栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

8年前の栗駒山

6月14日。
岩手・宮城内陸地震から8年がたちました。
被災者のみなさんの8年間のご苦労はいまだに続いています。
でも少しづつ復興に向かった8年だったと思います。
この年の秋から私の前のブログ
「東北の真ん中で写真日記」が始まりました。
震災直後から栗駒山に登って復興してゆく姿を追ってきました。
少しは観光復活の役に立てればなと思って始めたんですよ。

e0349817_22354984.jpg


2008年7月1日の栗駒山山頂。
(唯一小安温泉側からの道が健在だったので、遠回りして登りました)
無数のひび割れが走っています。

e0349817_22355695.jpg


山頂の標識からは大きなひび割れが!
登山道にもたくさんのひび割れがあり、
雨が降ったら山頂は崩壊してしまうんじゃないかと心配しましたよ。
しかし・・・

e0349817_22360322.jpg


9月10日に再度登った時は、ひび割れもきれいに無くなり
雲海も眺められるいつもの風景に戻っていましたよ。

e0349817_22362938.jpg


ねっ、ひび割れはすっかりありませんよ。
2ヶ月で完治、自然は強いね。
この写真を探していたら、この日9月10日に撮った綺麗な東北の山が
残っていましたので紹介します。

e0349817_22363871.jpg


山頂から西南西の方角の月山です。

e0349817_22364993.jpg


西側には出羽富士と呼ばれます鳥海山。かっこいいね。

e0349817_22365767.jpg


北東には私の好きな早池峰山が雲海の先に顔を出していました。
中東北の山々が、
「おぉ~い栗駒山、大丈夫かい」
と叫んでくれているようで感動したのを覚えています。

昔の写真を引っ張り出すと、なかなかいい写真がある一方で
ぜんぜん進歩していない自分の腕にがっかりします(笑)


Commented by nao at 2016-06-16 09:43 x
栗太郎さん、こんにちは♪
あの年の9月10日の山脈、本当に美しいですね。
やっぱり9月の栗駒は狙いめですね。
天気もいいし、紅葉前の静かな栗駒を歩けそう!!
私は内陸地震の次の日に、栗駒登山に行く予定にしてました。
今もその時の驚きとショックは覚えてます。
でももうその年の7月に登った栗太郎さんってすごい!!
怖いですよ~~(^_^;)でもあのひび割れの写真は貴重ですね。
私もそのうち駒の湯に行きますね。少しでも多くの人が行ってくれるといいですね。

最後の早池峰の写真の、下の雲の真ん中に顔を出してるのは岩手山ですかね??
二つも名峰が!!すごいいい写真!!


Commented by 栗太郎 at 2016-06-16 21:59 x
naoさん、こんにちは。
えぇ~! naoさんは次の日栗駒山に登る予定だったんですか。
危うく震災の真っ只中に突入する所でしたね。
本当にね、紙一重で被害者になってしまった人、免れた人それぞれです。
改めて亡くなられた方に合掌です。
でも、naoさん本当にお若い時から山好きだったんですね。うれしいなぁ~。

あの2週間後に栗駒山に登りました。完全に通行止めになった宮城側、岩手側、どんなに悲惨な状況になったかと思って山に登りました。
山頂からは痛々しい風景が目に入りましたよ。初めての経験でしたから、この先どうなるのだろうと思っていました。
9月10日にどうなっただろうと、また登ったら山頂は元どおりに戻ってました。
月山、鳥海山、早池峰山に励まされてうれしかったですよ。
私も、このまんまじゃいけないと思って、この後すぐ私はブログを始めたんです。
何かやらないと山に申し訳なくてね。

早池峰山の手前の山は一関市の祭畤山(まつるべやま 989m)です。きれいな山ですよ。以前はスキー場なども有りましたが今はやってるかな?

岩手山は直線で100km近いので(仙台より遠い)、かなり澄んだ日でないと見えないんです。
どうぞ梅雨が開けたら山に登りに来てください。
お天気のいい日を選んで、遠くの山々を眺めてくださいね。

Commented by nao at 2016-06-17 10:53 x
こんにちは!また登場です。

あの手前のお山はまつるべ山って言うんですかぁ~
漢字が出てこないのでひらがなで・・・山の名前って難しいですよね(^_^;)
岩手山はもっと遠いんですね。栗駒山から見てみたいものです。

栗駒山だけはけっこう昔から行ってるんです。花山の道路が新しくできる前からとか、
昭和湖の手前の木道ができる前からとか(^^)
あっ、あんまり言うと歳がバレちゃうかな!!

そして実は私…ちょっと前からブログを始めたんです(^_^;)
自分の日記代わりなので、なんのためにもならないくだらないブログで
お恥ずかしいんですが・・・
もしヒマがあったらご覧ください(^_^;)
ちゃんと続くかどうかはビミョーですが・・・
Commented by 栗太郎 at 2016-06-17 22:07 x
naoさん、こんばんは。
どうぞ当ブログに何度でもおいで下さいませ。

祭畤山は岩手・宮城内陸地震の震源地のすぐそばにあります。
一関市街から須川温泉に向かう途中にあります。
震災遺構として落橋してぐにゃりと曲がった鉄骨が印象的な祭畤大橋がありますね。
naoさんは栗駒山をよくご存知ですね~。
岩手側、秋田側から登るコースも変化に富んで面白いですよね。
本当に魅力的な山ですよ栗駒山。

naoさんのブログぜひ見てみたいです。
公開しませんのでブログの名前を当ブログのコメントで教えていただければと思います。
ゆくゆくはリンクさせていただければ嬉しいですね。

私のブログの場合は最初の1年はアクセスしてくれる人が絶望的に少なく、本当にこのままやっていても意味があるんだろうかと思いました。
でも、情報が蓄積されるとそこから訪ねて来てくれる人が増え、だんだんとアクセス数も増えてきました。アクセス数の多さだけがブログじゃありませんが、モチベーションが違ってくると思います。
ぜひ気長に続けてみてくださいね。
Commented at 2017-02-28 00:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kurikoma-photo at 2017-03-01 21:55
駒の湯温泉さん、こんばんは。
スライド写真をデータ化してくれるところを身近なところにないか調査中です、しばらくお待ちを。
シーズンオフですが駒の湯温泉さんのいそがしさ、よくわかります。お手伝いに行きたいのですが私の身では足手まといになるばかりかと躊躇していました。
写真の件は私でもできるので、写真倶楽部の仲間にも聞いて、解決するよう動いてみます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurikoma-photo | 2016-06-14 23:09 | 栗駒山 | Comments(6)