栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

栗駒山登山2016 1登目 その2

昨日登ってきました栗駒山の続編です。

e0349817_10045125.jpg


青空の下、気持ち良い風の吹く東栗駒山の稜線をのんびりと歩きます。
ふと足元に黄色い物が・・・

e0349817_10062407.jpg


これはミヤマキンバイの花ですよね。
雪が融けてさっそく花を開いてくれたんですね。
こんなに早く見られるなんてうれしいなあ。
このコースを来た甲斐がありました。
群生しているときにまた来てみましょう。

e0349817_10063515.jpg


さあいよいよ頂上までの雪渓を登ります。
が今回は密兵器があります。
(別に秘密にすることではありませんが)

e0349817_10065041.jpg


ジャ~ン、軽アイゼンです。
ステンレス製の爪、登山靴に靴下のように履くタイプです。
つま先を入れ、かかとに引っ張るだけ。装着が簡単でいいですね。

e0349817_10065928.jpg


なだらかな部分で足慣らし。
靴だけの時とは滑りにくく、歩きやすいですね。

e0349817_10072264.jpg


いよいよ頂上直下の急登。
つま先でけり込み、足の裏全体で雪をつかむ感じがして安心できますね。

e0349817_10073338.jpg


それでも転んだりしたら一気に谷まで落ちてしまうから要注意。
やはり急登はキツイ。
10mぐらいずつ休み休み進みます。

e0349817_10091416.jpg


休んでいる間に眺める焼石連峰。
昨日は感動するほどきれいに見えました。
雪が多い焼石の姿が新鮮でした。

e0349817_10092269.jpg


ふう~!
やっとの思いで頂上到着。
頂上付近は南風が本当に強かった。
南風なので寒くは無かったけど体が飛ばされそうだった。

e0349817_10100045.jpg


それでも次々と登山者が登ってきます。
この人はスキーを抱えていますね。

e0349817_10534718.jpg


山頂の東側は一面の雪渓。
中央コースの稜線も途中から雪渓は無く、歩きやすそうです。

つづく・・・





名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurikoma-photo | 2016-05-04 18:49 | 栗駒山 | Comments(0)