栗駒山の里だより kurikomaya.exblog.jp

今在る故郷の風景を残しておきたくて


by 栗太郎
プロフィールを見る

鶯沢 夏の風景

今日からいつもの暮らしに戻りました。
仕事があるからこそ休日をいかに有効に過ごそうかと知恵を働かせます
(仕事以上にね!)

お盆に田舎に帰ってきたみなさん、
田舎の風景はしっかり見ましたか。
変わったところ昔と全然変わらないところいろいろありますね。

e0349817_21595986.jpg
くりでんの旧鶯沢駅跡から栗駒上野の愛宕山方向をながめて。

e0349817_22001993.jpg
鶯沢駅跡です。
プラットホームも無くなり線路と同じ高さになりました。
でも線路はずっと細倉まで続いていそうな雰囲気。

e0349817_22002732.jpg
その先の二迫川にかかる鉄橋はまだまだ立派なものです。
いまだに電車が走ってきてもおかしくない風景です。

e0349817_22004146.jpg
二迫川沿いにをちょっと上ると
大土ヶ森の上に不穏な雲が・・・
こんな夏の光景ももうすぐ終わります。
e0349817_22021603.jpg
アオサギ君の食事をじゃましちゃいけないね。
お盆過ぎの田舎の風景はなぜか寂しいんですよ、
(寂しいは悪いことじゃないんだけどね)
このまま秋を待つ田舎です。






Commented by sogatch at 2015-08-19 18:28 x
栗太郎さん、こんにちは。

栗電もすっかり遺構になってしまいましたね。
きちんと管理されているでしょうから、廃墟でないのが救いでしょうか。

少しだけ、こういう遺構を見るのが好きだったりします。
廃墟もですけど(汗)
昔はここで人の動きがあったんだな~、と感慨深くなったりして・・・・
Commented by 栗太郎 at 2015-08-20 22:33 x
sogatchさん、こんばんは。

くりでんも廃線になってから8年になります。
いまだに線路が残っていて賑わっていた昔をしのばせてくれます。
私が遺構で思い出すのが、釜石から遠野に抜ける旧仙人峠や笛吹峠の道路沿いに見える風景です。
ちょっと怖くもあり深く入り込む勇気はありませんが(笑)どんな人たちが、どんな思いで暮らしていたのか気になりますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurikoma-photo | 2015-08-17 22:30 | 栗駒の里 | Comments(2)