた栗駒山の須川温泉から秣岳(まぐさだけ)に向かう
縦走コースです。今回はこのブログにもちょくちょく出ていただきます、
去年から登山を始めた栗原・登米の山ガールのみなさんをご案内して登ります。

e0349817_21185340.jpg


朝7時45分s川温泉をスタート。
この時はいいお天気で、須川温泉とナナカマド越しにきれいに鳥海山が見えましたよ。

e0349817_21191730.jpg


名残ヶ原は夏の花も終わり静かに草紅葉を待つといった風情です。
すみませんこの日はガイドがメインなので一眼レフカメラは車に置いてきました。
写真は全てキャノンコン パクトデジカメ パワーショットG16です
いい訳かな。
でもそこそこ写りがいいですよね。



e0349817_21195428.jpg

昭和湖はいつもの白青色あそこがこれから登る展望岩頭だよと説明。
e0349817_21201211.jpg


エゾオヤマリンドウさんです。
本当に登山道の沿道にいくつも咲いていて私たちを励ましてくれましたよ。

e0349817_21204100.jpg

須川コースの一番つらい天狗平前の急斜面です。
山ガールさんもきついね。
e0349817_21210368.jpg

栗駒山の紅葉は始まっていました。
これにはみんなで感激。
e0349817_21214458.jpg

天狗平から御室方面を望みます。
先週観た雪渓は無くなっていましたね。
御室はお花畑なんだよと言うと、どこから行けばいいんですかと、
山ガールのみなさん。御沢コースと大地森コースからたどり着けるんだよ。
山頂から下って来ても行けるよ。
登って帰らなくちゃいけないから行かないだろうな。
e0349817_21222046.jpg

天狗平から栗駒山山頂には行かず真逆の方向へ進み最初の見どころ
展望岩頭へ。しかしここは強風でゆっくり景色も楽しめず
ちょこっと龍泉ヶ原を見てもらった程度。
ガイドのおっさんも自慢のうんちくを話せず天馬尾根に下ります。
下る途中に風の弱い所でお昼を食べましたが。
常に明るい山ガールのみなさんに私の方が励まされ、
おにぎりからお菓子キュウリ漬け、ミニトマトまでいただき。
ごちそうさまでした美味しかったです。いつも楽しいお昼です。

e0349817_21255783.jpg


天馬尾根からこのコース最高の見どころ、しろがね草原へ。
草原の先には天空のモンサンミッシェルがそこに有りました。

e0349817_22250062.jpg


馬の背のような稜線にひ広がる草原。斜面に切れ落ちても草原。
山が紅葉で賑わう頃、この草原はさらに黄金色に輝きます。

e0349817_21265115.jpg


草原には花は少ないのですが、だからこそ咲いている花がいとおしいんですね。

e0349817_21272657.jpg


名前は知らないけど小さな花にも感動します。

e0349817_21264114.jpg


おっさんでもそう思うんだから、
山ガールさんはなおさらですよね。夢中で撮影していましたよ。

e0349817_21274051.jpg


モンサンミッシェルを登る山ガールのみなさんです。
去年の8月に東栗駒山コースを始めて登ったみなさん。
その時はずいぶん苦労して登りましたね。
なんとたくましくなったことか(涙)
今回のコースは距離では東栗駒山コースの2倍は有ったかなと思います。
見違えるように成長しました。
岩手山、鳥海山をのぞけば東北の山はどこでも登れるんじゃないでしょうか。
(時間はちょっとかかるかも知れないけど)。
グループで登る楽しさを教えてもらいました。私の方こそ感謝です。
みなさんおる彼さまでした。
肝心の秣岳登頂の写真は獲っていませんでしたが。
無事秣岳登山口に降り栗駒山荘の露天風呂で今日の工程をふりかえりました。





