栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

母校初めてのオリンピック選手の壮行会

今日からゴールデン・ウィークに突入、連休前の仕事やらなんやらで忙しく
ブログも更新できずじまいでした。
一番お伝えしたかったのが27日(水)に行われた、母校岩ヶ崎高校同窓生で
初のオリンピック選手になります、射撃ラピッドファイアピストルの日本代表
秋山輝吉君のリオデジャネイロオリンピック出場、壮行会が母校で行われました。

e0349817_19541286.jpg


午後1時10分在校生と先生方、前校長先生、PTAの役員さん、
そして同窓会の役員の面々が集合して懐かしい体育館で開始。
新任の吉田玲子校長先生による秋山選手の紹介です。

e0349817_19542584.jpg

ずっと立ったまま聞き入る在校生。
特別にスポーツは盛んではなかった母校でしたからね、
さらに今は進学優先の学校になったので。
そんな中のオリンピック出場の先輩を後輩たちはどう思ってくれたかな。
e0349817_19543470.jpg

あいさつを述べる葛岡同窓会長のうれしそうな笑顔。
同窓生みんなの想いが現れていますね。
e0349817_19545501.jpg

同窓会佐々木東京支部長からの記念品贈呈。
最近まで幼稚園に勤務されていた佐々木支部長の
いつもながらの優しい語り口の挨拶に感激します。
e0349817_19550349.jpg

在校生の生徒会長からの贈る言葉。
「リオデジャネイロオリンピックを目指して」と有りましたが
すでに出場が決まっているのだから「金メダルを目指して」の方がいいかな。
(うるさい先輩になっちゃうかな)
緊張していたあからね、想いは良く伝わりましたよ。
e0349817_19552293.jpg

秋山輝吉選手、44歳。宮城県警機動隊所属。
ですが、ほとんどラピッドファイアピストルの選手としての活動のようです。
壮行会の前日にワールドカップ遠征のブラジルから帰国したとの事。
12時間の時差ぼけなんで変なこと話すかも・・・。と気さくな秋山君
e0349817_19551429.jpg
東日本大震災の2011年は競技から離れ宮城県警の一警察官として
被災地での活動に尽力。
当時から日本のトップ選手でしたが、それを言い訳にすることも無く
ロンドンオリンピックは惜しくも出場を逃す。
本人はそんなこと言いませんでしたが、状況的に推察します。
ラピッドファイアピストルのルールは長くなるので説明しませんが、
25m離れた標的に片手でピストルを持って時間内にいかに正確に
的を射ったかの点数で順位が決まるんですね。
600点満点で世界記録は591点。
秋山選手は日本記録の588点の保持者です。
世界記録と3点しか違わないんですよ。
e0349817_19553209.jpg
在校生に見送られる秋山君。
応援団もチアリーダーも無いけど出席者全員の心のこもった
素晴らしい壮行会でした。
e0349817_19553957.jpg
応接室で吉田校長先生はじめ同窓会役員との記念撮影。
ピストルは腕立て伏せをやっても上達しないんですよ。
動的筋力じゃなくインナーマッスルを鍛えることが必要ですと言ってました。
アーチェリーとかカーリングなどもそうなんでしょうね。

秋山選手8月12日の本番には寝ないでも応援します。
自分の納得できるプレーで終えられることを祈っています。











名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurikoma-photo | 2016-04-29 21:25 | イベント | Comments(0)