栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

土曜日はこのイベントへどうぞ

盛夏から一気に梅雨寒の季節に戻ったような、ひんやりする毎日。
お天気も雨が降ったり止んだりと、どんより暗くて写真を撮りに山に登る気もしませんが。
今週末29日(土)はこれです。
二度目の告知になります。栗原市民祭りと
グリーン社会ICTライフインフラ研究プロジェクト報告会に行ってみましょう。
e0349817_23011072.jpg
地球温暖化による気候変動が問題になっている中、今後の栗原市の姿を考えてみましょう。
子どもから大人まで楽しく学べる催し物です。
ぜひご家族連れでJR栗駒高原駅隣りの「エポカ21」へ行ってみましょう。

そして栗原市民まつりは、前回告知はステージ部門の紹介でしたが
展示、体験、美味しい物もたくさんありますよ。

e0349817_23010266.jpg
私的には、やはり「うまいもん食堂」が気になりますね~。
湯沢市、東成瀬村、一関市、登米市の美味しい料理が楽しめるらしい。
GINZA kanseis 坂田シェフの今年の料理は
「トマトカレーと志波姫ポークカツの饗宴」
が先着1000食に!
毎年長蛇の列になっています。

栗原市民まつりは10時から
JR栗駒高原駅前のイオンスーパーセンター駐車場が会場です。
私も開会前からあちこちうろうろとおじゃまします。


Commented by 栗原市企画課 at 2015-08-28 13:01 x
取り上げていただき感謝申し上げます。

 最近、「気候変動」や「気候温暖化」という言葉をよく聞くようになりました。世界中の気候が急速に温暖化しているということです。今夏は栗原市(築館)でも真夏日30日、猛暑日5日を記録し、熱中症患者が増え、農作物にも影響が出ています。気候温暖化が今年の日本の夏の異常な暑さの直接の原因かどうかは、これから解明しなければならないことですが、いずれにしても「地球になにか大きな変化が起こっている」ことは確かなようです。
 気候温暖化の影響を考えるとき、これまでは「地球全体」とか「日本全体」という大きな範囲での調査や研究が主なものでした。グリーン社会ICTライフインフラプロジェクトは、市民一人ひとりの生活に即した研究です。日本で初めて、気候変動を地球的規模のデータに基づいて自治体の生活レベルへのさまざまな影響を調べ、研究をしてきました。特に栗原市を対象にして、気候変動が健康・医療、エネルギー、災害、農業、それらの分野についての自治体の情報や政策など住民生活レベルにどのような影響を与えるかを考えてきました。

 とてもためになる内容です。小中高生に刺激を与える企画も盛り込んでいますので、ぜひご来場ください。栗原市以外の方も大歓迎です。
Commented by 栗太郎 at 2015-08-30 22:12 x
栗原市企画課さん、慶応大学さんとの共同研究の発表、勉強になりました。
地球温暖化と気候変動、異常気象と言う世界的な問題を、自治体単位で見た場合、どういう対応をしていかないといけないかが良くわかりました。

それにしても栗原市は幸いですね、慶応大学の教授・准教授のみなさんにこういう貴重な研究をしていただき、その結果をもとに指針を示していただいて。
今度は市民の側がそれを有効に活用していかないといけませんね。

すみませんブログ記事への投稿はもう少しお待ちください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurikoma-photo | 2015-08-27 22:31 | イベント | Comments(2)