Commented by オリオン at 2017-09-12 01:41 x
栗太郎さん、こんばんは!
昨日は風景(遠方)も意外と見えたんですね!しかも紅葉が進んでますね!
これは次の休みは・・・
私の場合、夜のうちに星身(写真)をして、薄明が始まる頃、登り始めて
日の出頃に山頂を目指すパターンなので、須川高原温泉(岩手側)から
スタートは、なかなか無いんです。
ホントは岩手県人たるもの、須川高原温泉側から登る前べし!と言われる
かもしれませんが、須川高原温泉のあたりは夜間でも照明をつけているので
星が良く見えないんです。
それが無きゃ、須川高原温泉側から登るところですが。

それと最近、運動不足のためなのか?年齢の割に膝の側面がいつも痛くなる
現象が発生します。サポーターをしてもダメで、この痛みで登り下りとも
ペースダウンしてしまう事があります。
いわかがみ平から中央コース→山頂→中央コースを戻るか、東栗駒コースを
戻るかの2パターンが大半。
別のコースも挑戦したいですが、膝と相談しながら・・・
それと今は須川湖に行きたいと思っています。須川湖での紅葉もさることながら、
須川湖と星空など良さそうだと思いますが、温泉の光がどの程度影響しているのか
気になるところです。
また栗駒山の情報発信、お願いします!
Commented by 栗太郎 at 2017-09-12 19:23 x
オリオンさん、こんばんは。
先にいただいたコメントに返信しないままですみません。今回の登山は朝は晴天でしたが、展望岩頭では強風にみまわれ、天馬尾根に降りる途中から雨が降り出し。しろがね草原でまた晴れるという目まぐるしくお天気の変わる一日でした。初心者の女性陣には山の怖さを知るいい経験になったと思います。
オリオンさんの星空の写真の素晴らしさと、星に関する知識には敬服させられます。
須川湖と星はいいかもしれませんね。穏やかな夜の湖面と星。想像するだけでワクワクしてきますね。私も夜空を撮ってみたいな~。(といつも思うだけで終わってしまいます根性無しです)
私もいつも下りになると右ひざが痛くなってきます。体重オーバーなのはわかっていますが、なかなか対策がとれません。(やはり根性無しですね(笑))
Commented by チップ at 2017-09-14 11:56 x
栗太郎さんこんにちは!!モンサンミッシェルの草原がずいぶん色付いてますね。あたりまえだけど、私が行った頃とだいぶ違う!!こうしてる今もまた、色付きが進んでるんでしょうね。なかなか長い縦走路ですよね。実は秣岳はもっと楽かと勝手に思ってたので、秣岳すいませんって感じです。ウチのダンナ様は、湯浜コースの木道の感動が大きすぎて、しろがね草原はけっこう普通!としか思ってないみたいです。まぁ、私もそうかもしれませんが…(^_^;)同じような長い距離歩くなら湯浜コースがいいかなぁ?今週末は迷惑な台風のおかげで天気悪そうですね。せっかくの登山シーズンなのにかなり残念です。栗駒山の紅葉シーズンが近づいてくるとそわそわしちゃいます。綺麗なのは知ってるし、混んでるとこには行きたくない!!と思ってても結局行ってしまうんですよ~そして美しい栗駒山にノックアウトです。毎年そんな感じですね(笑)
Commented by 栗太郎 at 2017-09-14 22:29 x
チップさん、こんばんは。
秋は着実に進んでいますね。もうすぐ紅葉の見頃になりそうです。
今週末も栗駒山中央コースを登るつもりです。地元なのでいくらでも朝早く行けるところが利点ですね。
しろがね草原の木道では、ないしょですが、登山者が少ないことをいいことに、木道でみんなで寝そべって休憩していましたよ。陽射しも復活して、草原の中での昼寝は最高でした。湯浜コースの木道は幅も広く斜面を快適に歩けて私も好きな木道ですよ。
また登ってみたくなりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurikoma-photo | 2017-09-11 23:00 | 栗駒山 | Comments(4)