栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

栗駒文字の秋の夕暮れ

話しは前後しますが、先週の土曜日は,
お寺のいちょうの木だけでなく
他の里の風景も見てきました。

e0349817_22075198.jpg


栗駒の文字地区二迫川沿いの畑の風景です。
この時期、午後3時ともなれば光が夕焼け色に変わってきます。
普段見慣れた風景も全然違って見えるんだよね。

e0349817_22080444.jpg


ちょっと農道に入れば、大きないちょうの木。
ここはまだ葉っぱが緑だね~。

e0349817_22081694.jpg


文字と言えば高橋の風景。
二迫川に架かる小さな木造の橋の風景は、川とマッチして懐かしいね~。
周囲の木々の葉は、だいぶ落ちてしまいましたが、
いい風情ですよね。
昔は私の近所の橋は全て木造でしたよ。
大水のたびに流されてね。

e0349817_22082490.jpg


木造の橋は近年架け替えられて、主要部分は鉄骨になったようですが、
目に見える部分は木材にしてくれて再建されました。
いきなはからいの栗原市ありがとうね。
秋は夕暮れ、里の風景でした。




Commented by SAKANA at 2016-11-18 04:09 x
初めまして、こんにちは。
私、生まれも育ちも栗原市築館、そして今はアメリカ在住です。

ある日のこと、なにかおもしろい栗原市の情報・宮城の情報はないかとネットサーフィン中、栗太郎さんのブログにたどり着きました。

ここのところ田舎が恋しくなっていました。そして本日1枚目の写真にますます恋しさが募ってしまいました。笑
コレです、これが栗原です。こういうところで私も育ったんです。本当にイイ写真です。

いつもはブログ読み逃げ(写真を見逃げ?)の私ですが、この気持ちをお伝えしなくてはと思った次第です。

これからも楽しみにしています。
Commented by 栗太郎 at 2016-11-18 23:06 x
SAKANAさん、遠方からようこそ。
なかなか気軽に帰ってくることができない故郷栗原ですよね。かつてのSAKANAさんが見慣れていた何でもない風景が、遠く離れてしまうと無性に懐かしく思う気持ち、よく判りますよ。喜んでいただき、なによりです。
読み逃げでも構いませんが、どうぞ遠慮なくまたコメントくださいね。「栗原のこの辺を写真に撮って」と言うご希望がありましたらご連絡ください。できる限りリクエストにお応えしますよ。
大統領がだれになろうと栗原は変わりません(笑)。
Commented by SAKANA at 2016-11-19 00:46 x
ありがとうございます、栗太郎さん!

どこの写真がいいだろう......?
お言葉に甘えて、じっくり考えてリクエストさせていただきますね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurikoma-photo | 2016-11-16 22:38 | 栗駒の里 | Comments(3)