栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

遠野ふるさと村の冬

日曜日に遠野に行ったメインの目的は・・・
遠野ふるさと村の冬景色の写真コンテストが開催されるということで、
ふるさと村の冬景色を楽しみつつ、いい写真が撮れれば私も応募しようといってきました。

e0349817_23004270.jpg
ふるさと村には、大きなかやぶきの曲がり家を何件も移築して展示されています。
華美な装飾などはなく、昔の姿そのままを見学できます。

e0349817_23005293.jpg
雨戸が開け放たれた趣のある縁側には、大きなサイカチの実が干されていたりして。
昔は石鹸の代用品に使われていたんでしょうね。
絵になりますね。
e0349817_23010215.jpg
曲がり家の納屋側の壁には昔ながらの農作業の道具がかけてあります。
木彫りのカッパ大明神もいますね。遠野ならではだ。

e0349817_23011463.jpg
土間では大きな竈(かまど)に火がたかれ、お湯を沸かしています。
家の中に紫の煙が立ち込め、懐かしい昔の家の風景です。
e0349817_23012842.jpg
曲がり家ですから馬も一緒に住んでいます。
こちらは小さい種類の馬の親子ですねえ。
昼食時にお邪魔してごめんね。
e0349817_23014158.jpg
市街よりは雪の多いふるさと村ですが、ここも今年は少ないね。
e0349817_23015773.jpg
こちらの曲がり家には、大きな白馬が居ました。
馬の目が優しいんですよね。
e0349817_23020879.jpg
小正月の飾りのある土間と馬小屋。
やはり竈の煙に生活感があります。
人と馬とがすぐ近い所でくらしていたんですね。
e0349817_23022152.jpg
広い敷地に家々が点在し田んぼでは春になると田植えも行われ、
秋には黄金色の稲穂も見られますよ。
こういうところですから、数々の映画のロケ地にもなったりしました。

e0349817_23035218.jpg
遠野らしくお地蔵さんが村を見守っていました。
また来るからね。




名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurikoma-photo | 2017-01-24 07:55 | 旅の風景 | Comments(0)