栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

駒の湯温泉は営業中

6月に入ったらもうすぐ梅雨が来ると覚悟はしていますが
今週辺りからはっきりしないお天気の栗駒の里です。
先日、世界谷地におじゃました帰りに
駒の湯温泉さんに寄ってみました。

e0349817_21535961.jpg


2008年の岩手・宮城内陸地震で土石流に飲み込まれた駒の湯温泉さん
歴史ある温泉も旅館も岩と土の下に埋もれてしまいました。
あれから7年後の昨年、小さくはありますが湯船を造り、

e0349817_21540931.jpg


温泉を再開しました。
かつての常連客のみなさんが訪れて和やかな雰囲気ではありますが
やはりお客さんの絶対数が少ないです。
ただ写真の手前に見られるように休憩室を建設中、
間もなく完成します。
完成すればゆっくり休めますので、どうぞいらしてくださいね。

e0349817_21542401.jpg


この日は特別に駒の湯温泉さんの源泉に案内してもらいました。
山腹の岩の間から湧き出しているんですね。
硫黄成分が豊富で、これが体に良さそうです。
これからの暑い時期、栗駒山に登った帰りに汗を流し、
疲れを取るにはいいですね~。

e0349817_21543707.jpg


内陸地震の発生した6月14日も間もなくやってきます。
慰霊碑近くは、いつも何かしらの花が咲く美しい場所です。
この地で亡くなられた7名の方のご冥福を祈って咲いているようです。
7名のみなさんは全て発見されています。
この慰霊碑から新しい駒の湯温泉さんの行く末を
見守っていただいているような気がします。
どうぞ、新生駒の湯温泉さんのお湯に入りに来てください。






Commented by みちりき at 2016-06-10 08:36 x
最近色んな方が訪問してブログでアップしてくださっていてうれしく思っています。
かつての湯口を彷彿させる様な源泉の注ぎ口からドバドバと豊富にお湯がそそがれているようですね。
休憩室も建築中なんですね。とても楽しみです。
私もぜひ伺いたいと思っています。
Commented by 栗太郎 at 2016-06-11 21:04 x
みちりきさん、こんにちは。

源泉からの流れにはたくさんの湯の花が見られました。
駒の湯温泉さん、少しづつですが前に進んでいますよ。
ぜひ温泉に入りにいらしてください、なによりの応援になることと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurikoma-photo | 2016-06-07 22:29 | 栗駒山 | Comments(2)